アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
[歌声にのった少年」(2015/パレスチナ)
[歌声にのった少年」(2015/パレスチナ) allcinemaより  “アメリカン・アイドル”の中東版となる人気オーディション番組“アラブ・アイドル”で2013年に優勝したガザ地区出身のポップスター、ムハンマド・アッサーフの奇跡の実話を、「パラダイス・ナウ」「オマールの壁」のイスラエル人監督ハニ・アブ・アサドが映画化した感動の音楽ドラマ。  紛争の絶えないパレスチナ・ガザ地区。2005年。歌うことが大好きなムハンマド少年の夢は“スター歌手になって世界を変える”こと。仲良しの姉ヌールと2人の友だちとガラクタで作った楽器を手にバン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/15 14:00
「すれ違いのダイアリーズ」(2014.タイ)
「すれ違いのダイアリーズ」(2014.タイ) allcinemaより 日記を介して前任の女性教師と心を通わせ教師としても成長していく青年の切なくも心温まる物語を綴ったタイのハートフル・ドラマ。主演はタイの人気歌手、スクリット・ウィセートケーオ。共演に「地球で最後のふたり」「ミウの歌」のチャーマーン・ブンヤサック。監督はニティワット・タラトーン。  レスリング一筋だったお気楽青年のソーン。恋人に尻を叩かれ、ようやく見つけた仕事は、電気も水道もなく、携帯電話もつながらない山奥の湖に浮かぶ小さな水上学校の教師だった。しかし教師の経験の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/05 10:40
「あしたは最高のはじまり」(2016・仏)
「あしたは最高のはじまり」(2016・仏) allcinemaより 「最強のふたり」のオマール・シー主演のハートフル・コメディ。気ままなプレイボーイ生活を謳歌していた主人公が、突然ロンドンから来た女に自分の娘だという赤ん坊を押しつけられ、戸惑いつつもゲイの友人の力を借りて子育てに奮闘し、やがて娘と強い絆で結ばれていくさまを描く。メキシコの人気コメディ俳優エウヘニオ・デルベスが2013年に主演し、全米でもサプライズ・ヒットしたメキシコ映画「Instructions Not Included」をリメイク。監督は本作が長編2作目の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/09/27 11:43
「トウーウイークスノーティス」(2002・米)
「トウーウイークスノーティス」(2002・米)   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/27 11:43
「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」(2016.米.英.仏)
「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」(2016.米.英.仏) allcinemaより レニー・ゼルウィガーが恋愛で失敗ばかりの等身大のヒロインを演じる大ヒット・コメディの12年ぶりとなるシリーズ第3弾。思いがけずモテ期が到来したヒロインにオメデタが発覚するも、今度は子どもの父親が誰かを巡って新恋人と元カレの間で大騒動に発展していくさまをコミカルに描く。共演はコリン・ファース、パトリック・デンプシー。監督は1作目以来のシリーズ復帰となるシャロン・マグアイア。  すっかりアラフォーとなってしまったブリジットは、テレビ局の敏腕プロデューサーとして順調... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/09/23 10:35
「トランボ ハリウッドから最も嫌われた男」(2015・米)
「トランボ ハリウッドから最も嫌われた男」(2015・米)  1940年代から50年代にかけてアメリカで猛威をふるった赤狩りによってハリウッドを追われながらも、偽名で活動を続け、「ローマの休日」など数々の名作を世に残した不屈の脚本家ダルトン・トランボの苦難と復活の軌跡を映画化した感動の伝記ドラマ。いわれなき汚名による迫害に屈することなく己の信念を貫いた男の物書きとしての矜持を、愛する家族との強い絆の物語と共に描き出す。主演はTV「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストン。監督は「ミート・ザ・ペアレンツ」のジェイ・ローチ。  第二次世界大戦が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/19 15:42
「結婚」(2017/日)
「結婚」(2017/日) allcinemaより 井上荒野の同名小説をTV「あさが来た」の西谷真一監督とディーン・フジオカの主演で映画化したドラマ。妻がありながら結婚詐欺を繰り返す男を主人公に、結婚を巡って浮き彫りになる男と女の孤独と欲望を描き出す。共演は柊子、古舘寛治、萬田久子、貫地谷しほり。家具店で働く工藤麻美は、まだ出会ってひと月もたたない古海健児からのプロポーズに舞い上がる。そして、2人で暮らすマンションの敷金として頼まれた100万円を渡した途端、古海は姿を消してしまう。彼の正体は、るり子という相棒とともに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/03 17:48
「カフェソサエティ」(2016・米)
「カフェソサエティ」(2016・米) allcinemaより 「ミッドナイト・イン・パリ」「ブルージャスミン」のウディ・アレン監督が1930年代のハリウッドとニューヨークを舞台に、2人のヴェロニカに翻弄される青年のほろ苦い恋と成長を描くロマンティック・コメディ。主演はジェシー・アイゼンバーグ、共演にクリステン・スチュワート、ブレイク・ライヴリー、スティーヴ・カレル。  1930年代、黄金期のハリウッド。業界の大物エージェントとして活躍するフィル・スターン。ある日、ニューヨークの姉から電話があり、息子のボビーがハリウッドで働き... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/04 12:33
「ブルーに生まれついて」(2015/英・加・米)
「ブルーに生まれついて」(2015/英・加・米) allcinemaより  「ビフォア・ミッドナイト」「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークが伝説のトランペット奏者チェット・ベイカーを演じて高い評価を受けた感動の音楽伝記ドラマ。50年代のジャズ・シーンで一世を風靡するも、麻薬でどん底へと転落したチェットが、愛する女性に支えられて再起を目指す苦闘の日々を見つめる。共演はカーメン・イジョゴ。監督は、これが長編2作目となるカナダの新鋭、ロバート・バドロー。  白人ジャズ・トランペット奏者のチェット・ベイカーは、その端正なルックス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/13 16:02
「美女と野獣」(2017・米)
「美女と野獣」(2017・米) allcinemaより ディズニー・アニメ不朽の名作「美女と野獣」を「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化したファンタジー・ラブ・ロマンス。魔女の呪いで醜い野獣に変えられた王子と、聡明で心優しきヒロインの真実の愛を、アニメ版の名曲の数々に加え、新たに書き下ろされた新曲とともに絢爛豪華なヴィジュアルで描き出す。共演はダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン。監督は「ドリームガールズ」「Mr.ホームズ 名探偵最... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/24 19:22
「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」(2015・米)
「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」(2015・米) allcinemaより 静かな余生を送る晩年のシャーロック・ホームズを主人公にしたミッチ・カリンの同名小説を「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのイアン・マッケラン主演で映画化したミステリー・ドラマ。死を意識し始めたホームズが、自らを引退に追いやった未解決事件に再び立ち向かう姿を描く。共演はローラ・リニー、マイロ・パーカー、真田広之。監督は「愛についてのキンゼイ・レポート」「ドリームガールズ」のビル・コンドン。  海辺の家でミツバチの世話をしながら穏やかな隠居生活を送る93歳のシャーロッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/17 18:42
「サマーズ・テイル 〜夏のしっぽ〜」<未>(2007/台湾)
「サマーズ・テイル 〜夏のしっぽ〜」<未>(2007/台湾)  GAGAより引用  阿月は生まれつき心臓の病を抱え、学校には通わず自宅で勉強中。愛猫の「夏」と共に穏やかな毎日を過ごしていた。そんな阿月は幼馴染の陳にほのかな恋心を抱いているが、陳は高校の若い女性教師に思いを募らせており、阿月の気持ちは一方通行のまま。そして、阿月の親友ウェンリーは学年トップクラスの優等生だが、なぜかサッカーにだけ夢中で落ちこぼれの日本人の転校生に心惹かれ、片思い中。そんな全くタイプの違う4人であったが、放課後河川敷の空き地に集まっては他愛もない話で盛り上がり、しだいに友... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 18:41
「ズートピア」(2016/米)アニメ
「ズートピア」(2016/米)アニメ allcinemaより  「アナと雪の女王」「ベイマックス」のディズニーが贈る感動のアドベンチャー・ファンタジー・アニメ。動物たちが人間のように暮らす楽園“ズートピア”を舞台に、史上初のウサギの警察官となった主人公が、周囲の偏見を乗り越え、ズートピアを揺るがす難事件の解決に奔走する姿を描く。監督は「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーア。  動物たちの楽園ズートピアで、史上初のウサギの警察官となったジュディ。立派な警察官を目指して意欲満々の彼女... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/04/02 12:58
「センチメンタル・アドベンチャー」(1982・米)
「センチメンタル・アドベンチャー」(1982・米) allsinemaより 歌と酒をこよなく愛するカントリー・シンガーのレッドはナッシュビルで開かれるC&Wの祭典“グランド・オールド・オープリー”のオーディションに誘われる。トラックに古ギターを積み、同行する事になった甥のホイットと共にレッドはナッシュビルを目指す……。大恐慌時代を背景に、最後に一花咲かせようと旅に出るもう若くはないひとりの男の姿を描いたイーストウッド流ロード・ムービー。レッドを尊敬する甥(演じるは実の息子のカイル)の目を通して、この時代に生きた人々を哀感をこめて綴る作品... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/19 09:21
「ニューヨーク 眺めの良い部屋売ります」(2014/米)
「ニューヨーク 眺めの良い部屋売ります」(2014/米) allcinemaより モーガン・フリーマンとダイアン・キートンというオスカー俳優2人の初共演で贈るハートフル・ドラマ。原作はジル・シメントの全米ベストセラー『眺めのいい部屋売ります』。ニューヨークを舞台に、階段がきつくなってきたために古いアパートの5階にある我が家を手放す決断をした夫婦が、愛着のある住み慣れた我が家の売却と新居探しを巡って織り成す悲喜こもごもの人間模様を綴る。監督は「ウィンブルドン」「ファイヤーウォール」のリチャード・ロンクレイン。  ブルックリンが一望できる眺めのいい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/13 11:29
「きみに読む物語」(2004/米)
「きみに読む物語」(2004/米) allcinemaより 「メッセージ・イン・ア・ボトル」の著者ニコラス・スパークスの長編デビュー小説を映画化したラブ・ストーリー。運命的な恋に落ちながらその関係を引き裂かれてしまった一組の男女の、時を経た永遠の愛をロマンティックに描く。監督は「ジョンQ-最後の決断-」「シーズ・ソー・ラヴリー」のニック・カサヴェテス。  とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女のもとへデュークと名乗る初老の男が定期的に通い、ある物語を読み聞かせてい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

2017/03/05 16:04
「スポットライト 世紀のスクープ」(2015/米)
「スポットライト 世紀のスクープ」(2015/米)  カトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームを巡る感動の実話を基に、巨大な権力に立ち向かっていった新聞記者たちのジャーナリズム魂と不屈の執念を描いた実録サスペンス。出演はマーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュライバー、ジョン・スラッテリー。監督は「扉をたたく人」「靴職人と魔法のミシン」のトム・マッカーシー。第88回アカデミー賞では、みごと作品賞と脚本賞の2冠に輝いた。  2001年、夏。ボス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/02 18:54
アカデミー賞 いらついたけど(笑)
今日、アカデミーも結果が出ましたね。 出かけてたので、録画しておいて、さいごの作品賞のところだけ見たら なんてこと(笑) 「ララランド」のプロデューサーが受賞の喜びを 話していたところ、間違いです!と びっくりぽんや(笑) ララランドの方々が舞台で喜び合ってたのに、、、、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/27 16:26
「ラ・ラ・ランド」(2016・米)
「ラ・ラ・ランド」(2016・米) allcinemaより ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2017/02/25 22:56
「リトルボーイ 小さなボクと戦争」(2016・米)
「リトルボーイ 小さなボクと戦争」(2016・米) allcinemaより ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/13 23:23
「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」(2016・英)
「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」(2016・英) allcinemaより  “音痴の歌姫”として知られるフローレンス・フォスター・ジェンキンスの驚きと感動の人生をメリル・ストリープ主演で映画化した音楽伝記ドラマ。筋金入りの音痴でありながら、ヒロインの音楽に対する純粋な気持ちがいつしか人々の心を捉えていくさまと、そんな彼女の夢のために奔走する夫の深い愛をユーモラスなタッチで綴る。共演はヒュー・グラント、レベッカ・ファーガソン。監督は「クィーン」「あなたを抱きしめる日まで」のスティーヴン・フリアーズ。  1944年、ニューヨーク。社... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2016/12/03 16:22
「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(2016/英・米)
「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(2016/英・米) allcinemaより ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/03 16:21
「ブリッジ・オブ・スパイ」(2015・米)
「ブリッジ・オブ・スパイ」(2015・米) allcinemaより  一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。ごく普通の一民間人でありながら、スパイ交換の交渉役という一歩間違えれば自らの命はおろか、かろうじて保っていた世界平和さえ崩壊させかねない極秘任務を託された主人公が、弁護士としての矜持と信念を支えに、絶体絶命の難局に立ち向かっていく姿をスリリングに描く。共演は本作の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/11/09 18:14
「リトルプリンス 星の王子さまと私」(2015・仏)
「リトルプリンス 星の王子さまと私」(2015・仏) allcinemaより  サン=テグジュペリの不朽の名作『星の王子さま』を「カンフー・パンダ」のマーク・オズボーン監督が映画化した3Dアニメ。星の王子さまの世界と、その後の物語である少女と老飛行士の世界をそれぞれストップモーション・アニメとCGアニメという2つの技法で描き出す。  娘の将来を思う母親の押しつけの愛情によって勉強漬けにされていた孤独な9歳の女の子。名門校の学区内に引っ越した彼女は、ひょんなことから隣に住む風変わりなおじいさんと親しくなる。かつて飛行士だったおじい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/06 11:31
「三人姉妹」(2016/印度尼西亜)
「三人姉妹」(2016/印度尼西亜) 第29回東京国際映画祭へ!その中でインドネシア映画を見てまいりました。初鑑賞ですので、時間と内容を考えて、気楽にみられるだろうと思う作品を選びました。 ミュージカルでちょっとマンマミーアを感じさせる雰囲気で、ホテルを舞台におばあちゃんと3人の孫たちの恋と家族のお話です。 ジャカルタの街の喧噪から始まりました。美しい海と自然、それに衣装も含めて色がきれい♪ インドネシアは数年前に友人とバリへ行こうと計画しましたが、ある事情でやめました。未踏の地です。映画もアジアの作品は、台湾2本、香... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/30 11:36
「ハドソン川の奇跡」(2016・米)
「ハドソン川の奇跡」(2016・米) allcinemaより  2009年にニューヨークで旅客機がハドソン川に不時着し、世界中で大きなニュースとなった奇跡の生還劇に秘められた知られざる実話を、「ミリオンダラー・ベイビー」「アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎えて映画化した感動ドラマ。離陸直後に両翼のエンジンが止まってしまう非常事態の中、サリー機長が瞬時の冷静な判断と卓越した操縦テクニックで、乗客乗員155人全員の命を救うまでの緊迫の一部始終と、その後の“英雄”サリーを待ち受け... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/10/13 16:57
「6さいの僕が、大人になるまで」(2014・米)
「6さいの僕が、大人になるまで」(2014・米) allcinemaより引用  「スクール・オブ・ロック」「ビフォア・ミッドナイト」のリチャード・リンクレイター監督が、オーディションで選ばれた6歳の少年エラー・コルトレーンを主演に据え、彼の12年間の成長と家族の変遷の物語を、劇映画でありながら実際に12年間をかけて撮影するという画期的かつ大胆な手法で描き出し、登場人物に刻まれるリアルかつ自然な時の流れまでをも鮮やかにフィルムに焼き付けた感動の家族ドラマ。共演は両親役にパトリシア・アークエットとイーサン・ホーク、姉役で監督の実の娘ローレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/10/13 16:57
「素敵なウソの恋まじない」(2015・英)
「素敵なウソの恋まじない」(2015・英) WOWOWより引用 D・ホフマンとJ・デンチが豪華共演したかわいいラブストーリー。シャイで優しい老人ホッピーさんが、想いを寄せる女性シルバーさんを喜ばせようと、ある計画を実行する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/09/20 18:22
「八月の物語」【2005/香港】
「八月の物語」【2005/香港】 女子高生のヒロインが夏休みにおこづかい稼ぎのために、仕立屋の親戚の叔父さんのところで働いている.。 従兄弟のディーン演じる平安も大陸からきて働いていた。 ディーンは少年@青年ですね、細い体で、端正な顔立ちで、初々しい。 仕立て屋の店で働く汗と熱が伝わってきます。 淡い恋を描いた、香港の雰囲気溢れるちょっとノスタルジーな暑い夏だけどさわやかな作品に仕上がってます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/13 10:19
「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」(2013)
「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」(2013) 公開当時は恐ろしくて観る気も起きませんでした。 事件がおきたばかりだったからかもしれません。 どんな人が作ったにせよその監督の考えがきっと あるのだろうと、思っていたくらいです。 なんとディーンさんだったは、びっくりぽんでした(笑) そして数週間前にCSで放送されましたので鑑賞いたしました。 決して楽しくはない作品ですが、ドキュメンタリー風で犯人にたいして賛美しているとか、そんなことはありません。 ディーンさんの演技は細かいところにもこだわっていて、俳優なんだな、、、、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/24 12:13
「神様メール」(2015/仏・白耳義・盧森堡)
「神様メール」(2015/仏・白耳義・盧森堡) allcinemaより  「トト・ザ・ヒーロー」「ミスター・ノーバディ」のベルギーの鬼才ジャコ・ヴァン・ドルマル監督が、神様は退屈しのぎにパソコンで人々の人生を弄ぶ意地悪なおっさんという過激な設定で贈る奇想天外ファンタジー・コメディ。そんな神様の10歳になる娘が反乱を起こし、人々の余命をメールで知らせてしまい、世界中に混乱が広がる中、人間界に舞い降りた娘が悩める人々と繰り広げる奇跡の数々を、シニカルかつ遊び心あふれる筆致で描き出す。出演は神様役に「ココ・アヴァン・シャネル」のブノワ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/01 17:02
「白熱」(1949/米)
「白熱」(1949/米) ウイキペデイアより 1949年製作のアメリカ映画。ラオール・ウォルシュ監督。ワーナー・ブラザーズ作品(モノクロ)。 マザーコンプレックスの残虐なギャングが、狂気と暴力の末に破滅に至る過程を描いた凄絶な犯罪映画であり、ギャング映画およびフィルム・ノワールの古典に数えられている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/21 22:36
「ヘイル、シーザー」(2015/米)
「ヘイル、シーザー」(2015/米) 「ノーカントリー」「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のジョエル&イーサン・コーエン監督が1950年代のハリウッドを舞台に、ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、スカーレット・ヨハンソンをはじめとする豪華オールスター・キャストで贈る痛快ミステリー・コメディ。スタジオ内のトラブル処理を請け負う主人公が、誘拐された大物スターの捜索の過程で、映画俳優をはじめ一癖も二癖もあるスタジオの住人たちと繰り広げるドタバタ劇の行方を、往年のハリウッド黄金期への郷愁や映画愛を織り交ぜ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/05/17 19:52
「グッド・ライ 〜いちばん優しい嘘〜」(2014.米)
「グッド・ライ 〜いちばん優しい嘘〜」(2014.米) allcinemaより 1983年、スーダンで起こった内戦によって、数万人の子どもたちが両親と住む家を奪われた。彼らスーダンの内戦孤児は“ロストボーイズ”と呼ばれ、難民キャンプでの過酷な生活を強いられた。2000年、アメリカとスーダンが協力し、難民キャンプで育った3600人のロストボーイズたちを全米各地に移住させるプロジェクトが実施された。本作はこの実話をベースに、アメリカへと渡ったスーダン難民の若者と、彼らのために粉骨砕身した一人のアメリカ人女性との心の交流を描いたハートフル・ドラマ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/12 17:50
映画に飢えてます
映画に飢えてます ショートムービー「ダンス ダンス ダンス」 あるところで観ました。 Dさん、素敵でした♪ ゆうばりファンタスティク映画祭で上映され,その後スカパーでも放送されたようです。 うちのTV環境はスカパーはダメです。 津波で失った恋人を思う、、、そんな映画です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/02 12:12
「おみおくりの作法」(2013/伊・英)
「おみおくりの作法」(2013/伊・英) allcinemaより ヴェネチア国際映画祭をはじめ各地の映画祭で評判を呼んだイギリス・イタリア合作の感動ドラマ。ひとりきりで亡くなった人の葬儀を執り行う孤独で真面目な地方公務員を主人公に、彼が見ず知らずの故人の人生に誠心誠意向き合い、関係者を訪ねてイギリス各地を旅する中で自らの人生も見つめ直していく姿をユーモアとペーソスを織り交ぜ、切なくも心に沁み入る筆致で優しく綴る。主演は英国の実力派、エディ・マーサン。監督はイタリア出身で、「フル・モンティ」の製作などおもにプロデューサーとして活躍し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/03/14 17:44
 「博士と彼女のセオリー」(2014/英)
 「博士と彼女のセオリー」(2014/英) allcinemaより  “車椅子の天才物理学者”スティーヴン・ホーキング博士と彼を長年支え続けた妻ジェーンの出逢いのエピソードと、試練に満ちた結婚生活に立ち向かう2人の愛の行方を描いた感動の伝記ドラマ。主演は本作の演技でみごとアカデミー主演男優賞に輝いた「レ・ミゼラブル」のエディ・レッドメイン、共演に「今日、キミに会えたら」のフェリシティ・ジョーンズ。監督は「マン・オン・ワイヤー」「シャドー・ダンサー」のジェームズ・マーシュ。  1963年、イギリス。名門ケンブリッジ大学大学院で理論物... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/03/03 11:48
「NINJA THE MONSTER」(2015)
「NINJA THE MONSTER」(2015) 公式サイトより 忍は脅威だと危険視され、幕府が「忍者禁止令」を発布。もはや忍は存在しないと思われていた時代。 長野藩の救済を乞う為に江戸へと向かう幸姫(森川葵)ら一行の中には、忍であることを伏せている伝蔵(ディーン・フジオカ)がいた。道中、山へと入っていく一行を襲う“もののけ”が突如現れる。江戸へたどり着かなければ藩を取り潰されてしまう幸姫。命がけの旅。 いつしか2人の間には特別な思いが芽生え始めていた。 果たして伝蔵は“もののけ”から幸姫を守り、無事に山を抜けることが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/03 11:23
「ジャッジ 裁かれる判事」(2014・米)
「ジャッジ 裁かれる判事」(2014・米) allcinemaより ロバート・ダウニー・Jrとロバート・デュヴァルが父子役で初共演を果たした法廷ドラマ。地元で長年尊敬されてきた判事にして殺人の容疑者となった父と、その弁護を引き受けることになった絶縁状態の息子が、互いに確執と葛藤を抱えながら裁判に臨むさまを描く。監督は「ウエディング・クラッシャーズ」「ブラザーサンタ」のデヴィッド・ドブキン。  母の葬儀のため久々に帰郷したヤリ手弁護士のハンク・パーマー。地元で長年判事を務め、人々の尊敬を集める父ジョセフとは折り合いが悪く、現在はほと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/02/13 21:59
「赤い靴」(1948/英)
「赤い靴」(1948/英)  ロンドンのバレエ団に、ビクトリアという少女が入団した。団長のレルモントフにその才能を見いだされ、彼女は“赤い靴”のバレエ劇に出演することになる。公演は大成功をおさめ、ビクトリアは一躍スターとして認められる。だが、その地位は、“赤い靴”のように、彼女に踊り続けることを要求するものだった……。パウエル&プレスバーガーによる映像美の極致。これほどまでに“赤”の美しい画面は存在しないかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/11 18:12
「パデイントン」(2014/英)
「パデイントン」(2014/英) allcinemaより 言葉を話す紳士的なクマの“パディントン”の活躍を描いたマイケル・ボンドの世界的人気児童小説シリーズを実写映画化したファミリー・コメディ。ペルーから大都会ロンドンへとやって来たパディントンが、不慣れな都会生活に悪戦苦闘しながらも、そこで出会った心優しいブラウン一家とともに繰り広げる大冒険の行方を描く。出演はヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン。また、パディントンの声でベン・ウィショー。監督は英国のT... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/01/20 18:49
「グランド・ブタペスト・ホテル」(2013/米・英)
「グランド・ブタペスト・ホテル」(2013/米・英) allcinemaより  「ライフ・アクアティック」「ムーンライズ・キングダム」のウェス・アンダーソン監督が、レイフ・ファインズ、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジュード・ロウはじめ豪華キャストを迎えて贈る群像ミステリー・コメディ。ヨーロッパの一流ホテルを舞台に、とある常連客をめぐる殺人事件とその遺産争いに巻き込まれた“伝説のコンシェルジュ”グスタヴ・Hとその忠実なるベルボーイ、ゼロ・ムスタファが、自らの誇りとホテルの威信を懸けて事件を解明すべく繰り広げる大冒険の行方をユーモラス... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/10 17:58
「黄金のアデーレ 名画の帰還」(2015/米・英)
「黄金のアデーレ 名画の帰還」(2015/米・英) allcinemaより クリムトの名画“黄金のアデーレ”が辿った数奇な運命に秘められた驚きの実話を映画化した感動のドラマ。ナチスに略奪された“黄金のアデーレ”の正当な持ち主として名乗り出た82歳の女性マリア・アルトマンが、駆け出し弁護士ランドル・シェーンベルクとともにオーストリア政府を相手に一歩も引かない返還闘争を繰り広げるさまと、激動の時代を生きたマリアとその家族の物語を描く。主演は「クィーン」のヘレン・ミレンと「[リミット]」のライアン・レイノルズ。共演にダニエル・ブリュール、タチアナ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/02 17:20
「Re:LIFE〜リライフ〜」(2014/米)
「Re:LIFE〜リライフ〜」(2014/米) allcinemaより 「フォー・ウェディング」「ノッティングヒルの恋人」のヒュー・グラントが人生に行き詰まったハリウッドのダメ脚本家を演じるコメディ・ドラマ。脚本の仕事にあぶれ、嫌々ながらも田舎の大学で講師をすることになった主人公が、学生たちとの交流を通して自らの人生を見つめ直していく姿をユーモラスに綴る。共演はマリサ・トメイ、J・K・シモンズ、アリソン・ジャネイ、ベラ・ヒースコート。監督はヒュー・グラントと4度目のコラボとなる「ラブソングができるまで」「噂のモーガン夫妻」のマーク・ロー... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/02 17:20
「100歳の華麗なる冒険」(2013・瑞典)
「100歳の華麗なる冒険」(2013・瑞典) allcinemaより  ヨナス・ヨナソンの世界的ベストセラー『窓から逃げた100歳老人』(西村書店刊)を映画化し、本国スウェーデンで大ヒットしたアドベンチャー・コメディ。老人ホームから逃げ出した100歳の老人が繰り広げる大冒険珍道中の行方を、激動の20世紀を生き抜いた彼の波瀾万丈の人生と共にユーモラスに綴る。主演はスウェーデンを代表するコメディ俳優、ロバート・グスタフソン。監督は俳優としても活躍するフェリックス・ハーングレン。  老人ホームで100歳の誕生日を迎えたアランだったが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/30 14:26
「ベイマックス」(2014・米)
「ベイマックス」(2014・米) allcinemaより 近未来の日本を舞台にスーパーヒーロー・チームの活躍を描くマーベル・コミックス『Big Hero 6』をディズニーがアニメ映画化したアクション・アドベンチャー・コメディ。マーベル・キャラクターを基にした初の長編ディズニー・アニメとしても話題に。サンフランシスコと東京を融合した架空都市“サンフランソウキョウ”を舞台に、最愛の兄タダシを失った孤独な14歳の天才少年ヒロと、亡きタダシが遺した心優しきケア・ロボット“ベイマックス”が、巨大な陰謀に立ち向かっていく姿を、迫力... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/11/27 09:52
「ストックホルムでワルツを」(2013・瑞典)
「ストックホルムでワルツを」(2013・瑞典) allcinemaより  スウェーデンを代表するジャズ・シンガー、モニカ・ゼタールンドの波乱に富んだ人生を映画化した音楽伝記ドラマ。主演はスウェーデンのミュージシャンで、これが映画デビューとなるエッダ・マグナソン。監督はデンマーク出身のペール・フリー。スウェーデンの田舎町に暮らすシングルマザーのモニカ。電話交換手の仕事をしながらも、ジャズ・シンガーとしての成功を夢見る日々。そんなある日、ジャズ・クラブのステージに立つ彼女の歌声を聞いた評論家から、ニューヨークで歌うチャンスをもらうモニカだっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/11/18 19:27
ローマの教室で 〜我らの佳き日々〜(2012)
ローマの教室で 〜我らの佳き日々〜(2012) allcinemaより  ローマの公立高校を舞台に、それぞれタイプの異なる3人の教師と生徒たちの交流を通して、ほろ苦くも心温まる人生の機微を見つめたヒューマン・ドラマ。出演は「はじまりは5つ星ホテルから」のマルゲリータ・ブイ、「あしたのパスタはアルデンテ」のリッカルド・スカマルチョ、「夜よ、こんにちは」のロベルト・ヘルリッカ。監督は「ぼくの瞳の光」のジュゼッペ・ピッチョーニ。  理想に燃える若き熱血教師ジョヴァンニが国語の補助教員として新たに赴任したのはローマの公立高校。そこには... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/18 19:21
「PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜」(2015・米)
「PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜」(2015・米) allcinemaより 「つぐない」のジョー・ライト監督がピーター・パンが誕生するまでの物語を描く3Dファンタジー大作。出演は主人公のピーター・パン役に新星リーヴァイ・ミラー、悪役の黒ひげにヒュー・ジャックマン、共演はギャレット・ヘドランド、ルーニー・マーラ、アマンダ・サイフリッド。  第二次大戦下のロンドン。孤児院で暮らす12歳の少年ピーターは、いつの日か母が迎えに来てくれることを夢見ていた。ある日、彼は地下室で“別の世界で必ず会える”と書かれた母の手紙を発見する。そんな中、ピータ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/14 21:22
「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(2014/米)
「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(2014/米) allcinemaより  「アイアンマン」のジョン・ファヴローが製作・脚本・監督・主演で贈るハートウォーミング・コメディ。オーナーや評論家と衝突してレストランをクビになったシェフの主人公が、フードトラックの移動販売を始めることで自らの誇りと家族との絆を取り戻していく姿を描く。相棒役のジョン・レグイザモ、別れた妻役のソフィア・ベルガラのほか、スカーレット・ヨハンソン、ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jrらが豪華に共演。  ロサンジェルスの一流レストランで総料理長を務めるカール・キ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/11/02 17:06
「インターステラー」(2014/米)
 「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督が、理論物理学者キップ・ソーン博士のスペース・トラベルに関するワームホール理論を下敷きに描くハードSF超大作。かつてない危機に直面し、新たに発見されたワームホールを利用した超遠距離惑星間移動に最後の希望を託す人類の運命と、重大な使命と引き換えに永遠の離別を迎えようとしている一組の父娘の絆を壮大なスケールで描く。主演は「MUD マッド」「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー、共演にアン・ハサウェイ、ジェシカ・チャ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/10/18 22:15
「マイ・インターン」(2015/米)
allcinemaより アン・ハサウェイ扮するファッション・サイトの若い女社長が、ロバート・デ・ニーロ扮するカルチャーのまるで違う70歳のインターンに戸惑いながらも、次第に奇妙な絆が芽生えていくさまを描いたハートフル・コメディ。監督は「恋愛適齢期」「ホリデイ」のナンシー・マイヤーズ。  ファッション通販サイトを起業し、ニーズを的確に掴んで短期間で急成長させることに成功したジュールズ。そんな彼女の会社に、シニア・インターン制度によって採用された70歳のベン。妻に先立たれ、新たなやりがい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/10/12 14:47
「Dearダニー 君へのうた」(2015/米)
allcinemaより アル・パチーノがジョン・レノンからの手紙を受け取ったことで自らの人生を見つめ直すベテラン大物ロック・ミュージシャンを演じるヒューマン・ドラマ。「カーズ」「ラブ・アゲイン」の脚本家ダン・フォーゲルマンが、ジョン・レノンが新人ミュージシャン宛てに書いた励ましの手紙が、数十年後に本人に届いたという実話をヒントに脚本を書き上げ、監督デビューも飾った。共演はアネット・ベニング、ジェニファー・ガーナー、ボビー・カナヴェイル、クリストファー・プラマー。  ショウビジネスの世... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/25 21:40
「キングスマン」(2014/英)
allcinemaより 「キック・アス」のマシュー・ヴォーン監督と原作者のマーク・ミラーが再びタッグを組み、「英国王のスピーチ」の名優コリン・ファースを主演に迎えて贈る痛快バイオレンス・スパイ・アクション。どこの国にも属さない世界最強の諜報機関の紳士スパイが、労働者階級の不良青年をスカウトして一流スパイに育て上げていくさまと、彼らが世界を混乱に陥れる巨大な陰謀に立ち向かっていく姿を、過激なバイオレンス描写を織り交ぜつつ、ユーモラスかつスタイリッシュなアクション満載に描き出す。共演は新人のタ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/22 22:32
「テッド2」(2015/米)
見た目はかわいいけど中身は下品で口の悪いエロ親父というテディベアが巻き起こす大騒動を描き大ヒットした大人向けコメディの続編。めでたく結婚したテッドが、自分の子どもが欲しくなったことから再び大騒動を巻き起こす。共演はマーク・ウォールバーグ、アマンダ・セイフライド。監督は引き続きセス・マクファーレン。  命を宿したテディベアのテッド。人間の少年ジョンと友情を育み、一緒に成長し、いまや立派なダメ中年に。そんなテッドも愛する人間の女性タミ・リンとついに結婚。幸せを手にしたかと思ったのも束の間、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/09/12 11:00
「未来は今」(1994/米)
allcinemaより 会社買収を狙う役員たちの陰謀によって新社長に担ぎ出された新入社員。株価が急落する中、新社長のアイデア商品が思いがけないヒットとなる……。プレストン・スタージェスやハワード・ホークスの一連の作品や、フランク・キャプラの諸作を思わせるが、コーエン兄弟が何の工夫もなく過去の作品の焼き直しを図る訳も無く、“悪夢のスクリューボール・コメディ”とでもいうべき作品に仕上がっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/09/05 15:58
「アドミッション -親たちの入学試験-」<未>(2013)
名門プリンストン大学の入学担当官であるポーシャは、全米二位に落ちた大学の評判を取り戻すため、優秀な学生を入学させようと必死だった。 そんな彼女のもとに、大学の同期だというジョンから連絡が入る。それは、彼が最近新設した高校を見に来てほしいというものだった。しかし、その高校は普通のものとは大きく異なり、、、、、、 ウイキペデイアより ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/30 11:28
「チョコレートドーナツ」(2012/米)
allcinemaより  1970年代のアメリカを舞台に、世間の無理解と葛藤する一組のゲイ・カップルが、親に見放されたダウン症の少年と一つの家庭を築き、家族としての愛情と絆を育んでいくさまと、やがて少年を守るため、理不尽な差別や偏見に対して決然と立ち上がる姿を描いた感動のヒューマン・ドラマ。主演は「アニバーサリーの夜に」、TV「グッド・ワイフ」のアラン・カミング、共演にギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ。監督は俳優出身のトラヴィス・ファイン。監督作はこれが日本初紹介となる。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/30 11:28
「WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜」(2014)
 「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が三浦しをんのベストセラー『神去なあなあ日常』を映画化した青春コメディ。大学受験に失敗し、目標もないまま高校を卒業した都会っ子の主人公が、安易な気持ちで飛び込んだ林業の世界で、危険な重労働と過酷すぎる山での暮らしにくじけながらも、個性あふれる村人たちとの交流を通して成長していく姿をコミカルに綴る。主演は「ヒミズ」の染谷将太、共演に長澤まさみ、伊藤英明。  能天気な高校生活を送ったばかりに、気づけば大学受験には失敗し、彼女にも去られ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/07/25 18:37
「人生はマラソンだ!」(2012/和蘭)
allcinemaより  傾きかけた工場の閉鎖を回避するためにフルマラソン完走を目指すメタボ中年オヤジたちの奮闘を笑いと涙で綴り、本国オランダでサブライズ・ヒットとなったヒューマン・コメディ。監督はCM畑で活躍し、本作が長編映画デビューとなるディーデリック・コーパル。  ロッテルダムで妻と息子と暮らすギーアは、父親から受け継いだ小さな自動車修理工場を営んでいた。従業員は、古くからの仲間であるレオ、ニコ、キースの怠け者中年トリオと真面目なエジプト移民の青年ユースの4人。ある日、税金の滞納が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/07/21 20:32
「あなたを抱きしめる日まで」(2013/仏・英)
allcinemaより 【解説】  「危険な関係」「クィーン」のスティーヴン・フリアーズ監督が「ヘンダーソン夫人の贈り物」のジュディ・デンチを再び主演に迎え、18歳で未婚の母となり、幼い息子と強制的に引き離されてしまった女性フィロミナ・リーの奇跡の実話を基に描くヒューマン・ドラマ。50年近くも前に生き別れた息子との再会を願う母親フィロミナが辿る衝撃の旅路を、ユーモアを織り交ぜつつ感動的に描き出す。フィロミナの息子捜しを手伝うことになったジャーナリストで本作の原作者でもあるマーティン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/07 22:50
「her/世界でひとつの彼女」(2013/米)
allcinemaより 「マルコヴィッチの穴」「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズ監督が「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスを主演に迎えて贈る異色ラブ・ストーリー。コンピュータがさらなる進化を遂げた近未来を舞台に、傷心の作家が女性の人格を有した人工知能(AI)型オペレーティング・システム(OS)と心を通わせ、本気で恋に落ちていく切なくも愛おしい姿を描く。共演はエイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド。そして主人公が恋に落ちるAI“サマンサ”の声を務めた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/22 10:52
「やさしい本泥棒」(2013/米・独)日本未公開
allcinemaより マークース・ズーサックの世界的ベストセラー『本泥棒』をジェフリー・ラッシュ、エミリー・ワトソンの共演で映画化した感動ドラマ。ナチス政権下のドイツを舞台に、風変わりな里親のもとで本の魅力に目覚めていく少女リーゼルの過酷にして数奇な運命を描く。主人公リーゼル役には「ぼくたちのムッシュ・ラザール」のソフィー・ネリッセ。監督はTV「ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜」のブライアン・パーシヴァル。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/19 10:38
「セッション」(2014/米)
 allcinemaより 一流のドラマーを目指し名門音楽大学に入学した青年が、鬼教師の常軌を逸したシゴキ指導によって心身共に追い詰められていくさまを、心揺さぶる熱き演奏シーンとともに描く興奮と衝撃の音楽青春ドラマ。主演は「21オーバー 最初の二日酔い」のマイルズ・テラー。共演は、本作の鬼気迫る演技でアカデミー助演男優賞をはじめ映画賞を総なめにしたJ・K・シモンズ。監督は、長編2作目の本作で一躍ハリウッド期待の新星となったデイミアン・チャゼル。  偉大なジャズドラマーを夢見て全米屈指の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/17 17:39
「クリスマスの贈り物」(2013/米) 未公開
WOWOWシネマより引用 番組紹介/解説 聖書に記されたキリスト誕生のエピソードをモチーフに、舞台を現代アメリカに置き換えて描く黒人ミュージカル。F・ウィテカーやJ・ハドソンら豪華キャストが歌い踊る。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/04 09:44
「シンデレラ」(2015/米)
allcinemaより ディズニー・アニメの名作「シンデレラ」を、「から騒ぎ」「マイティ・ソー」のケネス・ブラナー監督で絢爛豪華に実写映画化したファンタジー・ラブストーリー。ヒロインのシンデレラ役はハリウッド期待の新星リリー・ジェームズ、共演にケイト・ブランシェット、リチャード・マッデン、ヘレナ・ボナム=カーター。また、空前の大ヒットとなったディズニー・アニメ「アナと雪の女王」のその後を描いた短編アニメ「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」を同時上映。  幼くして母を亡くし、彼女の“... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/06 18:19
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(2014/米)
振り返ったら今年2回目の映画鑑賞でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/04/28 12:53
「風に立つライオン」(2015/日)
allcinemaより アフリカで医療活動に従事した実在の日本人医師にインスパイアされたさだまさしが87年に発表した同名曲をモチーフに、さだ自らが2013年に書き下ろした小説を、大沢たかお主演で映画化したヒューマン・ドラマ。共演に石原さとみ、真木よう子。監督は「藁の楯 わらのたて」「神さまの言うとおり」の三池崇史。  1987年、大学病院に勤務する島田航一郎はケニアの研究施設に派遣されることが決まり、恋人の貴子を日本に残し、ケニアへと旅立った。現地で研究と臨床に明け暮れ、充実... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/03/27 21:46
「スタンリーのお弁当箱」(2011・印)
allcinemaより 歌もなければ踊りもない。大作インド映画(ボリウッド映画)の常識を覆し、本国で予想外の大ヒットとなった、笑って泣けるヒューマンドラマが登場。撮影には小さな一眼レフを使い、映画の制作ではなくワークショップとして一年半にわたり撮影を敢行。演技ではない子供たちの自然な表情を切り取ることに成功している。  家庭の事情で弁当を持ってこられないスタンリーは、昼食の時間になるとそっと教室を抜けだし、水道水を飲んで空腹をしのいでいた。それに気づいた同じクラスのアビシェークは、ク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

2015/01/24 21:42
「鑑定士と顏のない依頼人」(2013/米)
allcinemaより  「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」のジュゼッペ・トルナトーレ監督が「シャイン」のジェフリー・ラッシュを主演に迎えて描く切なくも華麗な極上ミステリー。偏屈な天才オークション鑑定士が、姿を見せない女性からの謎めいた鑑定依頼に翻弄され、思いがけない運命を辿るさまを、巧みな語り口とサプライズな仕掛けでミステリアスに綴る。共演はジム・スタージェス、シルヴィア・フークス、ドナルド・サザーランド。  一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァージ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/24 21:42
「ラストベガス」(2013/米)
allcinemaより マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クラインというオスカー俳優4人の豪華共演で贈る痛快コメディ。年老いた悪友4人組が、唯一未婚だった仲間の結婚を祝い、独身最後の夜にラスベガスへと繰り出し、年甲斐もなくハメをはずさまを、4人それぞれの葛藤とそれでも変わらぬ熱い友情とともに綴る。監督は「ナショナル・トレジャー」シリーズのジョン・タートルトーブ。  ビリー、パディ、アーチー、サムは悪ガキ時代からの大親友4人組。ある日、4人の中で唯一... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/10 17:25
「ウオルトディズニーの約束」(2013/米)
allcinemaより ウォルト・ディズニー製作の名作ミュージカル・ファンタジー「メリー・ポピンズ」の誕生秘話をトム・ハンクスとエマ・トンプソンの主演で映画化した感動ドラマ。世界的ベストセラー・ファンタジー『メリー・ポピンズ』の映画化に情熱を燃やすウォルト・ディズニーが、頑固な原作者P・L・トラヴァースから許諾を得るまでの悪戦苦闘の道のりを、原作に秘められた彼女の幼少期の物語を織り交ぜ描き出す。監督は「オールド・ルーキー」「しあわせの隠れ場所」のジョン・リー・ハンコック。  1961年、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/10 17:12
「アバウトタイム〜愛おしい時間について〜」(2013/英) 
allcinemaより 「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が贈るタイムトラベル・ロマンティック・コメディ。代々、タイムトラベルの能力を持つ家系であることを知らされた青年が、過去を変えて思いを寄せる女性との関係を進展させようと悪戦苦闘する中で、やがて人生のかけがえのなさを学んでいく姿をハートウォーミングに綴る。主演は「アンナ・カレーニナ」のドーナル・グリーソンと「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、共演にビル・ナイ。  イギリス南西部コーンウォール。何をやっても上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/26 10:38
「ビーグル犬 シャイロ2」(1997/米)未公開
アマゾンより 少年とビーグル犬の心温まるふれあいすべての人へ贈るハートウォーミング・ストーリー 晴れてシャイロの飼い主になったマーティは楽しい生活を送っていた。しかし、酒に溺れた元の飼い主ジャドがシャイロを取り返そうとマーティたちにき嫌がらせをするようになる。両者の関係がますます険悪になる中で、ある日ジャドが事故を起こし重傷を負う。家族の愛情を受け幸せそうなシャイロの姿を見たマーティは愛情こそが傷ついた人間を救うことができると考え、いがみ合っていたジャドに優しく接するが...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/12/24 17:52
「ダークブラッド」(2012/米・英・和蘭)
allcinemaより 「スタンド・バイ・ミー」「マイ・プライベート・アイダホ」などで高い評価を受け、名実共に兼ね備えた俳優として将来を嘱望されながらも23歳の若さでこの世を去ったリヴァー・フェニックス。本作はそんな彼が最後に出演した作品。撮影途中での主演俳優の突然の死によって未完のままお蔵入りとなった本作を、監督である「ザ・バニシング-消失-」「マイセン幻影」のジョルジュ・シュルイツァー自らが撮影から約20年の時を経た2012年に執念で完成させたサスペンス・ドラマ。共演はジョナサン・プラ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/22 14:22
「天才スピヴェット」(2013/仏・加)
allcinemaより 「アメリ」「ミックマック」のジャン=ピエール・ジュネ監督がライフ・ラーセンの異色冒険小説『T・S・スピヴェット君 傑作集』を原作に、自身初の3D映画に挑戦したアドベンチャー・ドラマ。スミソニアン学術協会から由緒あるベアード賞を授与されることになった10歳の天才少年T・S・スピヴェットが、授賞式に出席すべく家を飛び出したった一人でアメリカ横断の大冒険を繰り広げる中で、様々な経験を重ね、家族との絆を見つめ直していく姿を3Dによるイマジネーションあふれる映像で描き出し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/20 22:53
「コッホ先生と僕らの革命」(2011/独)
allcinemaより 19世紀末のドイツで教育の現場にイギリス発祥のチーム・スポーツ“サッカー”を導入し、後に“ドイツ・サッカーの父”と呼ばれる実在の人物コンラート・コッホを主人公に、サッカーを通じて封建的な学園に自由と平等の精神を植え付けた型破りな教師と生徒たちとの心の交流を描いた感動の学園ドラマ。主演は「グッバイ、レーニン!」「ベルリン、僕らの革命」のダニエル・ブリュール。監督は本作が本格的な映画デビューとなるセバスチャン・グロブラー。  19世紀後半、普仏戦争でフランスに勝利し自... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/11/05 16:24
「ジャージー・ボーイズ」(2014/米)
allcinemaより  トニー賞受賞の同名大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカルを「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」「人生の特等席」の巨匠クリント・イーストウッド監督で映画化。60年代から70年代を中心に活躍したニュージャージー出身の4人組ヴォーカル・グループ、フォー・シーズンズの栄光と挫折の物語を、『シェリー』『君の瞳に恋してる』はじめ彼らのヒット・ナンバーの数々とともに綴る。出演は、リード・ヴォーカルのフランキー・ヴァリ役にブロードウェイ版のオリジナル・キャストでもあるジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/17 17:43
「めぐりあわせのお弁当」(2013/印・仏・独)
allcinemaより  インドの大都会ムンバイでは、家庭でつくった“できたて”のお弁当をオフィスに届ける配達サービスが充実していて、1日20万個のお弁当箱がダッバーワーラーと呼ばれる配達人5千人によって家庭とオフィスを正確に往き来しているという。本作はそんなムンバイのお弁当事情を背景に、めったに起きない誤配が縁で繋がった一組の男女が、そのお弁当を介して互いの心の隙間を埋めていく姿を心温まるタッチで描いたハートフル・ドラマ。出演は「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」のイルファン・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/08 20:28
「飛ぶ教室」(2003/独)
allcinemaより 「ふたりのロッテ」「点子ちゃんとアントン」の原作者で知られるドイツの国民的作家エーリッヒ・ケストナーのベストセラーを、時代を現代に翻案し映画化したファミリー・ムービー。寄宿学校で学ぶ少年たちが、偶然見つけた古い芝居の台本を基に校内発表劇として上演するまでをユーモアとファンタジーを織り交ぜ描く。本国ドイツではロングラン大ヒットを記録。  ドイツ・ライプチヒ。6回も転校を繰り返した末、少年合唱団で有名な聖トーマス校の寄宿舎にやって来た少年ヨナタン。不安な気持ちいっぱい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/28 22:35
「サンダーストラック 奇跡を呼ぶダンクシューター」(2012/米)劇場未公開
WOWOW公式より引用 解説 NBAを代表する人気選手K・デュラントが自分自身を演じた、バスケファン要注目のスポーツファンタジーコメディ。デュラントの才能を手に入れた少年の生活は一変し……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/27 15:26
「31年目の夫婦げんか」(2012/米)
allcinemaより  アカデミー賞に輝くトミー・リー・ジョーンズとメリル・ストリープが結婚31年目の希望を失った夫婦に扮し、真剣だけどユーモアたっぷりな夫婦げんかを通して切実な想いを口にする、心揺さぶられる感動の物語。共演は「リトル・ミス・サンシャイン」のスティーヴ・カレル、監督は「プラダを着た悪魔」のデヴィッド・フランケル。  結婚31年目、子供たちは独立し、夫婦ふたりで毎日同じ生活を繰り返すだけのアーノルドとケイ。寝室は別で、一緒に寝たいと伝えてもあっさり拒絶されてしまったケイは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/09/24 10:50
「我が家のおバカで愛しいアニキ」(2011/米) 未公開
【解説】 ダメ男の長男と3人の妹。中年世代に差しかかった4人が日々の生活に悪戦苦闘する、ヒューマンコメディ。「40歳の童貞男」のP・ラッドなど芸達者なキャストが集まった。 ラッドの他も、「ハンガー・ゲーム」のE・バンクス、「(500)日のサマー」のZ・デシャネル、TV「ニュースルーム」のE・モーティマーなど、まるでハリウッドで個性を競い合っているかのような顔ぶれが勢ぞろい。監督のJ・ペレッツは音楽ビデオ出身で、近年はデシャネル主演の「New Girl/ダサかわ女子と三銃士」などTV界... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/23 10:01
「ビーグル犬 シャイロ」(1997/米)<未公開>
allcinemaより引用 【解説】  意地悪な主人のもとを逃げ出した一匹のビーグル犬と、彼と友達になった少年との心の交流を描いたハートウォーミング・ドラマ。心が優しいあまり、猟犬になれなかったビーグル犬のシャイロは、自分を理解してくれない飼い主のもとを去る。そんなシャイロと心を交わした少年マーティは、首輪を見て飼い犬だと知りながらも、自分で飼うことを決意する。ところが、元の飼い主が現われたため、マーティとシャイロは逃げ出すが……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/21 16:11
「5つの銅貨」(1959/米)
allcinemaより  愛する娘の病気を看病するため一度はジャズ界から身を引くものの、やがて奇跡的にカムバックする実在の名コルネット奏者レッド・ニコルズの半生を描いた伝記ドラマ。  1920年代のアメリカ。才能溢れるコルネット奏者の青年レッドは、ある時加入したバンドで女性歌手のボビーと出会い、結婚する。音楽活動の道も開けていき、彼がリーダーのバンド“ファイブ・ペニーズ”を結成。各地での巡業は成功を収め、さらに娘ドロシーが生まれて順風満帆にみえた。だがある日、娘が小児麻痺を患ったことを知... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/06 22:24
「フォーチュン・クッキー」(2003米)
allcinemaより 76年のジョディ・フォスター主演作「フリーキー・フライデー」をリメイクしたファンタジック・コメディ。ひょんなことから心と体が入れ替わってしまった母と娘が、互いの生活を送ることで大騒動を巻き起こしながらも次第に相手の気持ちに気づいていく姿をコミカルに描く。主演は「トゥルーライズ」のジェイミー・リー・カーティスと全米ティーンのアイドル「ファミリー・ゲーム/双子の天使」のリンゼイ・ローハン。  几帳面で完璧主義者の精神科医テス。彼女は、2日後に再婚相手との結婚式を控えて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/23 12:26
「リメンバー・エイプリル」(1999/米)未公開
真珠湾攻撃から間もないアメリカで、負傷した日本兵を助けようとする少年たちの姿を描いた感動ドラマ。 当時、カリフォルニア沖には日本の潜水艦が出没していたらしい。 4人の少年たちが湾にたどり着いた負傷した日本兵を、最初は敵だと監禁するけど、その中の一人の少年の命を救ったことから皆でメキシコへ逃がそうとする、、、、、。当時は日系人たちが強制収容所へ、、、という政策がすすめられ始めたときで、この小さな町の日系のおじいちゃん(パット・モリタ)の一家との友情も描かれていて、思った以上に良い作... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/22 16:36
一言だけ
ロビン・ウイリアムズさんが自殺されました。 依存症と闘ってたんですね(-_-;) 先日もフィリップ・シーモア・ホフマンさんがやはり自ら命を絶ちました。 薬物、アルコール、、、、その他 依存症から立ち直った俳優さんは大勢 いらっしゃるようでうから、、、、 本当に残念です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/08/13 10:10
「ローラ殺人事件」(1944/米)
allcinemaより  有名な女性デザイナー、ローラ・ハントが、何者かに顔面を撃たれて殺されるという事件が起こった。事件を担当した刑事は、三人の容疑者に的を絞って捜査を開始するが……。殺人事件を追う探偵の活躍を描いたミステリー。i ミステリーで思っていた以上に面白かった♪ 殺された女性にローラに恋する刑事、、、、、。 雰囲気も音楽もよかった♪白黒だけど楽しめました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/09 18:47
「虹を掴む男」(1947/米)
allcinemaより  これは良い邦題だ。“ウォルター・ミティの秘密の生活”じゃ、ピンと来ないもの。原作はユーモア作家ジェームズ・サーバーの短篇。出版社の校正係の気弱なD・ケイが、満たされぬ想いをふくらませ、ある音を聞く度に白日夢の世界へ入り込む。この、夢に突入する時と覚醒するタイミングが見事。夢の描写自体は他愛ないが、天才的な外科医とか、西部劇のカウボーイになる場面はふるっている。そう、夢の中では、彼はいつでも英雄なのだ。そこにはいつも、一人の美女(V・メイヨ)が登場する。ある時彼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/09 18:47
「大統領の料理人」(2012/仏)
allcinemaより ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/23 13:57
「バーニー みんなが愛した殺人者」(2013/米)
 「スクール・オブ・ロック」のリチャード・リンクレイター監督と主演のジャック・ブラックが再びタッグを組み、テキサスの田舎町で実際に起こった奇妙な殺人事件を映画化した異色の実録犯罪ブラック・コメディ。真面目で心優しい町一番の人気者が町一番の嫌われ者の老婦人を殺害するに至った顛末を、実際に本人たちを知る住民たちへのインタビューを交えたユニークな構成で描き出す。共演に「愛と追憶の日々」のシャーリー・マクレーン、「リンカーン弁護士」のマシュー・マコノヒー。  テキサス州の田舎町カーセージ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/07/19 16:12
「テネシー、わが最愛の地」
WOWOW公式サイトより引用 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/07/06 19:37
「ピアニスト」(2001/仏・墺太利)
allcinemaより引用 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/05 10:40
「マリーゴルドホテルで会いましょう」(2011/英・米・アラブ首長国連邦)
allcinemaより 「恋におちたシェイクスピア」「コレリ大尉のマンドリン」のジョン・マッデン監督が、ジュディ・デンチ、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、マギー・スミスら英国を代表する名優たちの豪華共演で描くヒューマン・コメディ。インドで優雅なリゾート生活を満喫しようとイギリスからやって来た7人の熟年男女が、予定外のトラブル続きで喧噪と混沌に満ちた異文化の洗礼に見舞われて右往左往しながらも、やがてバイタリティに溢れたインドの空気に身を委ねることで思いがけず人生の喜びを再発見していくさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/05 10:40
「タイピスト!」(2012/仏)
1950年代のフランスを舞台に“タイプライター早打ち世界大会”に挑むヒロインを描くエンターテインメント作品。脚本・監督は本作が長編映画デビューとなるレジス・ロワンサル。製作は「オーケストラ!」のアラン・アタル。撮影は「アーティスト」でアカデミー賞にノミネートされたギョーム・シフマン。主演は「ハートブレイカー」のロマン・デュリスと「ある子供」「譜めくりの女」のデボラ・フワンソワ。  田舎から都会へ出てきたローズ・パンフィルは、ルイ・エシャールの経営する保険会社に秘書として採用された。ドジで不... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/04 17:13
ペーパーボーイ 真夏の引力」(2012/米)
allcinemaより ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザックら豪華俳優陣による鬼気迫る怪演が話題を集めた異色ミステリー。ピート・デクスターの同名ベストセラーを「プレシャス」のリー・ダニエルズ監督が映画化。1960年代末期のアメリカ南部を舞台に、ひとつの冤罪疑惑を巡って、社会の闇と関係者たちの心に潜む狂気が露わとなっていくさまを、鬱屈した青春を送る青年の目を通して描き出す。  1969年、真夏のフロリダ州モート郡。人生の目標を見失い、大学を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/31 19:54
「笑の大学」(2004/日)
人気脚本家・三谷幸喜の傑作舞台劇を三谷幸喜自らの脚本で映画化したコメディ・ドラマ。太平洋戦争突入目前、言論・思想統制が厳しさを増す時代を背景に、一人の喜劇作家とカタブツな検閲官が台本の中の“笑い”を巡って熾烈な攻防を繰り広げる中で、次第に奇妙な連帯感を築いていく姿を緊迫感とユーモアを織り交ぜ描く。主演は「Shall We ダンス?」「うなぎ」の役所広司とSMAPの稲垣吾郎。  日本が戦争へと突き進んでいた昭和15年。国民の戦意高揚の妨げになると様々な娯楽が取締りの対象となっていたこの時... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/31 16:45
「汚れた顔の天使」(1938・米)
allcinemaより 男同士の熱い友情に、サスペンスや見応えあるアクション・シーンを明快に絡めた、これが戦前の作品とは全く思えないほどのキレ味を見せる、誠に素晴らしい異色のギャング映画の傑作。小粋なギャング・スターとしてその名を馳せたJ・キャグニーが、その独特の存在感と演技力で多大な評価を受けた。幼い頃から仲の良かったロッキー(キャグニー)とジェリー(オブライエン)。しかしロッキーは二人でやった盗みの罪を一人で被った事をきっかけに転落の一途をたどり、今やいっぱしのギャングになっていた。一... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/21 22:13
「推理作家ポー 最期の5日間」(2012/米)
allcinemaより 世界初の推理小説家とも言われる偉大なる作家にして詩人のエドガー・アラン・ポー。40歳の若さで亡くなったその死には今なお多くの謎が残され、様々な議論の的となっている。本作はそんなポーの謎に包まれた最期の日々に焦点を当て、彼が自身の小説を模倣する猟奇殺人鬼との壮絶な頭脳戦を繰り広げていたという大胆な着想で描くゴシック・テイストのサスペンス・ミステリー。主演は「ハイ・フィデリティ」「1408号室」のジョン・キューザック、共演にルーク・エヴァンス、アリス・イヴ。監督は「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/21 21:09
一言感想、、、、、
「ローンレンジャー」(2013/米) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/21 21:08
「終戦のエンペラー」(2012/米・日)
敗戦直後の日本を舞台に、その後の日本の運命を決定づけた知られざる感動の物語を、マッカーサー元帥の指示で天皇の戦争責任の有無を調べることになった親日派の青年フェラーズ准将の目を通して描く日米合作の歴史ドラマ。主演はTVシリーズ「LOST」のマシュー・フォックス、共演に「逃亡者」のトミー・リー・ジョーンズ、「ノルウェイの森」の初音映莉子、「釣りバカ日誌」の西田敏行。監督は「真珠の耳飾りの少女」「ハンニバル・ライジング」のピーター・ウェーバー。  1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/26 14:10
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」(2013/米)
allcinemaより 「サイドウェイ」「ファミリー・ツリー」のアレクサンダー・ペイン監督が、怪しげな当選賞金を受け取るべくネブラスカへと向かう年老いたガンコ親父と、その旅に付き合うハメになった息子が繰り広げる珍道中の行方を心温まるタッチで描いた全編モノクロによるハートフル・ロード・ムービー。主演は本作の演技でカンヌ映画祭最優秀男優賞に輝いたブルース・ダーン、共演にウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ、ステイシー・キーチ。  アメリカ北西部のモンタナ州に暮らす老人ウディ・グラント。ある日... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/16 19:40
「グランドシネマ 坂東玉三郎 日本橋」(2013/日)
2013年12月、東京・日比谷の日生劇場にて上演され好評を博した坂東玉三郎主演の舞台「日本橋」をスクリーン上映。文豪・泉鏡花が自身の同名小説を戯曲化した作品をもとに、玉三郎が25年ぶりに主人公・お孝役を演じ、自ら演出も手がけた。大正時代、日本橋で評判を呼んだ名妓・お孝と清葉。ある日、清葉は医学士の葛木から愛を告白されるが、とある事情から拒んでしまう。お孝はそんな2人の事情を知りながらも、ライバルである清葉への意地から葛木に身を任せる。しかし、お孝には五十嵐という情夫の存在があった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/09 13:24
「アナと雪の女王」(2013/米)
先日コレド室町の新劇場で観ようと思ったら、満席のため断念。 錦糸町で観ましたけど、ほぼ満席でした。人気なんですね♪ 私も雪の女王って悪い魔女にお母さんを、、、、って勝手に思っていました。姉妹のお話だったんですね。雪の映像がとっても綺麗でした。やっぱりディズニーアニメは楽しくていいですね。 一番面白かったのが、夏に憧れる雪だるま(笑)お気に入りです♪ 時間の都合もあって3Dでは見られなかったのが残念!! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/29 11:02
「テッド」と「ローマでアモーレ」
このところ感想書くのが億劫で、、、、、 2作品ともとっても面白かったです〜(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/24 23:42
「大統領の執事の涙」(2013/米)
観てから3週間近くになりました。 もっと悲惨な人種差別が描かれるのかな、、、と 思っていましたので、ちょっと安心しました。 アメリカって人種が多いから、政治も大変ですね。 奴隷として綿畑で奴隷として働いていた父親は簡単に殺され、、、、その息子は町を出てレストランで働き、やがてホワイトハウスで執事として働く。アイゼンハワーからオバマ大統領まで描かれています。 父と息子、夫婦、公民権運動、、、、、とっても見ごたえのある)作品でした。 父親の戦いと息子の命をかけた戦い、、、、そして父子... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/24 23:36
「僕のピアノコンチェルト」(2006/瑞西)
「山の焚火」「最後通告」といった個性的な作品で日本でも知られるスイスの巨匠フレディ・M・ムーラー監督が、ピアノと数学に天賦の才を発揮する天才少年の孤独と心の成長を描くヒューマン・ドラマ。天才ゆえの苦悩を抱えながらも、両親や周囲との軋轢を乗り越え本当の自分を掴み取ろうと悪戦苦闘する少年の姿を、ユーモアを織り交ぜ優しい眼差しで綴る。主人公ヴィトスの12歳を演じるテオ・ゲオルギューは、自身も国際的なコンクールでの優勝実績を持つ新進ピアニストで、劇中の演奏シーンも彼自身がこなしている。スイスを代表す... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/09 09:58
「天地明察」(2012/日)
allcinemaより 江戸時代に日本独自の暦作りという一大プロジェクトに挑んだ実在の人物、安井算哲(後の渋川春海)の波瀾万丈の人生を描き、2010年本屋大賞第1位にも輝いた冲方丁の傑作時代小説を、「陰陽師 〜おんみょうじ〜」「おくりびと」の滝田洋二郎監督、「木更津キャッツアイ」「SP」の岡田准一主演で実写映画化したエンタテインメント時代劇。碁打ちの名家に生まれながら、算術や天文の研究に情熱を注いだ算哲が、様々な出会いや妻の愛に支えられながら、持ち前の誠実さとひたむきさで幾多の挫折を乗り越... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/03 10:40
「カルテット!人生のオペラハウス」
allcinemaより 「潜水服は蝶の夢を見る」「戦場のピアニスト」を手がけたロナルド・ハーウッドによる原作戯曲をもとに、名優ダスティン・ホフマンが初めてメガホンをとった笑いと涙の感動作。マギー・スミス、トム・コートネイ、ビリー・コノリー、ポーリーン・コリンズなど、いずれも輝かしい受賞歴を誇るイギリスの名優たちが出演している。  引退した音楽家たちが暮らす〈ビーチャム・ハウス〉には、カルテット(四重奏)仲間であるレジー、シシー、ウィルフが暮らしている。そこへもう一人の仲間であるジーン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/31 15:37
「モンスターズ・ユニバーシティ」(2013・米)
allcinemaより 大ヒットを記録したディズニー・ピクサーの傑作アニメ「モンスターズ・インク」の前日譚を描いたファンタジー・コメディ。世界中のモンスターが憧れる大学を舞台に、後にモンスター界最恐のコンビとなるマイクとサリーの出会いと友情を描く。声の出演は前作に引き続きビリー・クリスタルとジョン・グッドマンが担当。日本語吹き替えも前作と同じく田中裕二と石塚英彦が務める。  身体が小さくいじめられっ子だった少年マイクの夢は、モンスター界一の“怖がらせ屋”になること。そのために誰よりも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/28 22:23
「ヒッチコック」(2012・米)
allcinemaより  巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督によるスリラー映画の金字塔「サイコ」の波乱に富んだ誕生秘話を名優アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンの共演で再現した伝記ドラマ。困難を極めた製作の舞台裏を、監督である夫を影で叱咤し支え続けた妻アルマとの知られざる夫婦の愛憎物語を軸に描き出す。原作はスティーヴン・レベロの『アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ』。共演はスカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ジェシカ・ビール、ジェームズ・ダーシー。監督はドキュ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/22 12:13
「舟を編む」(2013/日)
allcinemaより  2012年本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの同名ベストセラーを松田龍平主演で映画化した感動ドラマ。新しい辞書の編纂という一大事業に取り組む辞書編集部に配属されたマジメで不器用な青年が、地味で気の遠くなるような作業のなかで個性豊かな編集部員たちと織り成す人間模様と、板前を目指す下宿先の孫娘との恋の行方をユーモラスかつハートウォーミングに綴る。共演は宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華。また、八千草薫、小林薫、加藤剛らベテラン勢が脇を固める。監督は「川の底からこんに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/15 11:23
「25年目の弦楽四重奏」(2013/米)
allcinemaより  結成25年目にして存続の危機を迎えた弦楽四重奏団で繰り広げられる衝突と葛藤の人間模様を実力派俳優4人の豪華アンサンブルで綴る音楽ヒューマン・ドラマ。チェリストの突然の引退宣言を契機に、それまで調和を保ってきた4人の人間関係に思わぬ不協和音が生じていくさまを、彼らが演奏するクラシック音楽に重ね合わせて描き出す。出演はフィリップ・シーモア・ホフマン、クリストファー・ウォーケン、キャサリン・キーナー、マーク・イヴァニール。監督はこれが長編2作目にして劇映画初挑戦となるヤ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/12 23:29
「ゼロ・グラヴィティ」(2013/米)
allcinemaより  「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「トゥモロー・ワールド」のアルフォンソ・キュアロン監督が無重力(ゼロ・グラビティ)の宇宙空間を舞台に贈るSFサスペンス。スペースシャトルで船外活動中に予期せぬ事故で宇宙空間へ放り出され、救助も期待できない絶望的状況で漂い続ける2人の宇宙飛行士の運命を、無重力の世界を圧倒的な臨場感で再現した3D映像でスリリングに描く。出演はサンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー。  地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシャト... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/12/24 20:51
「ランド・オブ・ザ・デッド」(2005/米)
  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/24 20:35
「マラヴィータ」(2013・米・仏)
allcinemaより  監督を務めるリュック・ベッソンが、マーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロの黄金コンビをそれぞれ製作総 指揮と主演に迎えて贈るクライム・ドラマ。原作はトニーノ・ブナキスタの『隣りのマフィア』。FBIの証人保護プログラムによってフランスに移住した元マフィアの男とその家族、というワケあり一家が巻き起こす大騒動を描く。共演はミシェル・ファイファー、トミー・リー・ジョーンズ。  フランス・ノルマンディ地方の田舎町に引っ越してきたブレイク一家。一見ごく普通のアメリカ人... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/12/01 18:46
「私が愛した大統領」(2012/英)
allcinemaより 「ロスト・イン・トランスレーション」「ムーンライズ・キングダム」のビル・マーレイが、歴代アメリカ大統領の中でも屈指の人気を誇るフランクリン・デラノ・ルーズベルトを演じた伝記ドラマ。重度の障害者でありながら激動の時代に超大国アメリカを率いたカリスマ的大統領の知られざる素顔を、英国王との歴史的会談秘話と彼を影で支えた従妹デイジーとの秘められた大人の恋模様を軸に綴る。共演は「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」のローラ・リニー。監督は「ノッティングヒルの恋人」「恋とニュースの... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/31 17:31
「新・三バカ大将 ザ・ムービー」<未>(2012)
allcinemaより  1930年代に製作された短編映画とその後に放送されたテレビ番組として有名な「三ばか大将」を「メリーに首ったけ」「愛しのローズマリー」のファレリー兄弟が映画化したスラップスティックコメディ。当初キャストに関してはラッセル・クロウやショーン・ペン、ジム・キャリーなどの名前が挙がったが、最終的には「最高の人生の見つけ方」のショーン・ヘイズと「ロード・トリップ パパは誰にも止められない!」のウィル・サッソー、そしてテレビ「24 TWENTY FOUR(ファイナル・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/10/23 10:13
「東ベルリンから来た女」(2012/独)
allcinemaより  人々が秘密警察の存在に怯えていた社会主義時代の東ドイツを舞台に、恋人の待つ西側への脱出を準備する一人の女性医師が、医師としての矜持や2人の男の愛に揺れ動くさまを、静謐な中にも緊張感あふれる筆致で描き出した感動のヒューマン・サスペンス・ドラマ。主演は「ベルリン陥落 1945」「ブラッディ・パーティ」のニーナ・ホス。共演にロナルト・ツェアフェルト、ライナー・ボック。監督は、本作でみごとベルリン国際映画祭監督賞を獲得したドイツの実力派、クリスティアン・ペツォールト。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/16 23:13
「ハンガーゲーム」(2012/米)
allcinemaより  全米の若者から熱狂的に支持されたスーザン・コリンズの同名ベストセラー・シリーズの映画化第1弾にして、全米で空前の大ヒットを記録したティーンズ・サバイバル・アクション。はるか未来の独裁国家を舞台に、テレビ中継の下で最後の一人になるまで殺し合いを繰り広げる戦慄のサバイバル・ゲームに、妹の身代わりとなって参加したヒロインの過酷な運命をスリリングに描く。主演は「ウィンターズ・ボーン」のジェニファー・ローレンス、共演にジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース。監督は「... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/06 22:26
(時の重なる女」(2009/伊)未公開
サスペンスのようなので興味持ちました。 説明するのは大変、、、、 ホテルで清掃係をしているスロベニアからの移民のソニアはあるときホテルの部屋を清掃中にお客の飛び降り自殺を目撃する。そんなシーンから始まります。 ソニアは孤独で友達もいない様子、お見合いパーティへ出かけて グイドという元警察官と出会いお互いに惹かれあうが、、、、。 豪邸の警備をやっているグイドだが、こで大規模な窃盗事件がおきてグイドは射殺される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2013/10/03 18:19
「人生ブラボー!」(2011・加)
allcinemaより  若い頃にバイト気分で行った精子提供のせいである日突然、142人もの子どもたちから身元開示の裁判を起こされたダメダメ独身男の混乱と心の成長を笑いと感動で綴るカナダ発のハートウォーミング・コメディ。各地の映画祭で評判を呼び、ハリウッドでの英語リメイクも実現。主演はコメディアンや俳優としてのみならずマルチに活躍するカナダの才人、パトリック・ユアール。監督は「大いなる休暇」の脚本で知られ、監督としてはこれが2作目のケン・スコット。  父親の精肉店を手伝う42歳の独身男、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/27 11:23
「フライト」(2012/米)
allcinemaより  「トレーニング デイ」「デンジャラス・ラン」の名優デンゼル・ワシントンが心の弱さを抱えた一人の男の葛藤をみごとに演じきり、4度目のアカデミー賞主演男優賞ノミネートを果たした衝撃のヒューマン・ミステリー・ドラマ。奇跡的な緊急着陸を成功させて多くの人命を救い一躍国民のヒーローとなったパイロットが、一転してアルコール中毒の疑惑で全てを失う危機に直面するさまをサスペンスフルに描く。共演はドン・チードル、ケリー・ライリー、ジョン・グッドマン。監督は2000年の「キャ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/27 11:22
「アルバート氏の人生」(2011/愛蘭」
allcinemaより 大女優グレン・クローズがかつてオフ・ブロードウェイで主演した舞台を、自らの脚本、製作、主演で映画化した感動ドラマ。19世紀のアイルランドを舞台に、一人で生計を立てるために男性として生きざるを得なかった孤独な女性の苦悩と哀しみを切ないタッチで綴る。共演はミア・ワシコウスカ、アーロン・ジョンソン、ジャネット・マクティア。監督は「彼女を見ればわかること」「愛する人」のロドリゴ・ガルシア。  19世紀のアイルランド。長年モリソンズホテルで働くアルバート氏は、常連客から... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/25 09:13
「ムーンライズ・キングダム」(2012米)
allcinemaより ライフ・アクアティック」「ファンタスティック Mr.FOX」のウェス・アンダーソン監督が、駆け落ちした少年少女のひと夏の冒険をメルヘンチックに描いたコメディ・ドラマ。架空ののどかな島を舞台に、12歳の少年少女が繰り広げるピュアな愛の逃避行と、彼らの突然の反乱に右往左往する島の大人たちの姿を、ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイら脇を固める実力派キャスト陣の豪華共演とレトロでキッチュな遊び心あふれるこだわりのヴィジュアルで描き出していく。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/22 10:03
「下宿人」(2009/米)未
アルフレッド・ヒッチコックの古典スリラー『下宿人』のリメイク。 アルフレッド・モリナ、ホープ・デイヴィス、サイモン・ベイカー、シェイン・ウェスト。 監督デヴィッド・オンダーチェ。原作マリー・ベロック=ローンズ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/14 09:28
「サイモンベーカー結婚の条件」(2004/米)未
倦怠期の夫婦の間に一人の青年が、、、、妻と関係を持つ。それを夫に告白する妻、、、、。 3人のどの性格にも共感もできないまま、最後まで観ました。 これも、う〜む?といった作品です。サイモン・ベーカーがちょっと体形まで崩して、髭はやして、むさくるしく(笑)白いブリーフ姿もいただけない(笑)それからカンボジアの地雷話はいらない! 「メンタリスト」の彼はとってもいいんだけどね♪ 【2013・9・2/DVD】 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/14 09:27
「砂漠でサーモン・フィッシイング」(2011/英)
allcinemaより  退屈な毎日を送る冴えない水産学者が、イエメンの砂漠で鮭釣りがしたいという大富豪の夢物語に巻き込まれたことで、思いがけず人生に輝きを取り戻していく姿を描いた感動のヒューマン・コメディ。英国のベストセラー『イエメンで鮭釣りを』を基に、奇想天外なプロジェクトの行方を、彼を取り巻く恋と友情の人間模様に政治風刺を織り込みつつユーモア溢れるタッチで綴る。主演は「ムーラン・ルージュ」「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、共演にエミリー・ブラント、クリスティン・スコット・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/13 19:09
「マリーアントワネットの首飾り」(2001・米)
  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/05 09:34
「宇宙人王さんとの遭遇」(2011・伊)
ローマで中国語の通訳を務めるイタリア人女性のガイア。ある日彼女は、イタリアの秘密警察の要人から、国家の一大事として緊急の仕事を請け負うことに。その仕事の目的や内容もよく知らされぬまま彼女が連れてこられたのは、薄暗い地下の一室。そこで彼女は、秘密警察の人間が誰かに対して尋問するのを通訳することになるが、流暢に中国語を話すその正体不明の相手が、実はなんとエイリアンであることを知ってビックリ仰天する。 WOWOWより ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/05 09:28
「リピート 〜許されざる者〜」<未>(2009)
面白くなりそうで、、、、、面白くなりそこなったサスペンス(-_-;) サイモン・ベーカーがらみで観ました。 キックアスの女の子と父と娘やってました。 ちょっと血なまぐさい。 【2013・8・27/DVD】 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/02 12:06
「セックスカウントダウン」(2007/米)日本未公開
【  『バットマン・リターンズ』(1992)の脚本家として知られるダニエル・ウォーターズが、自ら監督・脚本を手がけた作品で「自分が一生のうちにセックスする相手全員のリスト」を手に入れてしまうという奇抜な設定なラブコメ? 今海外ドラマの「メンタリスト」が好きで、その主演のサイモン・ベーカーつながりで観ました。 結婚を間近に控えているフレデリックのところに101人の女性の名前がメールで届く。過去セックスした29人プラスこれからする予定の72名の女性の名前。 あーだこーだあって、結婚をキャンル... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/20 10:52
「ディア・ブラザー」(2010/米)日本未公開
allcinemaより 殺人罪に問われた兄を救うために弁護士になった実在の女性ベティ・アン・ウォーターズの半生を「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンクが演じる。共演はサム・ロックウェル。監督は「恋する遺伝子」のトニー・ゴールドウィン。  貧乏な家庭で母親の愛を受けることなく育ったベティ・アンと兄のケニー。二人は幼いころから仲が良く、お互い身を寄せ合うようにして生きてきた。そんなある日、ケニーが女性殺害の容疑で逮捕されてしまう。ケニーは無実を訴えるが、裁判で罪が覆ることなく終... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/18 09:52
「アルゴ」(2012/米)
  allcinemaより 79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、実際にCIAが行った架空のSF映画の製作を口実に使った驚愕の救出作戦を緊張感溢れる筆致でスリリングに描き出した衝撃の実録ポリティカル・サスペンス。監督・主演を務めるのは「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」のベン・アフレック。共演にブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン。  1979年11月。革命の嵐が吹き荒れたイランで、民衆がアメリカ大使館を占拠して、52人の職員を人質にとる事件が発生... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/11 21:07
「クロワッサンで朝食を」(2012/仏・白耳義・エストニア)
  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/08 17:52
「恋する宇宙」(2009/米)未公開
allcinemaより アスペルガー症候群を患う、人付き合いが苦手な天体オタクの青年と、失恋で心に傷を抱えた童話作家志望の女性が織りなすホロ苦い純愛の顛末を描いたラブ・ロマンス。  ニューヨーク。生まれて以来この街で暮らし続けている天体オタクのアダム。彼はアスペルガー症候群、いわゆる発達障害を持つために人付き合いが苦手だった。そんなアダムの住むアパート上の階にある日、童話作家志望の女性ベスが引っ越してくる。アダムは彼女に一目惚れし、失恋を繰り返すだけののベスも純粋な彼に癒されていく。そし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/31 22:58
「25年目のキス」(1999/米)
allcinemaより  「ウェディング・シンガー」「エバー・アフター」のドリュー・バリモアが、ひょんなことから17歳の高校生に成りすますことで巻き起こる騒動を描いた学園ロマンチック・コメディ。ジョジーは名門紙のコピー・エディター。高校時代はいじめに遭い、25歳になるのに本気でキスされたこともない。そんな彼女が10代の実態のリポートを命じられる。いやいや17歳に化けて高校に潜入するのだが……。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/29 10:50
「ティモシーの小さな奇跡」(2011・米)未公開
allcinemaより ディズニーが贈る“家族”をテーマにした心温まるファンタジー作品。子供のいない夫婦に訪れた感動的な奇跡を描く。監督・脚本は「ギルバート・グレイプ」のピーターヘッジズが担当。  医者から子供ができないことを告げられたジムとシンディ。悲しみの中にもあきらめがつかない夫婦は、自分たちの理想の子供について書き留めたメモを庭に埋め、子供への思いを断とうとする。ところがその夜“ティモシー”と名乗る泥だらけの少年が二人の前に現れた。三人の温かく幸せな毎日が始まるが、ティモ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/07/20 20:09
「ワン・デイ 23年のラブストーリー」(2011・米)
allcinemaより  「幸せになるためのイタリア語講座」「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグ監督が、「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイと「アクロス・ザ・ユニバース」のジム・スタージェスを主演に迎えて贈るロマンティック・ストーリー。大学の卒業式で意気投合して親友となった男女の23年に渡る切ない紆余曲折の道行きを、毎年7月15日の一日を切り取り描き出していく。  1988年7月15日。真面目な優等生エマと自由奔放な遊び人デクスター。大学の卒業式で初めて言葉を交わし、互いに惹かれ合... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/19 23:17
「ホビット 思いがけない冒険」(2012/米・新西蘭)
allcinemaより  J・R・R・トールキンの『指輪物語』を映画化した傑作ファンタジー「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の監督ピーター・ジャクソンが、その60年前の中つ国を舞台として描かれた児童書『ホビットの冒険』を再び3部作として映画化するファンタジー超大作の第1弾。魔法使いのガンダルフに協力を求められ、13人のドワーフたちと共に、恐るべきドラゴン“スマウグ”に奪われたドワーフの王国を奪還する危険な旅に加わったホビット族のビルボ・バギンズが辿る壮大な冒険の行方を圧倒的なスケールで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/19 09:42
「アンコール!!」(2012/英)
allcinemaより  「イギリスから来た男」のテレンス・スタンプと「ジュリア」のヴァネッサ・レッドグレーヴという英国を代表する名優2人の共演で、一組の老夫婦の愛と絆を描いた感動ドラマ。気難しい頑固じいさんがある出来事をきっかけに自分の殻を破って新たな人生への一歩を踏み出そうと奮闘する姿と、そんな彼が長年連れ添った妻に贈る不器用にして心震わす愛の形を、ロックやポップスを歌う型破りなシニア合唱団の活動を軸にユーモラスかつ心温まるタッチで綴る。共演は「007/慰めの報酬」のジェマ・アータ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/04 17:25
「おれたちニュースキャスター」(2004/米)未公開
allcinemaより  1970年代の米テレビ局を舞台に、ハチャメチャなニュースキャスターたちの前に野心家の女性キャスターが入社したことから巻き起こる大騒動を描いたコメディ。  1970年代のサンフランシスコ。地元テレビ局の人気ニュース・キャスター、ロン・バーガンディは、おバカな仲間たちと街を闊歩し、何でもやりたい放題の日々を満喫していた。そんな中、キャスター志望の野心溢れる女性ヴェロニカが入社してくる。間もなく惹かれ合うロンとヴェロニカ。しかし、ヴェロニカがメインキャスターに抜擢され... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/14 10:06
「石内尋常高等小学校 花は散れども」(2008/日)
  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/14 10:02
「フランケンウイニー」(2012・米)アニメ
allcinemaより  ティム・バートン監督が自身の少年時代の思い出から紡ぎ出した84年の同名短編フィルムをストップモーション・アニメで長編化した白黒3Dのファンタジー・コメディ。孤独な少年が愛犬の死を受け入れられず、その亡骸を禁断の実験で甦らせてしまったばかりに、やがて町中を巻き込む大騒動に発展してしまうさまを、グロテスクでありながら愛嬌あふれるキャラクターにブラックな笑いとピュアで切ないストーリーを織り交ぜて描き出す。  小さな街に暮らすヴィクターは友達のいない孤独な少年。科学... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/13 21:27
「ドリームハウス」(2011/米)
allcinemaより  本作での共演がきっかけで結婚したダニエル・クレイグとレイチェル・ワイズ、そして「マルホランド・ドライブ」のナオミ・ワッツという豪華スターの共演で贈るサスペンス・ミステリー。妻子とともに越してきた新居が、一家惨殺事件の舞台だったことから主人公にふりかかる戦慄の恐怖と驚愕の真相をサスペンスフルに描く。監督は「父の祈りを」「マイ・ブラザー」のジム・シェリダン。  有能な編集者だったウィルは、小説家として第二の人生を歩むべく長年勤めた会社を辞め、妻リビーと2人の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/06/12 20:26
第66回カンヌ映画祭
カンヌも終わり、、、、、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/28 09:47
「人生の特等席」(2012/米)
aallcinemaより  クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶりに主演を務める感動ドラマ。キャリア最後のスカウトの旅へと出たメジャーリーグの老スカウトマンとそのサポートに押しかけた一人娘が、旅を続ける中で少しずつ互いのわだかまりと向き合い、親子の絆を再確認していく姿をしみじみとした筆致で描き出す。共演はエイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン。監督は長年イーストウッド作品に製作や助監督として携わり、本作で記念すべき長編監督デビューを飾ったロ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/28 09:39
「愛を読むひと」(2008/米・独)
allcinemaより  ドイツ人作家ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー『朗読者』を、「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のスティーヴン・ダルドリー監督はじめ英国人スタッフ・キャストが中心となって映画化した切なく官能的な愛の物語。第二次世界大戦後のドイツを舞台に、ひ弱な一人の青年とはるかに年の離れた謎めいた女性が繰り広げる禁断の愛と、やがてふたりが受け入れる悲壮な運命の行方を綴る。主演は本作でみごとアカデミー賞に輝いた「タイタニック」「リトル・チルドレン」のケイト・ウィンスレッ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/19 18:40
「チキンとプラム〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜」(2011/仏・独・白耳義)
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/17 18:52
「声をかくす人」(2011/米)
allcinemaより ロバート・レッドフォードが監督を務め、リンカーン大統領の暗殺に関わったとしてアメリカで女性として初めて死刑に処せられたメアリー・サラットの史実を基に、その裁判の過程をできるだけ忠実に再現して描き出した法廷ドラマ。一貫して無実を主張しながら何かを守って沈黙を続けるサラットの姿と、予断と偏見の中で感情的な報復へと突き進む世論に抗い、真実と法の正義を求めて孤高の戦いを繰り広げる弁護士フレデリックの葛藤と奮闘を綴る。主演はロビン・ライトとジェームズ・マカヴォイ、共演... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/15 18:13
「ジョイフル♪ノイズ」(2012/米】
allcinemaより  「シカゴ」「ヘアスプレー」のクイーン・ラティファと「9時から5時まで」「マグノリアの花たち」のドリー・パートン主演で贈る音楽コメディ。小さな町のゴスペル合唱団を舞台に、全国大会優勝を目指して奮闘する姿と若者たちの恋の行方を描く。共演はキキ・パーマー、ジェレミー・ジョーダン。監督は「愛と喝采の日々」「マグノリアの花たち」のハーバート・ロス。  ジョージア州の小さな町パカショー。不況に苦しむ人々にとって、教会の聖歌隊が全国大会“ジョイフル・ノイズ”で優勝することが唯... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/14 09:45
「あの日 あの時 愛の記憶」(2011/独)
allcinemaより  アウシュヴィッツ強制収容所で恋に落ち、命懸けの脱走に成功しながらも直後に生き別れてしまった恋人たちが、30数年の時を経て運命の再会を果たしたという奇跡の実話を基に描く衝撃のラブ・ストーリー。出演はアリス・ドワイヤー、ダグマー・マンツェル、マテウス・ダミエッキ、レヒ・マツキェヴィッチュ。監督はアンナ・ジャスティス。  1976年、ニューヨーク。ドイツからアメリカに渡って結婚し、優しい夫と娘とともに幸せな日々を送る女性、ハンナ。ところがある日、テレビ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/03 09:49
「最高の人生のはじめかた」(2012/米)未公開
allcinemaより 愛妻を失い酒におぼれた老作家が、隣に越してきた家族と交流を深める中で、本来の優しさを取り戻す人間ドラマ。監督は「ア・フュー・グッドメン」「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー、主演は「インビクタス/負けざる者たち」「ダークナイト」のモーガン・フリーマン。この二人は「最高の人生の見つけ方」でもコンビを組んでいるが、本作はまったく関係がない。  有名な小説家モンテ・ワイルドホーンも、今ではアルコールにおぼれ創作意欲を完全に失っていた。孤独な毎日を過ごす彼に、甥の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/28 20:33
「藁の楯 わらのたて」(2013/日)
allcinemaより  木内一裕の同名小説を「十三人の刺客」「悪の教典」の三池崇史監督、「ストロベリーナイト」の大沢たかお主演で映画化したエンタテインメント・サスペンス・アクション大作。孫娘を殺された富豪によってその首に10億円の懸賞金がかけられた凶悪犯を福岡から東京へと護送することになった5人のSPと刑事たちが、全国民を敵に回して繰り広げる孤独な戦いと葛藤の行方をスリリングに描き出す。共演は松嶋菜々子、岸谷五朗、藤原竜也、山崎努。  日本の財界を牛耳る大物・蜷川隆興の孫娘が惨殺さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/26 17:58
「幸せの行方・・・」(    /米)
【解説allsinemaより】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/23 21:11
「カントリーストロング」(2010/米)未公開
アルコールに溺れて自滅していた元カントリー・ミュージック界のスターが再起を図ってライブツアーに臨んでいく姿とその人間模様を描いた音楽ヒューマン・ドラマ。  元カントリー音楽界のスター、ケリー。ダラスでのライブの事故がきっかけで酒に溺れ、リハビリ施設に入っていた彼女はある日、マネージャーで夫のジェームズが持ちかけてきた復活ライブツアーに駆り出される羽目に。2人の若手歌手と共にツアーを催し、かつての輝きを少しずつ取り戻していくケリー。またその舞台裏では、4人の関係が様々に繰り広げられていく。や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/18 10:36
「団塊ボーイズ」(2007/米)
allcinemaより ジョン・トラヴォルタ、ティム・アレン、マーティン・ローレンス、ウィリアム・H・メイシーの個性派俳優4人の共演で贈る痛快コメディ・ロード・ムービー。それぞれに中年の危機を迎えた男たちが、冴えない日常を逃れハーレーでアメリカ横断の旅へ出発、気ままなツーリングが思わぬ大冒険に発展してしまう珍道中をコミカルに描く。監督のウォルト・ベッカーは、3作目となる本作の大ヒットでハリウッドでも注目の存在に。  アメリカの閑静な住宅街に暮らす4人の男たち。実業家のウディは自己破産... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/04/15 19:03
「一枚のめぐり逢い」(2012/米】
allcinemaより  『きみに読む物語』などの人気作家ニコラス・スパークスの同名小説を「ハイスクール・ミュージカル」のザック・エフロン主演で映画化したラブ・ロマンス。戦場で偶然拾った一枚の写真によって命を救われた青年が、写真の女性と繰り広げる切ない恋の顛末を綴る。共演にテイラー・シリング。監督は「シャイン」のスコット・ヒックス。  3度目のイラク派遣から帰国した海兵隊の青年ローガン・ティーボウ。彼は、ある一枚の写真を大事に持っていた。それは戦場に落ちていたもので、ローガンが拾いに行っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/14 09:55
「チョイス」(2008/米)未公開
allcinemaより アメリカの田舎町に暮らすしがないアル中の男が、愛娘の仕業で大統領選を決する大事な一票を握ってしまったことから大騒動に巻き込まれていくコメディ・ドラマ。  ニューメキシコ州のテキシコという地図にも載らないような小さな町で卵検査官の仕事をしている冴えない男バド。巷では現職のブーン大統領とグリーンリーフ氏による大統領選が話題となっていたが、全く無関心のバドはいつも行きつけのバーで飲んだくれている。そんな彼とは対照的に愛国心の強いしっかり者の娘モリーは、投票日にバドの名前... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/31 18:09
「セクレタリアト/奇跡のサラブレッド」(2010/米)未公開
アマゾンより引用 ディズニーが贈る、奇跡の実話。 ダイアン・レイン、ジョン・マルコヴィッチ出演 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/30 17:45
「くまのプーさん/完全保存版」(1977/米)
アマゾンより引用 『くまのプーさん/完全保存版』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/03/28 19:28
「地球は女でまわってる」(1997/米)
W・アレン監督・主演によるロマンティック・コメディ。さまざまな人物や事件を通して、うだつのあがらない中年小説家の悲哀と日常をユーモラスに見つめる。ハリーは、私生活をネタにした小説ばかり書いてベストセラーをものにしてきた小説家。だが、最近は切り売りすべき私生活もなくなり、スランプに陥って新作を書くことができなくなっていた。そんな彼を、元恋人や友人たちが容赦なくひっかきまわしてゆく。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/18 21:56
「世界にひとつのプレイブック」(2012/米)
 allcinemaより それぞれに最愛の人を失って心のバランスを崩したエキセントリックな男女が出会い、互いの目的のために協力し合う中で次第に希望を見出していくさまを、シリアスな状況の中にもユーモアを織り交ぜ感動的に描き出したヒューマン・ラブ・コメディ。主演は「ハングオーバー!」のブラッドリー・クーパーと「ハンガー・ゲーム」のジェニファー・ローレンス、共演にロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーヴァー。アカデミー賞のノミネーション発表では、この4人が4つの演技部門すべてで候補となる快... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/03/12 19:29
「空飛ぶペンギン」(2011/米)未公開
敏腕不動産デベロッパーのトム・ポッパー。彼は仕事最優先の日々を過ごした結果、妻と子供たちに見限られ家庭崩壊の危機に陥っていた。ある日、彼は音信不通だった父親からの本物のペンギンを遺産として相続することに!彼はあらゆる手段を尽くして南極へ送り返そうとするのだが、大暴れするペンギンたちに悪戦苦闘する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/12 10:58
「深夜の告白」(1944・米)
allcinemaより ジェームズ・M・ケインのミステリ『倍額保険』を、ワイルダーがレイモンド・チャンドラーと共に脚色した傑作サスペンス。保険会社の営業マン、ネフ(F・マクマレイ)は自動車保険の更新に出向いたディートリクソンの家で美しい後妻フィリス(B・スタンウィック)と出会う。彼女は夫に知られずに傷害保険をかけたがっていたが、犯罪の匂いを感じたネフはそれを拒否。だが彼女の魅力に抗しきれないネフは、倍額保険を手に入れるための完全犯罪を考えつく……。ドラマは、深夜、ネフがオフィスで独白し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/08 15:07
「名探偵登場」(1976/米)
allcinemaより  豪華キャストで描いた、探偵コメディ映画。億万長者ライオネル・トウェインから招待状を受け取った、ミロ・ペリエ、サム・ダイヤモンド、ジェシー・マーブル、シドニー・ワン、ディック・チャールストンら5人の探偵一行は、北カルフォルニアにある、霧の立ちこめる彼のビクトリア調の豪邸に続々と到着した。だが広間に通された彼らのテーブルには何も用意されていない。と、その時、突然辺りが暗闇になり、再び明かりがついたと思ったら、いつの間にかホストのトウェインが席に着いていた。“時計の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/06 13:18
「プレシヤス」(2009/米)
allcinemaより  実際にニューヨークのハーレムでソーシャルワーカーや教師をした経験を持つ女性詩人のサファイアが、そこで出会った黒人の貧困家庭に暮らす子どもたちの実態を背景に書き上げた小説を、これがデビュー2作目のリー・ダニエルズ監督が映画化した衝撃のドラマ。1987年のハーレムを舞台に、読み書きがほとんど出来ない16歳の肥満少女、プレシャスが、両親による想像を絶する虐待に耐えながら生きる過酷な日常と、一人の女性教師との出会いがもたらす一条の希望を描き出す。主演は新人ながら本作で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/26 12:40
「7つの贈り物」(2008/米】
allcinemaより  ウィル・スミスが「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督と再びタッグを組んだ感動のヒューマン・ドラマ。辛い過去を背負い心に傷を抱えた男が、ある計画を実行するために見知らぬ7人を選び、彼らの人生を変える贈り物を捧げようとするミステリアスな動向とその真意が明らかとなっていくさまを綴る。  過去のある事件によって心に傷を抱えながら生きる男ベン・トーマス。彼は7人の名前が記されたリストをもとに、ある計画を実行しようとしていた。それは、7人がある条件に一致すれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/24 21:37
「唇を閉ざせ」未(2006/仏)
カンヌ、ベルリン、ベネチアの世界3大映画祭の受賞作を中心に、各地の映画祭で話題になりながらも日本未公開だった作品を一挙上映する「三大映画祭週間2011」にて上映。 8年前、何者かに襲われ妻マルゴを失ったアレックスは、ある日突然、マルゴからのメールを受け取る。そこには「誰にも言わないで」という一言とともに、現在のマルゴの元気な姿が写しだされていた。アレックスはマルゴの居場所と事件の真相を探るべく調査を始めるが……。リュック・ベッソンがプロデュース。俳優ギョーム・カネの長編監督第3作で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/23 18:15
ストロベリーナイト(2013・日)
公式サイト http://www.strawberrynight-movie.jp/index.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

2013/02/17 19:10
「崖っぷちの男」(2011・米)
allcinemaより 「タイタンの戦い」のサム・ワーシントン主演のサスペンス・アクション。NYの高層ビルから飛び降りようとする男が、説得を試みる女刑事を相手に緊迫のやりとりを繰り広げる中、次第に男の隠された狙いが明らかとなっていくさまを、予測不能の展開でスリリングに描き出す。共演はエリザベス・バンクス、ジェイミー・ベル、エド・ハリス。監督はドキュメンタリー畑出身で、本作が長編劇映画デビューのアスガー・レス。  マンハッタンの高級ホテル。ひとりの男が21階の窓枠を乗り越え、幅... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/16 21:09
「リンカーン弁護士」(2011/米)
allcinemaより  人気ミステリー作家マイクル・コナリーの同名ベストセラーを「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」のマシュー・マコノヒー主演で映画化した法廷サスペンス。多額の報酬目当てに資産家の息子の弁護を引き受けた異端弁護士が、思いもよらぬトラブルに巻き込まれていくさまとその顛末を緊迫感溢れる筆致で描き出していく。共演はマリサ・トメイ、ライアン・フィリップ、ウィリアム・H・メイシー。監督は「ハード・クライム」のブラッド・ファーマン。  高級車リンカーン・コンチネンタルの後部座席を事務... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/09 20:29
「ファミリーツリー」(2011/米)
allcinemaより  ジョージ・クルーニーが家族との関係を見つめ直していく悩める父親を演じて高い評価を受けたコメディ・ドラマ。美しい自然が広がる楽園ハワイを舞台に、一族で受け継いできた土地の処遇を巡って決断を迫られ、さらには妻が事故で昏睡に陥る中、娘から衝撃の事実を告げられた男の混乱と家族再生への道のりを、深刻なテーマの中にもユーモアを織り交ぜ軽妙に綴ってゆく。監督は「サイドウェイ」のアレクサンダー・ペイン。  オアフ島に暮らす弁護士のマット・キング。彼の一族はカメハメハ大王の末... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/06 12:39
「ぼくたちのムッシュ・ラザール」 (2011/加)
allcinemaより カナダ映画として第84回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネートされたヒューマン・ドラマ。担任教師の突然の自殺に揺れる小学校を舞台に、謎めいた代用教員と生徒たちが、それぞれに秘密や深い傷を抱えながら心を通わせ喪失を乗り越えていく姿を、シリアスな中にもユーモアを織り交ぜつつ丁寧な筆致で描き出す。主演は自身も主人公と同じアルジェリア出身のフェラグ。監督は長編4作目となるカナダの俊英、フィリップ・ファラルドー。  カナダ、モントリオールの小学校。ある朝、教室で担任の女性教... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/30 19:47
「クリスマスのその夜に」(2010/諾・独・瑞典)
allcinemaより 「キッチン・ストーリー」「ホルテンさんのはじめての冒険」のベント・ハーメル監督がクリスマスの夜を迎えたノルウェーの小さな町を舞台に贈るヒューマン群像ストーリー。レヴィ・ヘンリクセンの短編集を基に、様々な悩みや問題を抱えた人々が聖夜に織りなす悲喜こもごもの物語を、複数のエピソードを並行して綴る構成で描く。  イブを迎えたノルウェーの小さな町。結婚生活が破綻し妻に追い出されたパウルは、我が子に会いたい一心でサンタクロースに変装すると、妻の新しい恋人のふりをして... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/30 19:37
「最強のふたり」(2012/仏)
allcinemaより 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。実話を基に、首から下が麻痺した大富豪の中年男と、ひょんなことからその介護人となったスラム出身の黒人青年が、互いの境遇の違いを乗り越えて真の友情を育んでいく姿を、ユーモアを織り交ぜハートウォーミングかつエモーショナルに綴る。主演は「主婦マリーがしたこと」のフランソワ・クリュゼと「ミックマック」のオマール・シー。監督はこれが長編4作目となるコンビ、エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ。  パラグライ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/16 15:51
第85回アカデミー賞ノミネート発表
昨日?発表になりましたね。 ほとんど観てないものばかりですが、 気になるのが ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/12 20:52
「クランク家のちょっと素敵なクリスマス」<未>(2004)
サンタクロースのシリーズのティム・アレンつながりで観ました。年明けちゃってからのクリスマス映画っていまいいち盛り上がらなかったけど、アメリカのクリスマスのベントや地域の連帯感とか、ほお〜っという新鮮さも感じつつのんびろと観ました。 娘が平和部隊へ参加してクリスマスは夫婦だけで過ごすことになった2人は、クリスマスをパスすることにした。そこから始まるご近所との騒動、、、、寄付もツリーも雪だるまも、家の電飾もしない、パーティもしないで、2人でカリブ海へクルーズへ行くことに決めたけど、、、、、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/11 21:53
「レ・ミゼラブル」(2012・米)
allcinemaより 日本を含む世界中で愛され続ける空前の大ヒット・ミュージカルを、豪華キャストを起用し圧倒的なスケールでスクリーンへと昇華させたミュージカル超大作。出演はジャン・バルジャン役にヒュー・ジャックマン、彼を執拗に追い続ける宿敵ジャベール警部にラッセル・クロウ、そのほかコゼット役にアマンダ・セイフライド、その母ファンテーヌにはアン・ハサウェイ。監督は「英国王のスピーチ」でアカデミー監督賞に輝いた英国期待の俊英トム・フーパー。  19世紀のフランス。1本のパンを盗んだ罪で投獄... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/01/10 12:49
「スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜」(2011/米)
allcinemaより引用 グッドナイト&グッドラック」のジョージ・クルーニーが自らメガフォンをとり、民主党の大統領予備選を舞台に描くサスペンス・ドラマ。高い理想と野心を胸に有力候補の選挙スタッフとして奔走していた若者を主人公に、彼が直面する一筋縄ではいかない政治の現実と、そこにうごめく裏切りや愛憎渦巻く濃密な人間模様をスリリングに描き出す。原作は、実際に2004年の民主党予備選で有力候補のキャンペーン・スタッフを務めたボー・ウィリモンの戯曲。主演は「ブルーバレンタイン」「ドライヴ」の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/12/25 18:04
「サンタクローズ」(1994/米)
未知の作品でしたが、クリスマスに因んで鑑賞(笑) ディズニー製作によるファンタスティック・コメディ。離婚し、息子と離れて暮らしているオモチャメーカーの腕利き・サラリーマン@スコットはイブの夜小学生の別れて暮らす息子と夜を過ごす。すると屋根から落ちて来たサンタとトナカイに連れられて北極へ、、、そこでサンタ業を受け継ぐ契約をしてしまう。 別れた妻と、彼女と結婚した精神科医の夫と息子と、、、、サンタを信じてない大人と目の当たりにサンタと妖精との会ってきたスコットと息子との間で起こる様々な騒動、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/25 16:28
「みんな元気」(2009/米)
だいぶ前に録りためていたうちの一つです。 16日の夜、TVは選挙速報ばかりだったので、観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/18 21:09
「ヴィーナス」(2006/英)
allcinemaより 「アラビアのロレンス」の名優ピーター・オトゥールが、生に執着をみせる孤独な老人の悲哀を見事に演じきり、8度目のアカデミー主演男優賞にノミネートされた人生賛歌のコメディ・ドラマ。監督は「ノッティングヒルの恋人」「Jの悲劇」のロジャー・ミッシェル。  70代の英国人俳優モーリス。若い頃は数々の浮き名を流した人気スターも、いまや回ってくるのは端役ばかり。私生活でも妻と別居し独りで暮らすモーリスにとって、人生の輝きはすっかり過去のものとなっていた。そんなある日、モ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/13 14:41
「幸せへのキセキ」(2011/米)
allcinemaより 国の人気コラムニスト、ベンジャミン・ミーの奇跡の実話を「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ監督が映画化した感動のヒューマン・ドラマ。妻の死から立ち直れずにいた主人公が、心機一転とばかり動物園付きの邸宅に引っ越し、飼育スタッフたちと力を合わせて困難な動物園の再建に奮闘するとともに、悲しみを乗り越えて子どもたちとの絆を取り戻していく姿を描く。主演は「ボーン・アルティメイタム」「ヒア アフター」のマット・デイモン、共演にスカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/02 12:48
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(2007/米)未公開作品
  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/23 20:28
「J.エドガー(2011・米)
allcinemaより  初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバーの生涯を、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化した伝記ドラマ。20代でFBIの前身組織の長官となって以来、死ぬまでFBIのトップに君臨し続け、歴代の大統領さえ手出しできない強大な権力を築き上げていく一方、私生活ではごく一部の人間以外には決して心を許さず秘密主義を貫いた男の実像を丁寧な筆致で描き出していく。共演はナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチ。  人生の終盤に差し掛かった... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/11/21 12:50
「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」(2011/米)
allcinemaより ロバート・ダウニー・Jrが名探偵シャーロック・ホームズに扮し大ヒットしたアクション・アドベンチャーの続編。ホームズとワトソンの名コンビが、天才犯罪者モリアーティ教授の巨大な陰謀に立ち向かうさまを迫力のアクション満載で描き出す。共演はワトソン役のジュード・ロウやレイチェル・マクアダムスら再登場組に加え、仇敵モリアーティ教授役のジャレッド・ハリスと「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」でブレイクしたノオミ・ラパスが謎のジプシー女役で新たに登場。監督は引き続きガイ・リ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/14 13:01
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(2011/英)
 allcinemaより  主演のメリル・ストリープがみごとアカデミー主演女優賞を獲得した伝記ドラマ。男勝りの決断力とリーダーシップで“鉄の女”の異名をとった英国初の女性首相マーガレット・サッチャーの人生と知られざる素顔を家族との関わりを軸に描き出していく。共演は「アイリス」「家族の庭」のジム・ブロードベント。監督は「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド。  孤独な晩年を送る86歳のマーガレット・サッチャー。すでに他界した夫デニスの幻想を相手にしてしまうこともしばしば。そんな彼女は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/14 13:00
「あの日の指輪を待つきみへ」(2007/英・米・加)
allcinemaより  第二次世界大戦前夜の1941年と50年後の1991年を舞台に、一つの指輪に秘められた男女の切ない運命を描いたラブ・ストーリー。ヒロイン、エセル役には大女優シャーリー・マクレーンと「The OC」のミーシャ・バートン。共演に「サウンド・オブ・ミュージック」「インサイド・マン」のクリストファー・プラマー。監督は「ガンジー」「遠い夜明け」の名匠リチャード・アッテンボロー。  1991年、アメリカ・ミシガン州ブラナガン。長年連れ添った夫を亡くしたばかりのエセル・アン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/10/28 09:39
「菊豆」(1990/中国)
goo映画より引用 大金を積まれて50歳を過ぎた染物屋の楊金山のもとに嫁いだ菊豆は、ある日彼の甥の天青が、自分の入浴姿を覗き見ていることを知る。天青は、菊豆の体が金山から受けた折檻の傷だらけなのに心を痛め、一方の菊豆も彼に想いを寄せてゆく。そしてロバの病気で金山が家に戻れなくなった翌日、ふたりは結ばれる。翌年、菊豆は天青の子供を産むが、それを知らない金山は自分の子供と思い、天白と名付け可愛いがる。そんな折、突然金山が中風で倒れ、半身不髄となった。菊豆は天青と新婚同然の睦まじい生活を始め... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/10/23 08:00
「ダークシャドウ」(20117/米)
allcinemaより引用  「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」はじめ数々のヒット作を送り出してきたジョニー・デップ&ティム・バートン監督のコンビが、200年ぶりに甦り、時代の変化について行けないヴァンパイアを主人公に描くダーク・ファンタジー・コメディ。原作は60年代後半に“ゴシック・ソープ・オペラ”と呼ばれ、アメリカで人気を博した同名TVシリーズ。共演はミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、エヴァ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、クロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/21 18:00
「アーティスト」(2011/仏)
allcinemaより フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズのミシェル・アザナヴィシウス監督と主演のジャン・デュジャルダンのコンビが、ハリウッド黄金期を舞台に白黒&サイレントのスタイルで描き、みごと2012年のアカデミー賞作品賞に輝いた異色のロマンティック・ストーリー。共演はベレニス・ベジョ。また、劇中で主人公のチャーミングな愛犬を演じたタレント犬アギーの名演も大きな話題となった。  1927年、ハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、彼に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/12 18:56
「人生、ここにあり!」(2008・伊)
allcinemaより引用  1978年、イタリアでは精神病患者を無期限に収容することを禁止する精神病院廃絶法が制定され、患者たちは入院治療ではなく地域の精神保健サービス機関で予防や治療に当たりつつ、地域社会との共存を実現していく体制へと移行された。本作は、その取り組みが行われていく中で実際に起こった出来事を実在のグループホームをモデルに映画化したヒューマン・コメディ。“やればできるさ”を合言葉に、世界で初めて精神病院を廃絶する画期的な取り組みを巡る希望と現実を温かな眼差しでユーモラスに描... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/08 18:09
観たいと思っている映画 10月 11月
「チキンとプラム」 http://chicken.gaga.ne.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/05 10:32
「わたしを離さないで」(2010/米・英)
  allcinemaより引用 ブッカー賞作家カズオ・イシグロの同名傑作小説を若手実力派キャストの共演で映画化した異色のヒューマン青春ストーリー。イギリスの田園地帯にひっそりと佇む謎めいた寄宿舎を舞台に、過酷な運命を宿命づけられた少年少女たちが、それを静かに受入れながらも今をひたむきに生きる中で紡がれていく儚くも輝かしい青春の日々を、詩情溢れるタッチで瑞々しく描き出していく。主演は「17歳の肖像」のキャリー・マリガン、「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド、「つぐない」の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/04 11:00
「マージン・コール」(2011/米)
あらすじ ウォール街のとある投資銀行。ある日、突然の大量解雇が発表される。リスク管理部門でも多くのスタッフがオフィスからの退去を命じられる中に、リスク管理部門の責任者エリック・デールの姿もあった。彼は「用心しろ」という意味深な言葉とUSBメモリーを部下であるピーター・サリヴァンに手渡した。その晩、残されたデータを分析したピーターは、会社が全資産を超える損失に繋がりかねないリスクを内包した大量の金融商品(不動産担保証券、いわゆるサブプライム商品)を抱えている、という結論に達する。即座に新たに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/01 11:01
「孔子の教え」(2010/中国)
  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/29 18:16
「ヒューゴの不思議な発明」(2011/米)
allcinemaより ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「グッドフェローズ」「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督が自身初の3Dで映画化したファンタジー・アドベンチャー。1930年代のフランス、パリを舞台に、駅の時計台に隠れ住む少年が父の遺した機械人形の謎を追って不思議な大冒険を繰り広げるさまを、ジョルジュ・メリエスはじめ映画創成期へのオマージュをふんだんに、美しく幻想的な3D映像で描き出していく。主演は「縞模様のパジャマの少年」のエイサ・バターフィールド、共演にク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/26 09:54
「僕の大切な人と、そのクソガキ」<未>(2010/米)
allcinemaより  リドリー&トニー・スコット製作総指揮で、理想の女性と出会ったバツイチの中年男が彼女の憎々しいマザコン息子による執拗な嫌がらせに悪戦苦闘するさまを描いたコメディ・ドラマ。  離婚して以来、冴えない日々を過ごしていたジョンは元妻の再婚パーティーで魅力的な女性モリーと出会い、意気投合。やがて、彼女もバツイチで、21歳の息子サイラスと2人で暮らしていることを知る。さらに、彼は極度のマザコンで、愛する母を取られまいと嫌がらせを仕掛けてくるのだった。こうしてサイラス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/18 23:37
「人生はビギナーズ」(2010/米)
allcinemaより  「サムサッカー」で監督デビューを飾った世界的アーティスト、マイク・ミルズ監督が、自身の父親との関係を基に脚本を書き上げ映画化したハートフル・ヒューマン・ストーリー。長年連れ添った母の死後、突然ゲイであることをカミングアウトし、新たな人生を謳歌しはじめた父の姿に戸惑いを抱きながらも、自分の気持ちに正直に生きることの大切さを学んでいく主人公の葛藤と新たな恋の行方を描く。主演は「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、共演に「終着駅 トルストイ最後の旅」のクリストフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/17 17:27
「光のほうへ」(2010/丁抹)
allcinemaより セレブレーション」「DEAR WENDY ディア・ウェンディ」のトマス・ヴィンターベア監督が、デンマークが抱える様々な社会問題を背景に、一組の兄弟の過酷な人生を描いた感動のヒューマン・ドラマ。アル中の母親の下で育ち、子ども時代に経験した幼い末弟の死が強いトラウマとして残る兄弟が、どん底の中からかすかな希望の光を見いだすまでの日々を力強くも静謐な筆致で描き出していく。主演はヤコブ・セーダーグレンとペーター・プラウボー。  デンマーク・コペンハーゲン。アルコー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/10 22:17
「ローラーガールズ・ダイアリー」(2009/米)
allcinemaより  「25年目のキス」「ラブソングができるまで」のドリュー・バリモアが、「JUNO/ジュノ」のエレン・ペイジを主演に迎えて記念すべき監督デビューを飾ったガールズ青春ストーリー。アメリカの田舎町を舞台に、母親に逆らうこともできない大人しい女子高生だったヒロインが、ワイルド&パワフルな“ローラーゲーム”の世界と出会ったことで、それまでの殻を破って自らの意志で歩み始める姿をさわやかに綴る。  テキサスの小さな田舎町に暮らす17歳の女子高生ブリス・キャヴェンダー。美... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/09/08 13:06
「戦火の馬」(2011/米)
allcinemaより 巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が第一次大戦を舞台に、軍に徴用され最前線に送られた一頭の馬とその飼い主の青年との友情と奇跡の物語を美しい映像とともに描いた感動ドラマ。マイケル・モーパーゴの同名児童文学を映画化。主演はこれがスクリーン・デビューのジェレミー・アーヴァイン、共演にエミリー・ワトソン 、デヴィッド・シューリス、 ベネディクト・カンバーバッチ。  第一次大戦前夜のイギリス。農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。その仔馬は貧しい農夫テッドによって競り... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/06 09:38
「おとなのけんか」(2011/仏・波蘭・独)
allcinemaより  「戦場のピアニスト」「ゴーストライター」の巨匠ロマン・ポランスキー監督が、ヤスミナ・レザの大ヒット舞台劇を、4人のオスカー受賞&ノミネート俳優の豪華共演で映画化したコメディ・ドラマ。子ども同士の喧嘩を穏便に解決するべく親同士が和解の席を設けるが、平和的だったはずの話し合いが、いつしか本音が飛び交う混沌と狂騒の場と化していくさまを、リアルタイムの進行で、ユーモラスかつシニカルに描き出す。出演はジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/31 17:49
「ジャックとジル」(2011/米)
【allcinemaより】  「ウェディング・シンガー」「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラーが一人二役で双子の兄妹を演じるドタバタ・コメディ。共演にケイティ・ホームズ、アル・パチーノ。監督は「アダルトボーイズ青春白書」「ウソツキは結婚のはじまり」のデニス・デューガン。  美しい妻と2人の子どもに囲まれ幸せな日々を送るジャック。そんな彼の唯一の悩みの種は、自分とは対照的な自由奔放でトラブルメイカーの双子の妹ジル。そして今年も、独り身の彼女がジャックの家で過ごす感謝祭のシー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/30 10:36
「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」(2011/英)
【allcinemaより】 「Mr.ビーン」のローワン・アトキンソンがドジな英国諜報員“ジョニー・イングリッシュ”に扮するスパイ・パロディの第2弾。新たなミッションに挑むイングリッシュが世界各地で繰り広げる大騒動の数々をスケール・アップした本格アクションとともに描き出す。共演にジリアン・アンダーソン、ドミニク・ウェスト、ロザムンド・パイク。監督は「理想の結婚」のオリヴァー・パーカー。  一度は諜報機関MI7のエースとして活躍したものの、大きなヘマをしでかして以来、チベットの僧院に引き... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/30 10:22
「ソウルキッチン」(2009/独・伊・仏)
   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/30 09:58
「ブラッドシンプル ザ・スリラー」(1999年/米)
ジョエル(監督・共同脚本)&イーサン(製作・共同脚本) 1984年に公開されたコーエン兄弟のデヴュー作品「ブラッドシンプル」を、デジタル処理してご本人達が再編集したもの。公開当時は観てません、今回初鑑賞です。 テキサスの田舎町、ある酒場の主人が私立探偵を雇って妻とアビーと従業員レイの浮気調査を依頼し、その後嫉妬と怒りの夫は私立探偵に2人の殺害を依頼する。 探偵の裏切り、妻の浮気相手の勘違い、、、、、が重なって、、、、、、。 「バートンフィンク」のような、生理的な描写などを連想させ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/15 12:27
「宇宙人ポール」(2010/米)
 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のサイモン・ペッグ&ニック・フロストのコンビが脚本・主演で贈る痛快SFコメディ。コミックと映画の祭典“コミコン”目当てにアメリカへとやって来たイギリスのオタク青年2人が、旅の途中で極秘施設から逃げ出してきた宇宙人ポールと遭遇してしまい、彼を故郷に帰してあげようと奮闘する姿をカルチャー・ギャップ・ネタを盛り込みつつ、SF映画やスピルバーグ作品へのオマージュをふんだんにコミカルに綴る。監督は「スーパーバ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/09 09:13
「おおかみこどもの雨と雪」(2012/日) アニメ
  allcinemaより 「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督が贈るファミリー・ファンタジー・アニメ。“おおかみおとこ”と恋に落ち、2人の“おおかみこども”を生んだ一人の女性を主人公に、母親と子どもたちとの絆と成長を美しい自然の風景をバックに丁寧な筆致で描き出す。声の出演は宮崎あおい、大沢たかお、菅原文太。  大学生の花は相手が“おおかみおとこ”とは知らずに恋に落ちてしまう。しかし、“おおかみおとこ”であることを打ち明けられても花の気持ちは変わらなかった。やがて2人の間には、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/08 11:30
「太陽に灼かれて」(1994/露・仏)
太陽に灼かれて(1994) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/07/29 18:41
「アンノウン」(2010/米・独)
  allcinemaより引用 「96時間」のリーアム・ニーソン主演で放つ驚愕のアクション・サスペンス。交通事故から生還後、妻は自分を忘れ、見知らぬ他人に自分の名を騙られる、という不可解な状況に陥った男が、身の危険をかいくぐりながらその謎の真相に迫るさまをスリリングに描き出す。共演に「イングロリアス・バスターズ」のダイアン・クルーガー、TVシリーズ「MAD MEN マッドメン」のジャニュアリー・ジョーンズ。監督は「エスター」「蝋人形の館」のジャウマ・コレット=セラ。  学会に出席するため、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/21 12:01
「あぜ道のダンディ」(2011/日)
allcinemaより 【解説】  商業映画デビュー作「川の底からこんにちは」で高い評価を受けた日本映画期待の新鋭、石井裕也監督が、名バイプレイヤー光石研を主演に迎えて贈るハートフル・ドラマ。カッコ良くは生きられないけれども気持ちだけはダンディを貫く不器用なシングルファーザーが、幼なじみの親友の助けを借りながら、年頃の2人の子どもとの絆を取り戻すべく悪戦苦闘する姿をユーモアとペーソスを織り交ぜ心温まるタッチで描く。共演に「GANTZ」の田口トモロヲ、「グミ・チョコレート・パイン」の森... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/18 15:46
「ジョルスン物語」(1946/米)
allcinemaより引用 黒塗りスタイルで一世を風靡した大エンタティナー、アル・ジョルスンの半生を描く。ジョルスン自身の吹き替えによる賑やかな唄でいっぱいの楽しい映画。和田誠氏の名著『お楽しみはこれからだ』の題は、本作の台詞から採られた。ユダヤの戒律厳しい家庭に育った少年が、家出して歌手を目指す。長い下積みの末、黒人歌手の代役で試みた黒塗りが大受け、スターダムを駆け上がり、世界初のトーキー映画「ジャズ・シンガー」の主役を張るに至る。映画で知り合った女優と恋に落ちて結婚するが、妻は仕事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/15 18:42
「幸せパズル」(2010/亜爾然丁・仏)
WOWOWで録りためていたもの、公開当時の記憶はかすかにあります。 息子2人と夫と幸せに暮らしている母親であり妻である専業主婦のマリア、オープニングは誰かの誕生日のホームパーティで忙しく接待するマリア。彼女自身の50歳のパーティだった。そのときのプレゼントの一つだったジグゾーパズルに嵌っていく、、、。 お店を経営している家族思いの優しい夫、長男は店を継ぐのをいやがり、自立を望んでいるしっかりもの、二男は自由気ままで親が自立用に用意したお金でインドへ彼女と行く、、という。 自分の時間... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/12 18:00
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(2011/米)
レンタル予約していたようです、記憶にありませんでした^^; 父親を9・11のテロで亡くした小学生の男の子@オスカーの再生の物語。ちょっとしつこいかな、って最初は思ってみてましたけど、後半からそしてラストにわかる母親の行動、オスカーがかかわったNYの人たちとのエピソード、涙なしではみられません。テロがどうのこうのというより、家族を亡くした息子と妻の悲しみがストレートに伝わります。何年たってもお父さんのことは忘れないでしょうし、悲しみは消えないでしょう。 オスカーを演じた坊や、演技も初め... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/05 19:11
「アフター・ウエディング」(2006/丁・端)
 ある資産家が愛する家族のために決断したある計画、、、それが後半わかってきます。初めはこの資産家は何か企んでいるようであしげにうつります。 インドで孤児たちの救援事業に従事するデンマーク人、ヤコブはこの資産家ヨルゲンから年間100万ドルもの支援をするという話で呼び出される。路上生活をも余技されぬインドの子供たちのために故郷デンマークへ久々に戻っていく。そこでヨルゲンから週末に行われる娘アナの結婚式に強引に招待され、断り切れずに出席するが、、、、そこに待っていたのは思いがけない人との再会と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/02 14:11
「頭のない男」(2003/亜爾然丁・仏)
タイトルだけきくと不気味ですけど、、、、。 19分のショーットアニメです。 恋人をパーティに誘うために頭を買いにお店へいく男。実写のような映像、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/02 14:11
「パンズ・ラビリンス」(2006/西班牙・米・墨西哥)
パンズ・ラビリンス ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/06/22 15:37
「リアルスティール」(2011/米)
allcinemaより  人間に代わってロボット同士が死闘を繰り広げるロボット格闘技の世界を舞台に、全てを失ったひとりの男が最愛の息子との絆を取り戻していく姿を描く感動エンタテインメント・ストーリー。主演は「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のヒュー・ジャックマン、共演にダコタ・ゴヨ、エヴァンジェリン・リリー。監督は「ナイト ミュージアム」のショーン・レヴィ。  人間に代わって高性能のロボットたちが死闘を繰り広げるロボット格闘技の時代が到来。ボクシングに全てを捧げてきた男チャーリー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/06/17 17:53
「奇跡」(2011・日)
両親の離婚によって博多と鹿児島に別れ別れになってしまった兄と弟。九州新幹線の始発が初めてすれ違うところで、願をかけると叶うと、、、、兄と弟とその友達がそれぞれの祈りをこめてその地点へ向かう、、、、。 観てから大分たってしまって、、、、、。 思っていたより面白かったです。 まえだまえだのお兄ちゃん、ちょっとおじさんぽかったけどなかなかの演技でした。それぞれの環境で逞しく生きていくんでしょうね、きっと。 鹿児島中央駅ってすごい立派なんですね。 行ってみたくなりました、鹿児島。 【... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/17 17:53
「蜂蜜」(2011/独・土耳古)
 トルコを代表する監督セミフ・カプランオールが同じ人物を主人公に、それぞれ青年、大人、少年時代を描いた“ユスフ3部作”の3作目として撮り上げた作品。2010年のベルリン国際映画祭でみごと金熊賞を受賞。深い森に囲まれた山岳地帯を舞台に、蜂を探して山奥に入ったまま戻ってこない最愛の父の帰りを待ち続けながらも、哀しみをこらえ、残された母と家を守ろうとけなげに振る舞う6歳の少年の姿を、詩情あふれる美しい映像と共に静謐な筆致で描き出していく。 <allcinemaより> こういう映画もありなん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/11 18:09
「アジョシ」(2011/韓)
これが「母なる証明」に次いで復帰2作目となるウォンビンが、ハードなアクションで新境地を見せるサスペンス・アクション。ウォンビン扮する謎めいた近所のおじさん(アジョシ)が、掠われた少女を助けるべく巨大な犯罪組織に敢然と立ち向かう姿を、孤独な少女との切なくも感動的な心の交流を織り交ぜ、リアルかつ迫力のアクションでサスペンスフルに描き出していく。共演は「冬の小鳥」で注目を集めた天才子役キム・セロン。監督は「熱血男児」のイ・ジョンボム。  街の片隅で質屋を営み、人目を避けてひっそりと生きる孤独... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/10 10:41
「赤ずきん」(2011/米・加)
赤ずきんちゃんのその後、、、、ってあったけど。 「ブラザーグリム」や童話の怖い森、狼男や魔女が出てくるあの暗い森、、、、。村人を襲う狼、でも人狼だった、だれが人狼なのか最後までわかりません。思ったより気味悪さ、怖さはなく、前半はちょっと退屈でした。 トワイライトの監督さんだったらしく(観てませんので、よくわかりませんfが)映像の雰囲気が似ているとか。 赤ずきんの彼女は最近よく観ます。「マンマミーア」や「ジュリエットからの手紙」とかで、これからもっと活躍されると思います。ラストに... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/10 10:40
「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」(2011/米)
タンタンって特にファンってわけではないんですけど 好きなキャラです。 年齢不詳ですよね?どうやら16歳くらいらしい、、けどレポーター?新聞記者? そのあたりが不明です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/05/30 18:26
「ミッドナイト・イン・パリ」(2011/米)
久々のウディアレン作品を劇場で鑑賞しました。確か「マッチポイント」以来かな〜。 主人公の脚本家はアレンが演じたら、、、、と思いましたけど、年齢的に無理ですね、もうおじいちゃんですから(笑)。フィッツジェラルド、ヘミングウエイ、コール・ポーター、ドガ、ピカソ、ダリ、ロートレック、、、、過去の芸術家たちがドンドン出てきます。あの時代がよかった、、、、って思うけど、あの時代の人達も過去のあの時代がよかった、、、、て。こんな簡単にタイムスリップできて、行ったり来たりできたら楽しそうだけど(笑)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/29 16:16
「果てしなき欲望」(1958/日活)
allcinemaより  藤原審爾の原作を、今村昌平が鈴木敏郎とともに脚色し映画化したサスペンスコメディ。画面を上下に分割して地上と地下の出来事を同時にとらえた演出がユニーク。渡辺美佐子がブルーリボン賞の助演女優賞を受賞した。  終戦日に軍医が防空壕に大量のモルヒネを埋めた。時価6千万円にもなるモルヒネを掘り出すため、5人の男女が集まる。しかしかつて防空壕だった場所には肉屋が建っていた。5人はそこから20メートル先の空き家を借り受け、穴を掘り進めることに。裏切りと駆け引きが渦巻く中、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/27 17:41
「オール・アバウト・マイ・マザー」(1998/西班牙)
ヨーロッパの巨匠ペドロ・アルモドバル監督による感動ドラマ。最愛の息子を事故で失ってしまった母親の、死を乗り越える魂の軌跡を描く。99年度アカデミー賞、最優秀外国語映画賞受賞。17年前に別れた夫に関して息子から問われた母マヌエラ。長い間隠していた夫の秘密を話そうと覚悟を決めた矢先、彼女は息子を事故で失ってしまう。息子が残した父への想いを伝えるため、マヌエラはかつて青春を過ごしたバルセロナへと旅立つ。 allcinemaより ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/23 18:18
「SOMEWHERE」(2010/米)
途中2度ほど休憩いれてみました。90分ちょっとの作品ですが。。。 主演のステーブン・ドーフが気になって観ました。 う〜〜〜む、という感じ(笑)。私の心に響かなかった。雰囲気は同監督の初作品「ロスト・イン・トランスレーション」に似てました。そっちのほうが好きかも。 詳しくは下記の通りです。 あ、そうそう、主人公が乗ったエレベーターに同乗してた男、デルトロでしたわ。たったワンシーンですけどイオンパクトある顔でしたので、、、、印象に残りました(笑)。 ツタヤからきてるのがもう一本ある... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/18 18:25
「冬の小鳥」(2009/韓・仏)
 allcinemaより引用  これが監督デビューとなるウニー・ルコントが、その脚本に惚れ込んだ「オアシス」「シークレット・サンシャイン」のイ・チャンドン監督のプロデュースを得て撮り上げた韓国・フランス合作映画。実際に韓国のカトリック系児童養護施設からフランスの家庭に養女として引き取られた監督自らの体験をベースに、過酷な運命を受入れ悲しみを乗り越えていく一人の少女の心の軌跡を繊細に描き出す。  1975年、韓国。9歳のジニは、大好きな父に連れられ、ソウル郊外へとやって来る。浮... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/12 10:35
「サンキュー・スモーキング」(2006/米)
 タバコ業界のPRマンとして巧みな話術と情報操作でタバコを擁護し続ける主人公の活躍を描いた社会派風刺コメディ。 タバコ研究アカデミーのPRマンをするニック・ネイラー(アーロン・エッカート)は、厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため連日マスコミの矢面に立って戦い続ける業界の顔。中でも、パッケージにドクロマークを、と息巻くフィニスター上院議員(ウィリアム・H・メイシー)は目下最大の懸案事項。そんなある日、ニックは映画を使ってタバコのイメージアップを図る『スモーキング・ハリウッド作戦』の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/05/08 15:16
近々観たい映画と樋口了一さん
ウディアレン監督・脚本「ミッドナイト・イン・パリ」 これは絶対観る! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/05 09:17
「ブロードウエイと銃弾」(1994/米)
 allcinemaより 20年代のブロードウェイの芝居をめぐって、それに絡んだ様々な人間模様を描いた舞台劇。主人公のデビットは若い劇作家。新作の上演が決まったまではよかったが、彼には次々と思いがけない問題が降りかかる。ギャングの顔役に演技力ゼロのショーガールを押しつけられ、主演女優をめぐる三角関係の愛に悩み、脚本のリライト騒動がおき、やがて殺人事件にも巻き込まれていく……。ウディ・アレンの作品の中では、若い主人公を中心に据えた斬新なタッチの作品となっており、人間の愚かしさ、可笑しさ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/04 09:48
「小さな村の小さなダンサー」(2009/濠)
中国出身の名ダンサー、リー・ツンシンの激動の半生を綴った同名自伝(旧題『毛沢東のバレエダンサー』)を映画化した伝記ドラマです。 文化大革命のとき文化政策の一環として、小さな貧しい村の少年が選ばれて厳しい芸術学院でバレーダンサーの教育を受ける。やがてアメリカのバレエ団へ3か月の研究生として渡るが、、、、。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/03 18:44
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜(2011/米)
1960年代のミシシッピー州のジャクソン、オープニングでジョニー・キャッシュの「ジャクソン」が流れる。町の名前だったのね(笑)。 作家志望のスキーターは大学を卒業して、地元の新聞社に採用される。南部の上流階級に生まれ、黒人メイドの存在が当たり前の地域社会で育ってきた彼女は、メイドたちのにインタヴューして真実の声を本にしようと取材を始めるが、、、、、。 公民権運動が始まったころ、ミシシッピーは最も時代遅れな地域だったんですね。過去において、映画でも黒人差別は取り上げられてきました。古く... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/26 21:59
「死刑台のエレベーター」(1958/仏)
子どものころ、TVで見た記憶しかありませんでした。男の人がエレベーターに閉じ込められたこととあの有名な音楽くらいです、覚えていたのは。昨年、邦画で制作されて、思い出した次第です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/21 11:16
「ミート・ザ・ペアレンツ3」<未>(2010/米)
シリーズ3作目ですが、日本では未公開です。 あまり期待してなかったんですけど(確か1作目がそれほどおもしろいと思わなかったんで)大笑いはありませんでしたけど、それぞれのキャストが魅力的でとっても楽しめました。 デ・ニーロのファンなので、昔の作品を思い出したり、H・カイテルという昔からの共演者とのツーショットを楽しんだりして。義理の父との対決も面白かったし、ベン・ステイラーって好みじゃなかったんだけど、あら、意外とステキだわ、、、とか思ったりして、新たな発見もありました。 下ネタが多... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/04/20 18:08
「忍たま乱太郎」(2011/日)
やっと観ました! TVの大沢さんに没頭してましたので^^; 加藤清史郎君って、まだこんなに小さかったのかな、、、、大人びてないし可愛い、でも声がハスキーですよね。出演者が豪華でした。内容は、それなりでしたが、もっと楽しく作れなかったかな〜?気楽に観られて、感動する娯楽作品にはなってなかったかも。 松方弘樹さんが、よくわかりませんでした。古田新太さんの出演シーンが少ないな、、、こういう作品は出演者も楽しんで演じているのかな、、、、とか、いろいろと思いながら。 【2012・4・9/D... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/04/11 17:44
嘘 四月です
エイプリールフール、、、、、 商品とタイアップしていないからか、、、、 根付いていないけど、やはり4月1日というとはずせませんね(笑) 楽しい幸せなウソも思いつかないので、、、今日もつきません^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/04/01 09:14
「ヤコブへの手紙」(2009/芬蘭)
物語は、恩赦を受けた殺人犯の女性レイラとヤコブ牧師のそれぞれの心の葛藤を描いています。宗教色に満ち溢れているけど、キリスト教を信仰していない私にもちゃんと2人の気持ち、、、特にレイラの気持ちが伝わってきました。人の役に立っていると思うこと、それが生きていく力になります。使命感ともいえますが、それぞれの立場で違ってくるかもしれませんが、自分と重ね合わせて観ました。 ファインランドの自然とクラシカルな音楽、そしてレイラと姉との姉妹愛、、、、最初、レイラが曙関に見えてしまって、弱ったな、、、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/26 18:26
「ミケランジェロの暗号」(2010/墺)
このところ、「ヒットラーの贋札」とか「トスカーナの贋作」とか、、、タイトルだけみると似たような感じの作品がいくつかありました。どんな内容か混乱しながらこれを選んでました(笑)。 オーストリアで画商を営むユダヤ人カウフマン一家、息子のヴィクトルと使用人の息子ルディは兄弟のように育つ。やがてナチスドイツのユダヤ人排斥がはじまる。200年前にローマバチカンから盗まれたといわれる”ミケランジェロが描いた素描を持っていた画商だったけど、ナチスが政治につかうために、、、、、、、。 ナチスだけど残... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/14 17:52
「地上5センチの恋心」(2006/仏・白耳義)
なんてほんわかした作品でしょう。 全く前知識なしで、観ました。(大分前に録画してたのですが) ベルギーに住む、夫を10年前になくして、娘と息子と住むオデットはデパートの化粧品売り場で働いている。ある日朝からウキウキ、同僚からも”いよいよその日がきたね”とか言われて、、、、。大好きな人気作家バルタザールのサイン会へ出かける。自分の番にきたら名前も言えない位緊張しちゃって、、、、(笑)。 オデットの2人の子ども、男の子はゲイの美容師だけど優しい、娘は怒りぽくて、就職活動中。と一風変わっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/04 09:33
「トゥルー・グリット」(2010/米)
  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/02 18:13
「ゴーストライター」(2010/独・仏・英)
公開当時、体調が悪くて行けず、単館だったかな? 結構長いことかかっていたんですけど、。 楽しみにしてました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/01 23:19
「サンザシの樹の下で」(2009/中国)
allcinemaより引用  「初恋のきた道」のチャン・イーモウ監督が、再び若い男女の純愛を綴った感動ラブ・ストーリー。中国国内でベストセラーとなったエイミーの小説を基に、文化大革命に翻弄された淡く儚い初恋が辿る悲しい物語を瑞々しく描く。主演はオーディションで選ばれた新星、チョウ・ドンユイと中国期待の若手俳優、ショーン・ドウ。  文革の嵐が吹き荒れる1970年代初頭の中国では、下放政策のもと、都会の若者は農村へと強制的に送られ、農業実習を通じての再教育が行われていた。街の高校に通うジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/21 13:45
「亀は意外と速く泳ぐ」(2005/日)
コレは意外と面白かった(笑)。 大爆笑はないけど、スパイも出てくるけど、、、「時効警察」のような謎解きもないけど、「インスタント沼」ほど深くないけど(笑)、クスクスと楽しめました♪くだらないって言えばくだらないんだけど(笑)。三木監督作品。 ありゃ?というギャクもあったけど、面白かった。 上野樹里、蒼井憂、、、、おなじみの ふせえり、岩松了、松重さん。この3人好きです(笑)。 ”生きるっていうのは、思い出せないことを増やすことかもしれないね〜” ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/17 14:02
「ペーパーバード 幸せは翼にのって」(2010/西班牙)
【解説】allcinemaより  フランコ独裁政権下のスペインを舞台に、内戦で妻子を失った喜劇役者と孤独な少年が出会い、少しずつ心を通わせていく姿を描いた切なくも心温まる感動ドラマ。主演は「セクシリア」のイマノル・アリアス。共演に「抱擁のかけら」のルイス・オマール、「永遠のこどもたち」のロジェール・プリンセプ。監督は、俳優や演出、作曲活動などマルチに活躍を続け、これが映画監督デビューとなるエミリオ・アラゴン。  スペイン内戦下のマドリード。喜劇役者のホルヘは最愛の妻と息子を爆撃で失い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/10 10:58
「水曜日のエミリア」(2009/米)
 「ブラック・スワン」でみごとアカデミー主演女優賞に輝いたナタリー・ポートマンがその前年の2009年に自ら製作総指揮を務め主演したヒューマン・ドラマ。生まれたばかりの我が子を失い、悲しみから立ち直れないヒロインの揺れる心模様を等身大に描き出す。アイアレット・ウォルドマンの小説を「偶然の恋人」のドン・ルース監督が映画化。共演はTV「フレンズ」のリサ・クドロー。  ニューヨークで新人弁護士として働くエミリアは事務所の上司ジャックと恋に落ちる。妻子のいるジャックだったが、やがてエミリアは彼の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/07 10:12
「笑う警官」(2009/日)
もう大分前に観ようかな、、と思っていたような記憶が、久しぶりの店舗でレンタルしました。半額だったので。。。 いや〜なんだか中途半端な違和感が続き、、、最後はなんだか腹立たしくなって、、、。 なんともうしましょうか〜昔の野球解説の方のセリフ(笑)どなたも知らないと思います。 北海道警の裏金の実話から生まれた小説のようです。小説は面白いのかな、、。監督の責任ですね。大森南朋、松雪泰子さん、もったいないな〜。 【2012・2・4/DVD】 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/07 10:11
25周年記念ロンドン公演「オペラ座の怪人」 ロイヤル・アルバートホール
今回の主演2人 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/06 16:38
「キッズ・オールライト」(2010/米)
レスビアンカップルの2人それぞれが同じ精子提供で子どもを出産して、長女は18歳、弟は15歳になる。母親違いの姉弟ですね、夫のように仕事バリバリで一家を養っているニック(アネット・ベニング)となかなか仕事に就けない妻のようなジュールス(ジュリアン・ムーア)、まるで男女の夫婦のような生活。弟は精子提供者が気になり、18歳になった姉に頼んで、調べだして2人で会いに行く。。。 アメリカではこうしてわりと普通の家庭のような形で社会に溶け込んでいるのかな?私の周りにゲイカップルがいないので、なかな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/04 16:54
「ロボジー」(2011/日)
ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が贈る痛快ドタバタ・コメディ。ロボット開発を任された冴えない技術者3人組が、お披露目に間に合わずに中に老人を忍ばせごまかそうとしたばかりに思わぬ騒動へと発展していくさまをコミカルに描く。歌手で俳優のミッキー・カーティスが五十嵐信次郎名義で主演の老人役を快演。共演は吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉。  家電メーカー“木村電器”の冴えないロボット開発部員、小林、太田、長井の3人組は、ワンマン社長から二足歩行ロボットの開発を命じられ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/29 18:00
「木洩れ日の家で」(2007/波蘭)
ポーランドのワルシャワの森の古い大きな家に1人で住むおばあちゃん。冒頭、女医さんに”服を脱いで横になって”と繰り返し言われて、何よその言い方、どんな教育を受けてきたの、と腹をたてて街中へ、、、。 いいシーンでした(笑)。 91歳になり、息子家族とは別居している。可愛かった息子だったけど、一緒に暮らしたがらないのは嫁のせいだと思っていたのが、あるときそうじゃなかったとわかり、ショックを受けます。 孫も憎らしい女の子で、食欲と物欲しかなくて、、、、。理解者は一緒に住んでいるフィラデルフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/24 21:54
「アリカン・サイコ」(2003年/米)
1980年代のニューヨークの裕福なエリート証券マンは殺人鬼だった。 自分よりセンスのいい名詞を持っている人、いい服を着ている人を殺していく(笑)。主人公は中身がカラッポな薄っぺらな男、消費社会を風刺?(監督談)。ちょっと滑稽な印象しかなかったけど、それが狙いかな? クリスチャン・ベールのファンにはたまらないかも。彼を追いつめる、、ってほどではないけど、探偵にウイリアム・デフォー(こちらのほうがちょっと怖かった) 共演にサマンサ・マシス、R・ウイザースプーンがでてました。 殺人シーン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/01/16 13:20
「キッチン・ストーリー」(2003/諾・瑞)
1950年代のノルエーの田舎に住む独身男イザックのところへスエーデンの”家庭研究所”から調査員フォルケがやってくる。イザックは被験者に応募したのだけど、その理由は馬が貰えるから、、、でも貰ったのはスエーデンの民芸品?の赤い馬の人形だった。そんなわけで、反発していたイザックだったけど、やがて2人の間には、、、。 2人の初老と中年のおじさんの変わりゆく関係が、ほのぼのとしていて、ちょっとユーモラスで味わい深い。 キッチンにおける独身男の動線を調査するんだけど、こんな風景で観察しています(... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/15 00:55
「ニューイヤーズ・イブ」(2011/米)
今年の初映画です。 群像劇ってあまり好きでないので期待はしてませんでした。 それぞれの人生模様が、ユーモラスだけどちょっと涙で描かれていて、観てよかったと思いました。 母と年頃の娘、死を待つ初老の男性、ロック歌手と女性シェフの恋、中年の女性の人生仕切りなおし、、、、そのほかいくつかの小さなストリーが上手く飽きさせずに面白く語られてました。 気楽に観られて、小さな感動があって、結構笑えました(笑)。 あら親子だったんだ、、、とか、え〜?この2人が1年後の再会の女性?とかちょっとしたが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/09 13:10
気になっている作品
以前のように劇場へ足を運べる機会が減りそうなので 選んで観ていきたいと思います。 1月〜公開作品 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/05 17:32
今年心に残った作品
新旧織り交ぜてます。 観た順番に、ブログで遡ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/29 20:05
「アリス」(1990/米)
ウディアレンのファンタジー作品です。 シニカルなユーモアが面白く好きな監督ですが、 これは、元妻のミア・ファローのセレブな妻@アリスが主人公です。 夫はウイリアム・ハートで、16年の結婚生活もマンネリ気味、子どもの学校の送り迎えで知り合った男性と不倫したり、そこへ不思議なドクター・ヤンという謎の中国人から貰ったハーブで透明人間になったり、昔の死んだ恋人と再会したり、不思議な体験をします。 最後は、彼女が再スタートを決断するんですが、、、、、。 ファンタジーと現実とあいみあった作... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/18 15:38
「ジャック・フロスト」<未>(1998/米)
日本では未公開作品です。ビデオの題名は「パパは雪ダルマ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/12/12 14:02
「アジャストメント」(2011/米)
運命調整局に管理されていると知った、下院議員が、調整局の人たちと、自分の運命は決められているのか、それとも自分で切り開いていくものなのか、、、、の戦い。 SF、サスペンス、というよりラブストーリー? ちょっと中途半端な気がしました。 「ボーン、、、」シリーズのようなハラハラ感を期待していると裏切られます。悪い人は出てこないし、、、、後半30分、さてラストはどうなるのか、、、と思ったら、こういう結末? う〜む、、、、です^^; マット・デイモン、エミリー・ブラント、そして、ちょっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/30 17:25
「ソーシャル・ネットワーク」(2010・米)
2003年、ハーバード大学の寮で、恋人に振られた腹いせで、ブログに彼女のことを書いて、そして大学の女子のランク付けサイトを立ち上げて、ハーバード大学のコンピュータアクセスがパンクしてしまう、、、、そんなきっかけで始まった、いまや、私でも知っている「フェイスブック」の創始者マーク。 最初から、とってもテンポが良く、飽きさせずに最後まで、あっという間でした。寝る前に、観たのですが眠くなりませんでした(笑)。 公開当時私も、フェイスブックに登録しかけましたけど、顔写真だすのか、、、、と、躊... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/27 10:55
すべて彼女のために(2008/仏)
先だって公開された「スリーデイズ」ポール・ハギス監督、ラッセル・クロウ主演の作品はこちらのリメイクです。 こちらは、昨年公開されていたようです。ポール・ハギスも監督作品は少ないようですね。 こちらの監督は初長編だったようです。 3年前に無実の罪で突然逮捕され、懲役刑の審判が下ってしまった妻リザ。無実を訴え続けるけど証拠が揃いすぎ。2時間ドラマの弁護士だったら、無実を証明してくれるのですけど、、、、。法律の先生曰く、現実にはめったにないことだってTVドラマのような展開は。だからこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/11/19 18:54
「インスタント沼」(2009・日)
風邪もよくなりつつ、、、TVも観る気力が出てきたときにチャンネル回していたらちょうど始まりました。 「時効警察」がお好きだった方は笑えると思います。 あ〜笑った!コメディはバカバカしいのが一番です。 麻生久美子さん、ふせえり、岩松了、好きな松重さん、、三木聡作品お馴染みの面々、そのほか、風間壮夫、松坂慶子、加瀬亮、、、、そのほか大勢ご出演です。犬山イヌ子さんは出てなかったな〜。 「転々」とは違う面白さです。 金縛り、、、より笑ったかも。 しかし、観終わってネットで検索したら、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/19 15:33
「ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜」(2010/独)
2本目はこれ〜 予告編の途中で入れました(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/11/14 13:51
「ウインターズ・ボーン」(2010/米)
久しぶりに、9月以来、、、銀座へ行きました。 目的は、日比谷シャンテで映画を観ること! 足の痛みの中行くんだから、2本は観ようと思い、ちょうど連続で同じシャンテシネで観ることが出来ました(笑)。 1本目はこれ、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/14 13:50
カーズ(2006/米) アニメ
車には全く興味がなくて、車の物語、、、? ふ〜ん、という感じでしたけど。 なにやら、「カーズ2」が面白かったと、おっしゃるかたが多かったので(笑)、このたび「カーズ」をレンタルしました。 車の擬人化に、20分ほど馴染めませんでしたけど見終わったときには、すっかりキャラが馴染んでました(笑)。 マックィーン(S・マックイーンもレーサーでしたので、意識してるのでしょうね) ドク(声はポール・ニューマンでしたしね) ルイジ(タイヤやさん)の声をモンクさんが、、、(笑)。 レースの優勝... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/11/10 19:04
「ステキな金縛り」(2010・日)
予告を観て、面白そうだな、と思ってました。友人の誘いもあって、行ってきました。 久々の邦画です。今年4本目(笑)。 笑える場所がいっぱいあって面白かったです。 やはり主人公の弁護士と落ち武者を演じた深津さんと西田さん、というか深津さんの独壇場って感じでした。ま〜大勢のおなじみ三谷作品出演者でした。浅野和之さん、山本亘さん、死後の世界からの小日向さん、あげたらきりがないですが^^; でも、感動とはちょっと違ってかな。最後の深津さんの幼い頃に亡くなった父親@草gさんを落ち武者が連れて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/03 01:05
「ノーバディーズ・フール 」(1994/米) NOBODY'S FOOL
なんで借りたのか不明、、、なにしろ思ったときに予約入れて、なおかつ月に4枚しかこない設定なので(笑) でも観てよかったです。 もう17年前くらいの作品です。ポール・ニューマンがおじいちゃんになりたてくらいの時かしら?作品の中では60歳くらいになってますが、実際はもっとおじいちゃんに見えます。 若いときから大好きな俳優さん、年取ってもがっかりさせないルックスです。 雪多い街,(ニューヨーク州、ノース・バス)に住むサリーは離婚して、とある下宿やさんに住んでいる。そこの女主人がジェシカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/02 00:03
「スリングブレイド」(1996/米)
ビリー・ボブ・ソートンを初めて見たのは、、、「バーバー」@コーエン監督だったかな、、、。その後見た「バッドサンタ」や「チョコレート」で、多才で魅力ある俳優さんだなと、思っていました。 この作品が出世作だったようで、このたび鑑賞いたしました。 オーソドックスなストーリーだけど、この殺人犯と少年の関係に涙しました。 母親の不倫相手と母を”スリングブレイド”(草を刈る斧のようなもの)で殺してしまったカールは知的障害を持つため州立病院で治療を受け、25年ぶりに自由の身となって故郷に帰ってく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/01 13:51
「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」(2003/仏)
なんで予約入れていたのか、記憶がないのですが、このたびやってきました(笑)。 オマー・シャリフという超懐かしい俳優さんと少年の物語。 オマー・シャリフは「ドクトルジバゴ」「アラビアのロレンス」の2本しか観てませんが、強く印象に残ってます。 商店を経営してるトルコ系のイブラヒムおじいさん、そしてその前のアパートに住むユダヤ人の15?16歳?の少年モモとのハートウーミングな物語。 住んでいるところはパリの裏通り、部屋からは娼婦たちがみえる。モモは赤ちゃんのとき両親が離婚して父親と2人で暮... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/18 00:34
「すべての美しい馬」(2000/米)
ビリー祭り〜(笑)あのビリーじゃなくて、、、、 ビリー・ボブ・ソートン監督作品、原作はベストセラーだったらしい。もちろん未読です。 1940年代のデキサス、牧場主だった父が死、遺産を受け継いだ母は売却。残された息子ジョン@マット・デイモン)は友人レイシー@ヘンリー・トーマスは牧場の仕事を求めて、メキシコへ旅立つ。 馬と男の友情ののどかな話なのかと思いながら見てましたら、、、、とんでもない! メキシコついてからが、、、雇い主の美しい娘との命がけの恋、そのおかげて刑務所に送られたりし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/13 14:12
「庭にのぼったロケット雲」(2007/米)
テキサスの田舎町、かつて飛行士だった農夫が抱いた途方もない夢、、、、。 子どものころ、何にでもなれると教わった、、、 自分で作ったロケットで宇宙へ行きたい、、、 愚かかもしれないけど、今でも心からそれを信じている。 夢を失ったら何も残らない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/29 21:55
「愛する人」(2009/米・西班牙)
母と娘をテーマにしたものは、苦手なのであまり観ないのですが、出演者に誘われて鑑賞いたしました。 14歳で出産して、母親によって里子に出されて、その母の介護をしながら働く50代のカレン@アネット・ベニング、子どものことで、母親とは確執があり、カレンも人間関係がうまく持てず、職場でもピリピリしている。里子に出された娘エリザベス@ナオミ・ワッツは37歳になるけど10代から自立し、弁護士としてキャリアアップを目指している。人と群れたがらないし、他人とも深いつながりを持たないし、恋人もいない、セ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 09:55
「最高の人生」(2003・米) 劇場未公開
原題は「LEVITY」 軽率?英語堪能でないので、、、、 それにしてもこの邦題は、疑問です(苦笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/09/12 18:33
「きみがくれた未来」(2010米)
母@キム・ベイシンガーと2人の息子。兄チャーリーはヨットレースで奨学金をも貰って大学進学がきまる。弟サム11歳と毎日夕方ヨットハーバーの大砲がなる時間に野球をする約束をしている。父親は失踪中、サムは父に捨てられた思いがある。大学へ進学を目の前ににしてチャーリーの運転する車が事故に巻き込まれて、サムは死んでしまう。チャーリーは心停止から奇跡的に生還。そのときの救命士がレイ・リオッタ(懐かしい)。 でも、5年後チャーリーはサムの墓地の管理人として暮らしていた。毎日夕方サムとの野球の約束を守... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/11 10:12
「SP 革命篇」(2011)  野望編も、、、、
「SP 野望篇」(2010)を先日機内で鑑賞、引き続き革命編を観ようとしたら時間がなくて、最後だけ観ちゃいました(笑)。そしてこの度ディスカスへ予約しましたら即きました♪ 2本まとめて感想です^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/09/08 16:13
「カンフーパンダ」(2007/米) アニメ
皆さん(さつき緑さん、みんいなさ)絶賛されてたので、この度はシリーズ1をレンタルいたしました。劇場で見る場合も、最初を観ておいたほうがいいかと。 セットアップしないでスタートしたら日本語吹き替え(笑)。あとからちらりと字幕で聞きました。 ポーは愛着感じちゃいます〜ファットパンダさん(あれ、どこかで、、、、) カンフーおたくのデブパンダが龍の戦士となって、脱獄しちゃって復讐にと、、道を間違えた師匠の弟子@タイから平和な谷を守るため、ポーはがんばる(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/04 19:35
ツリー・オブ・ライフ(2011/米)
生死を深く、そして心に響くものを観たくて、期待して観にいきました。 いや〜引き込まれましたけど、、、、物足りなさが残りました。 監督が「天国の日々」のテレンス・マリックで、年齢も私より上ですけど近いしね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/03 23:09
「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」(2009/英・加)
ジョン・レノンが10代を過ごしたリバプールで、産みの母ジュリアと育ての叔母ミミとの間で揺れ動くナイーブな青春時代を描いてます。、 ジョンは2人の母に言います、”なんで俺の心がイカレるのか!”と、、、悩み続けるけど、奔放な雰囲気のジュリアの影響でロックンロールに目覚め、厳格だけど愛情深い叔母のミミの2人に愛されていたからこそ、ジョンは悩みながらも音楽の成功のへの道へ進めたんだな〜と、思います。15歳のポールやジョージたちも出てきます。青春ストーリーってところでしょうか!2人の母親役の女優... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/29 17:16
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 」3D (2011/米・英)
いよいよ最後となりました。 見とどけなくては、、、、(笑) 一応、全巻読んでおりますが、大分時が経ち、忘れているところもありました。「死の秘宝part1」はパスしました。ドビーが死んだところは前編でしたね。好きな妖精でした。ゴブリンは最後まで鬼でした(笑)。 スナイプ先生は小説の方がとても感動的に描かれていて、永遠の愛を貫いた人だったことが死んだ後に知らされます。なんというせつなさでしょうか。映画では、そのあたりが急ぎすぎでした。仕方ないですね。 でも最後まで、手に汗にぎり、ハリーと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/17 22:41
「リトル・ランボーズ」(2007/英)
公開当時、見逃してました。そういう作品は山ほどありますが、忘れてしまってます^^;観たい映画というブログ記事作ったんだけどそこに書くことも忘れること多々〜(笑)。 みいなさん、さつき緑さん、観ましたよ〜(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/14 21:09
「ウディ・アレンの 重罪と軽罪」(1989/米)
このころのアレン作品は意外と見逃しております。 セリフが面白いのはもちろんですけど、コメディというより ちょっとブラックな物語でした。 この作品のマーティン・ランドーが私より若いって ちょっと、ちょっと、ちょっと!!! って感じです(笑)。 楽しめましたよ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/09 11:23
「Ricky リッキー」(2009/仏・伊)
ジャンルはファンタジーとなってるけど、、、、? 赤ちゃんに羽が生えてくるというは実際考えにくいからファンタジーといえばそうかもしれないけど、なんだかリアルな物語でした。 リザという娘と暮らすシングルマザーのカティとスペインからの出稼ぎ労働者パコに赤ちゃんが生まれて、その赤ちゃんから翼が生えてくる。 家族が幸せになっていく様子はほのぼのしていていいけど、そして赤ちゃんが空を飛び回るのも気持ちがいいけど、感動は得られなかったな〜(笑)。 【2011・8・6/DVD】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/06 18:08
「アメイジング・グレイス」(2006/英)
名曲「アメイジング・グレイス」にまつわる史実にもとづく作品です。 それには、奴隷制度の廃止法案を提出し続けた国会議員であるウィリアム・ウィルバーフォースの懸命な生き方が描かれていて、感動的な作品にできあがっています。とても静かな感動です。 アメイジンググレイスという賛美歌はこれを作詞をした牧師が過去に奴隷船の船長をしていて、そのとき奴隷として連れこられ結果として殺してしまったという償えない罪、、、そんな思いから作られたた詩である。 この牧師はウイリアムの恩師でもあり、彼の進むべく道... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/04 19:40
「泥棒野郎」(1969/米)
ウディ・アレンの最初の監督作品かな? ズッコケギャグ満載のコメディ作品ですけど、ドキュメンタリー調のナレーションなど、その後の作品に通じるものがあります。進化してます〜ウディおじいちゃん(笑)。 犯罪を繰り返して、52犯で800年の刑、、、、、。 その間結婚もして、、、、。 間抜けな犯罪野郎って感じです(笑)。 6人揃って鎖につながったまま脱獄するところが一番可笑しかった。 石鹸で拳銃作って脱走して、雨で泡になっちゃったり、、、、 どこかで観た映画のパロディもあったりして。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/27 18:07
「トロッコ」(2010/日・台)
父親を亡くした兄弟2人、母親と遺骨を父の故郷である台湾へ納めに行く。 祖父、祖母、そして兄が暖かく迎えてくれる。 祖父は日本の統治時代に日本人になるべく教育を受けて、戦争にも日本兵として参加した。でも敗戦と同時に日本から見捨てられた過去を持つ。 その村には、トロッコがあって、今でも荷物の運搬に使われている。 そのトロッコの前で撮ったセピア色の写真を父の形見で持っている。 夫を亡くした悲しみ、父親を亡くした子どもたちの悲しみ、 静かな映画ですが、心に沁みます。 日本の出演者た... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/25 17:56
「君を想って海をいく」(2009/仏)
イランから4000K歩いてフランスの北の港町についたクルド人の17歳の青年。そこからイギリスへ渡ろうとするが、トラックでの密入国も失敗して、、、、考えたのはドーバー海峡を泳いで渡ること。 フランスでは、難民に対して排除していく政策が取られていて、その難民の生活を手助けする人達にも厳しい取締りが行われている。 青年は、家族で難民と認められてイギリスに渡った恋人に会うために、、、、、。 その姿がとてもせつなく、哀しすぎる。そして観ている私たちはフランスやイギリスに対しての怒りも覚える。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/18 11:17
「エリックを探して」(2009/英・仏・伊・西班牙・白耳義)
  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/17 21:57
「ジュリエットからの手紙」(2010/米)
ず〜〜〜っと観たかったんですけど、 上映回数も減り、そのうち夜遅い上映のみになりそうな様子でしたので、暑い中行ってまいりました。 ロマンチックな作品でした。 若いカップルと70代カップルの2つの恋を爽やか、ほのぼのと描かれています。 ストーリーは下記の通りですが ブドウ畑、ワインが美味しそうで、町並み、田園風景イタリアへ行きたくなりました。 先日のTVでは、150年前の手紙を読むとてもロマンチックでせつない物語がありましたけど、今作品は50年経って昔の恋人に会いに行きます。想... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/07/13 08:40
「メリンダとメリンダ」(2004/米)
好みがわかれるウディ・アレン作品。 人生は悲劇か喜劇か、、、、。 とあるNYの店で、劇作家たちが、1人のメリンダと言う女性を主人公にして、悲劇の物語を、喜劇の物語を、、それぞれ話していく。 メリンダは精神的にも参っていて人生を生き直そうとして悩める女性に変わりはないけど、人生の設定や取り巻く人々は違う。 最初はちょっとややこしいかもしれません。 喜劇の人生のほうが面白いシーンが多かったかな。 悲劇だと思っていても、笑えたりすることもあるし、人生いろいろですね。自分の気持ち一つ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/12 22:49
「お買いもの中毒な私」(2009/米)
お買い物は誰でもが大好きだと思いますが、、、、。 収入に見合った買い物をしてる分には、楽しみでいいですけど、カードで払えなくなるほどになると、問題です。 この主人公の女の子レベッカは重症で笑ってはいられない状況なんですけど、ロマンチックコメディですので、深刻さはあまりありません。出てくるファンションもちょっと若い子向けですけど楽しめます。 レベッカ役の女優さん、元気ハツラツだけど、可愛いさがいまいちね(笑)。相手役の男優さんもちょっと惜しい感。でも役どころによってはイケメンにも見え... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/10 13:41
「ラッキー・ユー」(2007/米)
ラスベガスでポーカープレイヤーとして生きている男ハック・チーバーと確執をもつ伝説的ポーカープリヤーの父@LC・チーバーをエリック・バナとロバート・デユバルが演じます。父と息子の関係、そしていい加減なこのハックを変えていくビリー@ドリュー・バリモアとの恋。 ポーカーは全く無知でしたので、面白さは半減だったかも。エリック・バナの眼差しが優しいので、あまりいい加減な悪い男には見えないのが良かったのか悪かったのか(笑)。 ポーカーの世界大会やゲームではポーカー知らない私でも、ドキドキ感を感じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/02 14:23
「ラヴェンダーの咲く庭で」(2004/英)
確か公開当時イギリスで記憶喪失のピアノマンが発見されて、この作品とだぶりました。そんなわけで観る気が半減してましたけど、このたび、大分遅れての鑑賞となりました。 イギリスの海辺の田園地方に住む初老の姉妹(マギー・スミスとジュディ・デンチ)は海岸に流れ着いたヴァイオリニストの青年を助け、世話をする。 姉は恋人だか夫がいたらしいが戦死してるのかな、、、?妹は恋の経験がなかった様子。この青年に恋をします。 妹アーシュラのッジョデイ・デンチがとても可愛いし、姉のマギー・スミスも恋をする妹に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/25 21:04
「プリンセストヨトミ」(2011・日)
3・11以来始めての劇場映画鑑賞です。 お付き合いで、、、「さや侍」か「プリンセストヨトミ」をということでしたが、時間の都合で、こちらを鑑賞しました。 だいたいのストーリーはTVで流れてましたので、知っていましたが、、、実際観たら、、、こういうのだったのか、、、と。何かおこるのだろう、、、、と最後まで期待感を持たせて、、、このラスト。 あちゃ〜〜〜って感じでした。 ゲンズブール(岡田)も何をしたかったのか、、、鳥居さん(綾瀬)も活躍の場がなかったし、、、、 父と子の絆の話?も伝... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/23 10:27
「ディア マイ ファーザー」<未>(2007/濠)
これがまたまた劇場未公開作品。 実話に基づくお話です。 1960年、ドイツからオーストラリアへ移住した家族3人、父ロミュラスと息子レイモンド、そして母クリスティーヌ。観終わって、母クリスティーヌには、最期まで腹立たしく共感できないままでした。 オーストラリアで父と息子は、毎日がんばってるけど、母は不倫相手と生活していて時々帰ってくる。”私は必要とされてない”こればかり、、、、(笑)。 帰ってきても料理はしないし、、、子どもへの愛情はあるし、夫に対しても愛情を持っているようだ。不倫... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/08 09:14
「終わりで始まりの4日間」 (2004/米) <未公開>
ナタリー・ポートマンが女優としての節目となったと言われている作品で、日本未公開です。ディスカスになぜか予約してあり、このたび来ました。 彼女の作品で印象に残ったのは「ブラザー」でした。先だって、「ブラックスワン」でオスカーを受賞しましたがね。おぞましそうな内容のようで躊躇しています。後味が悪いという批評があったし、、、、。でも素晴らしい彼女の演技でしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/06 18:53
「ミックマック」 ( 2009/仏)
公開当時、行きそびれてましてレンタルにて鑑賞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/28 17:55
「人生万歳!」(2009/米)
ロンドンが舞台の作品が続いて、久しぶりのニューヨークに戻った作品。 前回の「、、、恋するバルセロナ」はそれなりに楽しめましたけど、あまり皮肉がきいてなかったかも。 劇場で観たかったのですが、恵比寿ガーデンシネマだったと記憶してます。ちょっと億劫な場所でしたので逃してしまいました。ウディ・アレン作品はここでかかることが多かったので、閉館になってしまったのは残念でもあります。 ウディ作品は好きです。くすっと笑えて、長セリフだけどユーモアが好きです。彼が出演すると、顔観ただけで笑... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/26 18:49
「手紙」(2006/日)
泣きたい映画を観たくて、、、、、。 東野圭吾さんの推理小説は読んだこともなく、この映画の公開当時も全く興味がわかず、その後TVや映画で様々な作品が放送、上映されましたが、キャストが気に入らない人ばかりでしたので観る機会を逃してました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/19 10:43
トリスタンとイゾルデ(2006/米)
イングランドの若き騎士トリスタンと、敵対するアイルランド王の娘イゾルデの禁じられた愛の物語が切なくもドラマチックに綴られる。主演は「スパイダーマン」シリーズのジェームズ・フランコとイギリスの新星ソフィア・マイルズ。共演に「ダークシティ」のルーファス・シーウェル。監督は「ロビン・フッド」「モンテ・クリスト伯」のケヴィン・レイノルズ。  幼い頃に実の両親をアイルランド軍に殺され、命の恩人であるコーンウォールの領主マークに育てられ、勇敢な騎士へと成長したトリスタン。ある時彼は、戦闘で瀕死の重傷を負い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/05/12 18:13
「母なる証明」(2009/韓)
********************************************************* 「殺人の追憶」「グエムル -漢江の怪物-」のポン・ジュノ監督がとある寒村を舞台に、息子の無実を信じてたった一人で真犯人探しに奔走する母親の執念の姿をスリリングに描き出した衝撃のヒューマン・サスペンス・ミステリー。息子役には兵役後の復帰第1作となる「ブラザーフッド」のウォンビン。また、圧巻の母親を演じているのはTVドラマを中心に活躍し“韓国の母”とも称される国民的大女優... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/04/27 23:04
「トイストーリー3」(2010/米)
シリーズ3作目にて最終章。主人公アンディは大学生になり、おもちゃたちを屋根裏か捨てるか、託児所に寄付するか、、、、。ウッディだけがアンディと大学へ一緒に行くことになって、他のおもちゃ達は、屋根裏へ行くはずが手違いでごみ収集車、そして地獄のサニーサイド@託児所へ行ってしまう。 サニーサイドの悪役の熊のロツツオも悲しい過去の誤解があって、、、、 ハラハラ、ドキドキ、そして、ちょっとせつないけど、冒険の末新しい持ち主と一緒に遊ぶラストのアンディ、大人になってもきっと、このおもちゃ達のことは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/04/19 14:17
「P・S アイラブユー」(2007/米)
たまたまチャンネル回していたら、ちょうど始まろうとしていました。 最愛の夫を脳腫瘍で亡くしたホリー、元の生活にも戻れず、家に閉じこもり悲しみにくれていた。そんなとき、死んだ夫から手紙が届きます。そのなかには毎回指示があって、、、、、10通届くのですが。 病床で自分の死後の妻ホリーを想いながら書いた、愛の手紙。 ホリーをヒラリー・スワンク、夫ジェリーをジェラルド・バトラー。 ヒラリー・スワンクって芯の強い女性のイメージですね。でもこの役は彼女の演技力があってこそです。またJ・バトラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/04/01 16:12
「50歳の恋愛白書」(2009・米)
この邦題のおかげで、敬遠していた作品でした。 恋愛白書というより、50歳の女性の再生というか旅立ちのお話。 そんれには、自分の母親との関係と我が娘との関係もからんできます。 なかなか面白かったです。 常々思いますが、映画会社のかたの真意を疑います、この邦題のつけ方。 監督@原作のレベッカ・ミラーという女性は劇作家アーサー・ミラーの娘さんなんですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/03/28 16:44
「キックアス」
コミックのスーパーヒーローに憧れるギークは普通の高校生。 ネットで買ったコスプレのヒーロースーツを着て、活動を始める。 ボコボコにされながらもチンピラをやっつけるシーンが撮影されて YouTubeに流される。そのときに見物人に名乗った名前が「キックアス」です。 いちやく有名になるキックアスですけど、ほんとのヒロイン、ヒーローは ヒットガールとビッグダデイです。 このヒットガールが、素晴らしい戦闘能力をもち、かっこいい〜11歳の少女。 お父さん@N・ケイジに訓練されて、気持ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/28 16:41
「台北に舞う雪」(2009/中国・日・香港・台湾)
好きだった名作 「山の郵便配達」「故郷の香り」のフォ・ジェンチイ監督作品ですので、公開当時観たかったのですが、行きそびれました。そしてすっかり忘れていましたが、最近公開される「台北の、、、」がつくタイトルの映画の話題をみて思い出した次第です(笑)。 静かなラブストーリーです。 声が出なくなった新人女性歌手メイが、失踪してある台北の町へやってくる。そこに住むモウは幼い頃父親を亡くして、母親は失踪してしまい祖母に育てられる。祖母に育てられるとはいえ、その小さな町の人たちに育てられたといっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/03 10:35
「ウディ・アレンの 夢と犯罪」(2007)  「カサンドラズ 夢と犯罪」(DVDソフト版のタイトル)
ウディ・アレンのロンドン三部作の最終章です。 昨年、いつのまにか公開され、いつのまにか終わってました(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/01 17:24
「英国王のスピーチ」(2010/英・濠)
これも今年是非観たいと思っていた作品。 時間があって、体調も良かったので、公開初日観ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/27 16:56
「魔法使いの弟子」(2010/米)
好きなジャンル”ファンタジーアドベンチャー”で、ディズニー作品ですので、期待が大きかった。 が、、、それなりに楽しめました。 2000年のときをかけて弟子を探していた師匠の魔法使い、ケイジさん、ロンゲです(笑)。弟子となる少年はイケてない子で、物理が得意そうにみえないし、、ちょっとショボイ?(笑)。 魔法と科学の部分や弟子と彼女の恋、楽しくファミリー向けに作られています。ハリポタと違ってダークな部分もないしね。 これは作品のせいじゃないんだけど TV変えてから、画面は綺麗なんで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/22 19:42
「月に囚われた男」(2009/英)
公開当時、観ることできなかったので、このたびレンタルで観ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/22 19:26
「ヒアアフター」(2010/米)
クリント・イーストウッド監督作品は、期待を裏切らない、というよりも 好きなんですね、私は(笑)。 本日公開でした。久々のシネコンで、それに土曜日ということもあって、70%くらいの入りでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/19 20:31
「マイ・ブラザー」(2009/米)
”死者だけに 戦争の終わりが訪れる。 僕は一度死んだ、僕は再び生きられるのだろうか、、、” ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/16 08:52
「瞳の奥の秘密」(2009/西班牙・亜爾然丁)
公開当時観たかったけど、時間がなくて見逃した作品です。 そういう作品、、、どんどん忘れてしまってます^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/15 18:44
「フィリップ、きみを愛してる!」(2009/仏)
フランス映画だけど、アメリカが舞台で全て英語です。 ジム・キャリー演じるスティーブンは妻と子どもがいる警察官。なんで警察官になったのか、おいおい語られます。あるときゲイとして生きようと思ったときから、(なぜかお金がかかるらしいんだけど)天才的詐欺師となってしまい、刑務所でユアン・マクレガー@フィリップと運命的な出会いをしちゃいます。刑務所の悲惨さは映像的には描かれてないのでOKでした(笑)。フィリップは青い目で金髪なので、狙われやすいので中庭には絶対出ない。でもスティーブンと別れるとき... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/09 14:57
「いのちの食べ方」(2005/ 独・墺太利 ) ドキュメンタリー作品
オーストリアのドキュメンタリー作家@N・ゲイハルター監督が制作して、話題になった食育ドキュメンタリー作品。 忘れたころに届きました。 いや〜耐えられない映像です。 音楽、ナレーションが全くなし、説明もなし、 ただ、ただ、映像とその生の音のみの90分。 ひよこの選別、、、、物の様に流れて出てくる、ひよこ。 広大な畑で完全防備のいでたちで、農薬散布する人たち。 にわとり、ぶた、牛、、、、無表情でさばく人たち。 受精風景、鶏の産卵工場、、、、、。 屠畜シーンはほとんど撮影が許... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/06 00:09
「やさしい嘘と贈り物」(2008/米)
この作品の感想を、どこかで読んだ記憶のなかに、、、実はこの2人は忘れてしまってる?という印象がありましたのですが、途中まで、そんなことにも気がつかづに観ていました。 同じこの手の病気を扱う作品としては、このような話の展開のほうが好きかも知れません。辛さや悲しさよりも2人の幸せ感を沢山感じられましたから。 マーティン・ランドーとエレン・バースティンの78歳、79歳の2人が素晴らしい。 いろいろと考えさられるいい作品でした。 ちょっと趣は違うけど、「二人日和」も夫婦の愛情を描いた素晴... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/29 17:47
「しあわせの隠れ場所」(2009/米)
事実に基づいた物語です。 爽快感の残る作品です。 ある地方都市のミッション系の高校にアメフトの選手の体格を見込まれて入学させられた黒人の男子生徒マイケル、ハーレムで育ち一歩間違えれば悲惨な人生を歩んでいただろうと思われる彼の生い立ち。そんな彼が、ある裕福なレストランチェーンの経営者の妻リー・アンと出会い引き取られることになる。 この出会いも偶然ではあるけど全て奇跡的であり、この豊かな家族デユーイ家も良き心根の一家で、気持ちの良い幸せな家庭であった。 ミッション系の私立高校には、1人と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/26 17:54
「ウルフマン」(2011/米)
清らかな心を持ち、祈りを欠かさぬものも    トリカブトの咲く 秋月の輝く夜              人狼にその姿を変える、、、、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/22 15:33
「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」(2010)
2001年制作の「キャツ&ドッグス」の続編です。前作が思いのほか面白かったので レンタルしてみました。 因縁の関係の、ワンコちゃんとニャンコちゃんが、前作は、邪悪な猫と犬の対決だったんですけど、今回は、化粧品会社の脱毛液の中に落ちてしまって丸裸になってしまって、クリスマスの日に飼い主から追い出されたキテイ(猫)が人間と犬の滅亡をはかる、地球大戦争!ってほどのスケールではないけど、犬と猫のハイテクな戦いをちょっと映画のパロディ風なところもあり、犬猫のかわいらしさも手伝って、とても楽しめる作... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/12 22:12
別れと想い出、、、、
世間では三連休、、、、 我が家のOLはお仕事が超〜忙しくて、毎日午前様です。 身体が心配、、、、。 私も、世間のカレンダーに関係のない日々です。 今日は、ご近所の方の通夜でした(涙) 79歳でしたけど、とってもおっとりとしていて人柄のいい方でした。 お亡くなりになる、2,3時間前でしょうか、、、、スパーで偶然お会いして 10分ほど立話をしてました。そのあと家路について急に倒れたらしいんです。とてもショックでした。最後の会話が私だったのかもしれません。考え方によっては、苦痛もなく、だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/09 22:21
「ジェイン・オースティン 秘められた恋」(2007/米)
ジェイン・オースティンの作品はTVと映画で放映された「高慢と偏見」しか知りません。生涯独身を通した彼女の初めてのせつない恋。相手は最近では「トルストイ最後の旅」に出演していたJジェームズ・マカヴォイです。 アン・ハサウエイもJ・マカヴォイもステキでした。 お金持ちと結婚させたいと思っている、ジェインの母親役がジュリー・ウォルターズ、ハリポタのロンのママで、マンマミーアにも出てました。貧しい牧師の父親(よく出てる俳優さん、名前はJ・クロムウエル) そして兄と姉がいます。実際はあと2,3... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/08 09:56
「デザート・フラワー」(2009/独・墺太利・仏) ☆☆☆
2011年の1本目は、実話に基づくサクセスストーリー@アフリカンドリームな作品を楽しく観ようと、、、これに決めました。しかし、、、想像していた内容と違っていて、アフリカの女性たちの悲惨で過酷な現実をまのあたりにしました。なかなか見ごたえのある作品でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/07 23:30
「フローズン・リバー」(2008・米) ☆☆☆
ささやかな感動がありました。 わりと好きです、心の葛藤とせつなさが伝わってくる作品です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/12/26 16:56
「ファントム・オブ・パラダイス」(1974/米)☆☆☆
ファントムはファントムでも、ロックミュージカルのファントム。 もちろんオペラ座は出てきません。 36年前のブライアン・デ・パルマ作品です。 古いですね〜。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/12/10 18:58
「きみがぼくをみつけた日」(2009/米) ☆☆☆
1ヶ月ほどほったらかし状態だったディスカスからの2枚のうちの1つ。 やっと観ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/12/02 22:45
S・マクイーンと林家三平、、、文化の日
1946年に日本国憲法が公布された日です。 因みに、明治天皇の誕生日だったそうで、「明治節」とも言われてましたね。 最近は言いません、そして私も言ったことありませんが(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/11/03 10:20
「ベティの小さな秘密」(2006/仏)☆☆☆
田舎の風景が、美しいはずなんだけど なぜか、何かがおこりそうな、変な不安感。 精神病院の敷地続きに、院長先生の家族の住まいがある。 2人の姉妹アニエスとベテイ、何かぎきしゃくしている両親。 妹のベティは10歳、不安定な年齢でもあり、大好きな姉のアニエスは寄宿舎へ入り週末にしか戻らない、両親が離婚しそうなくらい不仲なことにも心を痛めている。 お手伝いのローズも精神を病んでいる、安楽死されそうな犬ナッツ、顔に赤い痣のある転校生の男の子、この子が意外に意地悪、そんなとき精神病院から青... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/10/24 18:02
「桜田門外ノ変」(2010/日)☆☆☆
”世の中を変えなければ日本は滅びる” ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/10/21 20:01
「マイレージ、マイライフ」(2009/米)☆☆☆
ジョージ・クルーニーの別の顔が見えた、、、、くらいですか(笑)。 1年322日が出張でアメリカ全土を飛び回ってるライアンは 独身で家庭なしで、結婚も考えてない。 マイレージが凄い、マイレージ1000万マイルを目ざしてる。 過去達成したのは7人で、それは宇宙飛行士の数より少ないらしい。 そんな仕事人間が、価値観の同じ女性と知り合って恋におちたり、 ネット世代の新人女性の教育をしたり、妹家族の結婚騒動などを経て 考えが変わっていくんだけど、、、、、。 う〜ん、悪い作品ではない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/10/09 10:12
「シングルマン」(2009/米)☆☆☆
”愛するものを失った人生に、意味はあるのか” このコピーを目にしたのと、キャストにも興味があって 観にいきました。 主人公の大学教授のジョージは事故でパートナーであるジムを失う。 チャーリーはジョージの元恋人で、夫と離婚してジョージとは親友の関係。 ジョージの教え子ケニーも孤独を抱えていて、ジョージに近づいてくる。 ジョージは、最愛のジムを失って8ヶ月、自分も死を決意して、身辺整理を始めた、、、、。 ジョージのコリン・ファースの絶望感、悲しみ、、、冒頭のシーンで涙ぐんでしま... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/10/08 20:31
午前10時の映画祭「ニューシネマパラダイス」
最初に見たのは、20年前くらいになるだろうか? 久しぶりのスクリーンでの鑑賞です。 私のお気に入りの1本です。 全く色あせていませんでした。 昔に見たときよりも泣けました。ラストのアルフレードの形見であるフィルムを観てる、大人になった(中年)トト、このシーンの大分前から、涙ぐんでました。いや、これからやってくる、キスシーンを繋げた形見のフィルムを観るこのシーンで泣けてしまうのに、、、、と心配と期待感で、観た映画なんて、今まであったでしょうか(笑)。 いい涙を流しました。ノスタルジーとい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/10/07 19:24
「天使のくれた時間」(2000年/米)☆☆☆
ファンタジックラブストーリー 好きなジャンルです。どんな映画もだいたいは好きですが(笑)。 仕事の成功より、家族の愛、、、、いつも思うのですが、お金もほどほどあって、愛する家族もいる、それが一番いいと思いますけど(笑)、 個人的には、若いときから、一番大切なのはお金だとは思ったことありませんでした。 古いところでは、「素晴らしき哉、人生!」にも近い作品でしょうか。 この2人はこれから、どんな人生を送るのでしょうか♪ 気楽に観られて,心温まる、気持ちの良い作品でした。 雪のシー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/09/27 23:03
「この道は母へとつづ」く(2005/露)
1ヶ月ほど、ほったらかしにしていたディスカスからの1本です。 あと1本あります(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/09/26 20:19
「終着駅 トルストイ最後の旅」(2009/露・独)☆☆☆
久しぶりの 映画のハシゴでの2本目です。 「瞳の中の、、、、」にするつもりが、時間の関係で、こちらで(笑)。 レフ・トルストイはあまりにも有名な作家ですが、「復活」くらいしか読んでいません。 映画化されたものでは「アンナカレーニナ」「戦争と平和」があります。 ということでトルストイについて全く詳しくありめsんが、この映画で はじめて「トルストイ主義」と言う言葉を聞きました。 裕福な生活、環境にいたトルストイがある時期から、非暴力主義、農奴解放運動、ロシアの飢饉のときは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/19 15:30
「彼女が消えた浜辺」(2009/伊蘭 )☆☆☆
観るまでは、期待感は微妙でした。観た後も、やはり微妙な作品でした。 ミステリアスなサスペンス仕立てかと思ってましたけど、 違和感ばかり感じてしまって^^; イラン映画は、、、、初めてだったかも、、違うかな? 3泊で友人同士の3家族が別荘で過ごすんだけど、、、、 成り行きひとつひとつがひっかかってしまって、この家族なかで面倒見のいい女性、彼女がこのエリという跡で失踪してしまう若い女性をさそって連れてきているんだけど、この面倒見のいい彼女の行動も気に入らないし、、、 そして 結果... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/19 14:28
「再会の街で」(2007/米)☆☆☆
9・11で妻と幼い3人の娘を亡くしてしまったチャーリーは、悲しみの深い傷から立ち直れずにいる。歯科大学時代のルームメイトだったアランは歯科医院を開業して妻と娘と暮らして成功している。あるとき街で再会する2人、、、、。 最初は、チャーリーに対して、いつまでもうじうじと悲しんでいるの、、、という思いで観ていたけど、後半から彼の悲しみがいかに深かったか、、、、思い知らされます。ここでは9・11のテロでのことですが、誰にでも経験することだと思います。 セラピーを受け初めて、初めて語る妻と娘の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/09/04 14:24
「ゴールデンスランバー」(2009/日)☆☆☆
各所で絶賛されていたので、期待しすぎたのかもしれません。 細かい部分で、面白く感じる部分がありましたが 全体的には、面白さが伝わってきませんでした。 過去の伊坂作品の映画化、、、、すべてに言えることかもしれません。 脚本力ですね、きっと。 原作読んでる方は面白かったのではないでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/09/04 13:50
「タイムライン」(2003/米)☆☆☆
SFアドベンチャー大作、タイムマスリップしてしまった考古学の教授を救うために教え子たちとが14世紀のフランスへ行く。 最近この手のアドベンチャー作品は観るのが億劫でしたが、思ったより面白く観られました。 タイムスリップものは好きですし、かつて「バックトゥザフィウチャー」なんていう面白い作品もありました。 タイムスリップ先が、教授たちが遺跡発掘していたお城で、ちょうど100年戦争の真っ只中というのが怖い! 教え子たちも、すぐ殺されちゃう人もいるし、ジェラルド・バトラーは現地で恋に落ちて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/07 11:31
「クレイジー・ハート」(2009/米) ☆☆☆
アルコール依存症でどん底生活を送るくたびれたオヤジ、かつてはカントリーシンガーでスターだったけど今は、ボーリング場や小さなお店で演奏している。4歳の男の子を持つシングルマザーの新聞記者と出会って再生していく。 好きなジャンルです。おまけにカントリーミュージックですし。 ここではカントリーロック風です。トラディッショナルなブルーグラスではないですが、C&Wは好きです。 くたびれたオヤジ@バッドをジェフ・ブリッジス、歌も上手いのでびっくり。よれよれでだらしない身体で好演です。 恋に落... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/23 21:58
「カールじいさんの空飛ぶ家」(2009/米) アニメ
公開当初、ノムさんが宣伝してたような、、、、あの夫婦を連想しちゃって 観る気がおきませんでした(笑)。 ある方の感想を読んで、早速ディスカスでレンタルしました。 因みに、「、、、空飛ぶ家」と「空飛ぶタイヤ」2本がきました(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/07/22 09:42
「借りぐらしのアリエッティ」(2010・日)アニメ
メアリー・ノートンの「床下の小人たち」のアニメ化です。 舞台は日本の古いお屋敷の床の下で何年も住んでいるアリエッティ一家。人間に見られたら引っ越さなくてはならない。 お父さんとお母さんと3人暮らし。時々「借り」「狩り?」に行くといってお父さんは上の人間たちから、生活用品を拝借しに行く。借りるって、いつか返すのかな、、、(笑)。 その借りがスリリングで面白い、角砂糖一つ、ティッシュ1枚ゲットするのも命がけです。ガムテープを足や手につけてカーテンや壁を登ったり、、、。ジブリ作品ですから、お... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/07/21 10:14
「大統領の理髪師」(2004・韓) ☆☆☆
昨夜、チャンネル廻していたら、ちょうど始まるところでした、タイトルにひかれて観ました。 痛烈な近年の韓国の政治の裏側を鋭く、、、、 ではなく面白く、ちょっとコメディタッチで描かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/07/18 10:33
「ダイヤルMを廻せ!」(1954/米) ☆☆☆
昔、中学生くらいのとき観たときは、夫のレイ・ミランドが不気味に感じたけど、何十年ぶりかにきちっと観ました。今回はレイ・ミランドに同情しながら観てしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/07/13 20:10
「クリーン」(2004/米・仏・加) ☆☆
いや〜久しぶりに入り込めないというか 面白くなかった、作品です。 感動ドラマって書いてあったんだけど、、、、。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/08 14:09
「情婦」(1957/米)☆☆☆☆
原作はアガサ・クリスティの短編小説を戯曲化した「検察側の証人」です。 クラシックな作品ですが、とっても面白かったです。 さすが、クリスティです! アガサ・クリスティ作品は、「名探偵ポアロ」シリーズしか読んだことがなくて、「ミス・マープル」も好きですが、こちらはTVドラマで観たのみで、読んでいません。 主演が、タイロン・パワーとマレーネ・デートリッヒという超有名スターです。 お2人の映画は未見です。 タイロン・パワーはこれが遺作だそうです。45歳という若さで亡くなられています。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/06/30 21:01
「ココ・シャネル」(2008/米・伊・仏)
公開当時こちらともう1本公開されていたけど このシャリー・マクレーンのは未見でした。 断然こちらのほうが面白かったです。 15年ぶりに復活したシャネルがコレクションを発表するが 酷評され失敗に終わるオープニング。 回想シーンと交差しながら、生い立ちと、一生に一度の恋、そして復活。 130分強の作品でしたけど、少しも長さを感じさせず飽きずに観られました。 支援してくれた2人の男性との愛と別れも、オドレイ・トトゥのココより納得いく描かれ方だったし、若い時代を演じた2人はトトゥの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/30 20:18
「ヘアースプレー」(2007・米)☆☆☆☆
ミュージカルはちょっと好んで観るジャンルでないため スルーしてましたけど、とても楽しくて、気持ちい作品でした。 ディスカスでなくて、近くのツタヤで半額レンタルで3本借りてきたうちの1本。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/06/29 21:06
「インフォーマント!」(2009・米)☆☆☆
1992年ごろ、アメリカで実際に起きた国際カルテル事件。 内部告発をしたアメリカの会社の重役ウイティカーをマット・デイモンが好演してます。 社会派ドラマと思ったけど、軽い音楽、ぶつぶつ独り言つぶやいている主人公、、、、、コメディ風というより、コメディで作られてます(笑)。FBIもウイテカーもちょっと間抜けっぽいし、FBIへの協力者である主人公が告発が成功した後、自分の賄賂が発覚したりして、、、、、政府の協力者が犯罪者として裁かれたりして、中盤から、とても面白かった。 日本企業の「味... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/06/17 19:28
「西の魔女が死んだ」(2008・日) ☆☆☆
数年目にこの原作本を読むようにと薦められていましたが 本も借りたのですが、読まずじまいでしたので 映画は観てみないと、と思っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/06/07 21:26
「ミルク」(2008・米)☆☆☆
1970年代、自由の空気があるように思われるサンフランシスコでも、同性愛者たちに対しての差別は大きかった。 そんな時代に自らゲイであることを公表し、社会的地位の向上のために市政議員になって闘った実在の人物ハーヴィ・ミルクの八年間を描いています。もしも暗殺されたときの為にと、テープに吹き込む回想形式で語られます。 ゲイ公民権条例に反対する人達、その1人であるアニタ・ブライアントは、同性愛を認めると家族の価値観の崩壊である、、、と訴える。 もう1人は彼らは病気だと、ゲイの教員を排除しよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/04 22:12
「ディア・ドクター」(2009・日) ☆☆☆
西川監督の「ゆれる」は好きな作品でしたが、ついつい後回しになっていました。 鶴瓶さん主演が遅らせていた原因です。 期待が大きすぎた感がありました。 全く、他の方のレビューなども読んでいませんでしたが、先へ先へと展開が読めてしまいました。もう少し謎解きの部分があってもよかったかな。でも、全編、特に中盤あたりからは、引き込まれました。 僻地の村にしては、人口が多く、診療所も賑わっており、お年寄りばかりだけど、田園風景は美しい。 ネックだった鶴瓶さん、、、、う〜〜〜ん、思っていたよりは悪... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/06/02 00:05
「オーケストラ!」(2009・仏) ☆☆☆☆
今から30年前、ソ連共産主義時代、ブレジネフ政権のときにユダヤ人排斥運動があり、そのときに抵抗したボリショイ交響楽団の指揮者、団員は、職を追われた。現在は、救急車の運転手、ポルノ映画の効果音係り、蚤の市、、、、等で、落ちぶれた生活を送っていた。天才指揮者と言われていたアンドレイはボリショイ楽団の劇場の掃除夫として、いつしか再起を、と思っていたが。。。 パリ公演へ偽の楽団として、行っちゃうのですが、偽ビザ発行や、リハもせずにぶっつけ本番、だったり、アレ?っと思うところもありましたが、又、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/05/29 20:21
「フィッシュストーリー」(2009・日) ☆☆☆
1975年 セックスピストルがデヴューする1年前に売れなかったパンクバンド、『逆鱗』! 1982年 気の弱い大学生が、、、、 2009年 シージャックを相手に乗客を救う 正義の味方! 2012年 あと5時間で彗星が地球に突撃する! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/05/21 10:01
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007・米) ☆☆☆
19世紀のロンドン、判事の横恋慕で無実の罪をきせられ、妻と娘を奪われた理髪師の復讐劇。 ミュージカルだとは、忘れてました^^;といっても歌と踊りを聞かせたり、見せたりするものではなかった。 もったいない、肉付きのいい立派な身体をしていた、、、、と 下の店ミセスラベットのミートパイ屋さんへ、、、、 ♪このせちがらい世の中、多少の無茶は必要だ〜♪ ♪客の数だけ味が豊富〜♪ 身分の上下、体の大小関係ない〜♪ どんどん、首をかっさばいて、どんどんミートパイに、、、、 復讐が達成さ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/05/17 17:08
「しあわせのかおり」(2008/日)☆☆☆
金沢で小さなお店「小上海飯店」を営んでいる王さん。そこにデパートへ出店のお願いにやってくるシングルマザーの貴子。お客の前で顔をみて料理を作りたいという王さんは、即断る。 やがてお店に足を運び続ける貴子は。名物の蟹シュウマイ、山定食、海定食を食べて、すっかり王さんの料理の虜になる。貴子のなくなった父も料理人で、王さんも亡くした妻と娘、生きていれば貴子くらい、、、、。そんなとき王さんは病に倒れて、鍋を持てない身体になる。 デパートを辞めて、王さんの弟子になる貴子だったけど、、、、、。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/08 13:15
「ハゲタカ」(2009・日) ☆☆☆
keiさんのブログで知りました。 TVで放映されていたときも、知らなくて、、、(TVドラマはあまり観ないのと、NHKだったので宣伝もされてなかったからかも) でも、NHK夜の連続ドラマ、「監査法人」だったかな、、、1度観たら結構面白くて観続けたこともありました。keiさんによるとTVドラマ版のほうが面白かったそうですが、、、、。 さて前置きが長くなりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/01 15:32
またレンタルしてしまった、、、
「キスミーケイト」の中で歌われるソーインラブが好きで そうだ、昔観たかもしれないけど、、、、と思い、 レンタルして観ました。 ところどころ、ダンスシーンや冒頭劇中のコールポーターのピアノで ソーインラブを唄うシーンも見覚えが、、、、 調べましたら、2007年に観ておりましたわ^^; http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/3633/eigarist.html 観たことがあると確信したのは 特典映像で、お爺ちゃん、おばあちゃんになった... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/04/29 19:39
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」(2010/日) ☆☆☆
前編に続く後編です。 内容は、だいたい想定内ですが、これでおしまいという内容にしては ちょっと盛り上がりに欠けていたような気がしました。 でも楽しく最後まで観ました。 音楽が素晴らしいことと、キャラがどれもこれも馴染んでいるので 安心して、予定通りの笑いもあり、そしてのだめも音楽のプロとして これからもやっていけそうなハッピイエンドデ、メデタシメデタシということでしょうか。 今回笑ったのは、岩松了さん宮崎美子さんののだめの両親のシーンでした。 上野さんのピアノの弾... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/04/22 11:03
「アリス・イン・ワンダーランド」(2010/米)
子どものころから親しんできた、「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」を元に、20歳になろうとしているアリスが、またワンダーランドへ。 不思議、、、も鏡の国、、、も読んでますが、鏡の国はあまり印象に残っていません。 まったくアリスを知らなくても楽しめると思います。 総じてみれば、面白く飽きさせることなく、楽しめました。 気ちがい帽子屋のJ・デップ、赤の女王のH・B・カーター共に強烈なキャラで面白いし、 女王のきめ台詞”首をちょんぎれ!”も連発、チャシャ猫は活躍しすぎの... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/04/21 08:26
「あの日、欲望の大地で」(2008/米)☆☆☆☆
近年稀に見る、最悪な邦題です。欲望を描いた作品ではありません。 行きずりの情事を繰り返す、レストランの女性マネージャー@シルヴィア(シャーリーズ・セロン)のもとに、メキシコ人に連れられ、生まれてまもなく、捨ててきた娘が現れる。 不倫の男女(キム・ベイシンガー)が炎上するトレーラーで死ぬ、その2人のそれぞれの娘と息子が恋に落ちる。 途中まで、現在と過去がわかりにくく、しかし巧みな演出のせいでしょうか、引き込まれます。いえ、内面を描いているからだと思います。心に受けた傷はきっと癒される... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/04/17 23:14
「アクロス・ザ・ユニバース」(2007/米) ☆☆☆
すべてがビートルズの楽曲でつづられるラブストーリー。 "Girl"から始まります。次から次へと、ビートルズの曲で語られる。 ストリーはあまりドラマチックではないけど、出演者たちの歌唱は申し分ありません。 訳詩がでますが、う〜む、どの詩も奥が深いな〜。ベトナム戦争、思想、恋愛、家族それぞれを唄っていたんだ、と改めて感激しました。 高校生の時、ビートルズの歌は歌詞まで覚えて、唄える曲も沢山あります。 改めて、いい曲ばかりだったな〜〜〜と感銘いたしました。 ただ、ドラマとしては、ど... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/04/10 19:48
「おばあちゃんの家」(2002年・韓) ☆☆☆
山の上にある昔のままの自然がのこる村に、耳が聞こえず、話もできないおばあちゃんが、かやぶき屋根のふる〜い家に1人で住んでいる。そんな田舎にソウルから孫がやってくる。 ま〜悪がきというか、小生意気な坊主です(笑)。 バカ、とか汚いとか、、、足でものを蹴飛ばしたり、、、。 腰がまがり杖ついて、野良仕事や家のことをしているおばあちゃんは、もくもくと表情も変えずにいる。 ケンタキーのチキンが食べたい、というこの悪がきに、1度も村をでたことのないおばあちゃんには解るはずもなく、この孫は持っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/06 18:37
「おと・な・り」(2009年/日) ☆☆☆
いつ予約したのか、すっかり記憶から消えてましたたが、ツタヤからやってきました。 岡田准一くんと麻生久美子さんが主演です。多分麻生さんが好きなのでそれが理由だったのかもしれません。 レトロなアパートのお隣同士に住む2人、生活音がよく聞こえます。 ドアを開ける音、コーヒー豆を挽く音、ピピっと電化製品のお知らせの音、もちろんTV、音楽、話し声まで、、、 そんな2人だけど、顔を合わせたことがなくて、音がしないと気になったりしたりしている。 そういう音を基調音っていうらしいんだけ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/04/02 11:06
「シャーロック・ホームズ」(2009年/米)☆☆☆☆
久しぶりに映画のはしごをしてきました。 「雨に唄えば」終了40分後に上映というタイムリーさ♪ 内容もちょうどいいバランスでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/03/27 17:56
「雨に唄えば」(1952年/米)☆☆☆☆ 嬉しくて
朝10時の映画劇場で観てきました。 ほぼ満席でした。お若い方も結構いましたよ。 公開当時はもちろん観てません(笑)。ビデオで鑑賞しただけでしたので、あの雨のシーンを大きなスクリーンで観られただけで幸せでした。 戦後最大のミユージカルスターと言われているジーン・ケリー、ロナルド・オコナー、デビー・レイノルズの歌とダンスの楽しいミュージカルです。(特にミュージカル好きと言うわけではありません) ハリウッドがトーキーへ移ろうとしている時代、ストーリーはシンプルですが、ダンスが楽... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/27 17:12
「アンナとロッテ」(2002/和蘭・ルクセンブルグ)☆☆☆
昔双子のロッテという児童向けのお話がありました。 こちらは、やはり、双子のアンナとロッテが幼少のときに両親を病気で亡くし、ドイツとオランダにと引き裂かれてしまう。 アンナは貧しい農家の夫婦へ働き手として、病弱だったロッテにはオランダの裕福な家庭が待っていた。アンナは学校へも行かせてもらえず、義父の暴力から修道院(?)へ保護され、メイドとして働く。ロッテは何度も手紙を書くが、育ての親の配慮から、アンナに届くことはなかった。求め合う双子の2人だったが、何度か再会はするけど、当時の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/03/25 08:59
「過去のない男」(2002/独・芬・仏)☆☆☆
フィンランドのヘルシンキの寂びれた町に1人の男が列車から降りる。暴漢に襲われ死んでしまったかと思ったが、何故か生き返る。 記憶喪失になってしまった男は病院から抜け出し、川原で倒れているところを子どもに見つけられ、コンテナハウスに住む、貧しいけど心優しい家族に助けられる。 物語は、淡々と、、、でもヘルシンキの人々の貧しい生活もシビアに描かれる。現代?と思われるような治安の悪さ、福祉の悪さ、警察官、、、、強欲な人もいれば、仕事がなくてもお金がなくても、心優しく暮らしている人もいたりして。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/03/23 22:50
「噂のモーガン夫妻」(2009・米)☆☆☆
近年、出演作品が少ないヒュー・グラントのラブコメ♪ 共演のサラ・ジェシカパーカーって昔「ボデイバンク」で共演していたようですが印象にありません。話題らしい「セックスアンドシティ」もあまり興味がなくて,予告観ていても、ん?若いんだか若くないのか、不明ですし、舞台女優さん? という感じしか持っていませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/03/18 09:05
「イカとクジラ」(2005・米) ☆☆☆
イカとクジラ、食べるのはクジラのほうが好きです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/03/13 19:00
アカデミー賞 決まる
華やかでいいですね〜本場アカデミー賞授賞式。 コダックシアター、数年前に行きましたが、ひっそりしてました。 当たり前です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 13

2010/03/08 16:29
「それでも恋するバルセロナ」(2008/米) ☆☆☆
WOWOW無料放送の日だったらしく、チャンネル変えていたら ちょうど始まったところでしたので、観てしまいました。 ウッディ・アレン作品は結構好きなんですが、これは、意外と面白くなかったです(笑)。 コメディの部分や、あれ?っという意外性がなくて。 でも、飽きずに鑑賞できました。 バルセロナでのひと夏の恋、、、、というとありきたりですが、、、。 親友2人の女性が、夏休みでバルセロナの友人宅にやってくる、 1人は自分探し中のクリスティーナ@スカーレット・ヨハンソン、彼女は、嫌な... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/03/07 14:26
「インビクタス/負けざる者たち」(2009/米) ☆☆☆☆
世界から非難されていた、南アフリカ共和国の悪制「アパルトヘイト」への反対運動の闘士として27年間もロベン島刑務所の独房に収監されていたネルソン・マンデラ氏。 1994年に大統領になり、人種融和で国をひとつにしていこう、、、と取り組む。南アでラグビーワールドカップが開催された、今までは、白人は南アのラグビーチームを応援、黒人は相手の国を応援していた。チームのキャプテン、フロンソワとの交流があり、南アの恥とまで言われていた、チームが決勝まで勝ち進んでいく。 マンデラさんのセリフ、ひとつひ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/03/04 11:53
「幼獣マメシバ」 (2009/日)☆☆☆ 
確か、渋谷のツタヤシアターとかいうところでしか上映しなかったと記憶しています。 わんこもの好きなのですが、この作品はマメシバの芝一郎が主演でなくて 35歳にもなって、ひきこもりでニートの芝二郎のお話です。 最後に、三郎もでてきたりします。 このニートの二郎さんの話し方、最後に、ん、をつけるんですけど それが最初は気になってしかたなかったんですけど それが慣れてくると、時々クスっと笑えたりして、、、、、。 面白いのか、面白くなり損ねたのか、、、微妙な作品でしたけど ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/03/03 07:14
「エブリバディ・フェイマス!」(2000/白・蘭・仏 )☆☆☆
2001年にアカデミー外国語映画賞にノミネートされた作品。 因みに受賞は「グリーン・ディステニー」でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/02/27 00:19
「ユー・キャン・カウント・オン・ミー 」 (2000/米)★★★
ツタヤディスカス希望のものがなかなか来ず、アカデミー関連のちょっと前の作品をチョイスしてみましたら、即きました。劇場未公開作品です。 幼い頃両親を交通事故で亡くした姉と弟、そして離婚して男の子を育ている姉のところに音信不通の弟が帰ってくる。姉は信仰心厚く、小さな町の小さな銀行で貸付係りをしていて、しっかりと生きている。弟は音信不通だったのは喧嘩が原因で刑務所にはいっていた、定職にもつかずに放浪している状態、神も信じていない。どの国にもいそうな弟と姉の関係でしょうか。さくらと寅さんみたいかな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/02/23 10:07
「ある日どこかで」☆☆☆
「午前十時の映画祭」にて観て参りました。 ロマンチックで、せつな過ぎる作品です。 公開当時は全く記憶にありませんでした。30年前の作品ですから、、、結構映画館には足を運んでいた時期です。ブログのお仲間のkeiさんがオススメされてまして、興味を持ちました。 ちょうど2月から始まった、TOHOシネマで開催中のイベントで劇場上映されました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/02/20 09:54
「玲玲(リンリン)の電影日記」(2004/中国) ☆☆☆
現在、水の宅配を仕事にしている映画好きな青年が自転車で思わぬ事件から文革の頃へ話が展開していく。この自転車の事件にかかわった若い女性との関連もだんだんわかってくる。文革の頃、庶民の娯楽は野外映写会だった。そういえば、夏休みに校庭で野外映写会なんてあったっけ。。。 映画女優になりたかった母と娘玲玲が生まれるに至った過程、、ノスタルジックな田舎の美しい風景のなかではぐくんだ玲玲とガキ大将の毛小兵との関係、母の再婚で出来た弟とのこと、思いがけない事故、節々で中国の映画が背景にあった。あまり期... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/18 13:50
「ウオンテット」(2008/米)☆☆☆
ありえないことの連続だけど、かなり面白かった。 平凡なサラリーマンが暗殺者に、彼が生まれたときに失踪した父も実は暗殺者だった。 1000年も続いてきた暗殺組織“フラタニティ” 6週間であんな変貌しちゃうなんて、ありえないと思うけど、なよっとしていた彼がかっこよくなっていく。ジェームス・マカヴォイ、、、、好みかも(笑)。 父親を殺した裏切り者を殺すことになるんだけど、実は、、、。 高層ビルから落下するし、銃弾が割れたり、弾がまがったり、、、殺す、殺す、、、息つく暇もなく、あっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/02/10 01:23
「初恋の想い出」(2005/中国)☆☆☆
チャン・イーモウと並んで好きなフォ・ジェンチイ監督作品であるので観ました。同監督の「山の郵便配達 」 「故郷の香り」共に素晴らしい作品でした。近々「台北に舞う雪」が公開されます。 主演のヴィッキー・チャオは「レッドクリフ」で、孫権だったか曹操だったかな?忘れましたが男勝りの妹を演じてました。この作品では、高校生から30代まで演じてますが、とっても初々しくて可愛い。 お話は、同じ官舎に住む幼馴染の2人チー・ランとホウ・ジアの親から交際を反対される。チー・ランの父親が、ホー・ジアの父の自... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/09 10:21
「ぼくの大切なともだち」(2006/仏)☆☆☆
あまり好まないフランス映画です。 家具や美術品を扱っているフランソワは、ある葬儀に参列する。 たった7名の参列者、、、自分のときはどうだろう、、、と考える。 今まで友達と思っていた仲間たちも口をそろえて、誰も参列しないよ、友達とは思っていない、仕事で付き合っているだけだろ、、、と、衝撃の言葉(笑)。離婚した、妻や娘からも同様の言葉を浴びる。 もう1人はタクシーの運転手のブリュノ、彼は、誰とでも友達になれる親しみさを持っているが、妻が親友と駆け落ちしてしまったという傷を持っている。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/01/30 11:51
「ゲット・スマート」(2008/米)☆☆☆
keiさんのところで知りまして、ディスカスに予約しましたら 即きましたよ(笑)。 マイナー作品ってことでしょうか? レトロ感があって、さりげなく笑わせる、ドカ〜ンという笑いでなく モンティパイソンまではいかないけど、そんな感じ(笑)。 高校時代、バスケ部にスマートみたいな感じの男子がいて ひそかに友人とスマート君って呼んでましたのを思い出しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/29 10:21
「ブレス」(2008/韓) ☆☆☆
キム・キドク作品ということで観てみました。 驚愕のストーリー?とちょっと期待してました。 彼の監督作品は 「春夏秋冬そして春」http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/3633/eiga200503.html しかみておりませんが、惹かれるものがありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/24 14:41
「アパルーサの決闘」(2008年/米)☆☆☆2つに近い3つ
確か昨年にマキサさんのブログで紹介されていまして、キャストを観て興味を持ちました。久々の西部劇です。 最後に観た西部劇というと「ジェシージェイムズの暗殺」http://kahogreen.at.webry.info/200801/article_8.htmlでしょうか。 今作品は、アパルーサの町を悪のブラック@ジェレミー・アイアンズ から守るバージル@エド・ハリスとエヴェレット@ヴィゴ・モーテンセンの男の友情と言ってもいいかな。冒頭から、もっと激しい西部劇の予感がありましたが、意外と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/23 16:51
「ジュリイ&ジュリア」(2009/米) ☆☆☆☆
久々に面白く楽しい作品を観ました〜♪ 1949年のパリに外交官の妻として赴任してきた、ジュリア・チャイルド。 2002年NYのクイーンズのピザ屋の2階に引っ越してきた新婚夫婦の妻ジュリイ・パウエル。 ジュリアは食べることが大好きで、フランス料理の名門料理学校に入学する。フランスでアメリカ人への差別(?)に会いながらも、フランス料理を初めて一般の家庭に紹介して、普及させた実在の伝説の料理家。その料理本はアメリカでは一番と言われていて、スミソニアン美術館にはジュリアのキッチンも再現され... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/22 20:42
「かいじゅうたちのいるところ」(2009/米)☆☆☆ 4つに近い3つ
子供が小さなとき親子して好きだった絵本のひとつです。 やはりかいじゅうたちの表情、動きの可愛らしさが命の作品です。 楽しかった、クスクスと笑いたくなる映像です。 ストーリーは絵本とほぼ同じですから特に複雑な内容ではありません。お母さんに恋人が出来たり、おねえちゃんにも相手にされなく、ちょっと拗ねている男の子が、怪獣たちの住む島へ〜♪怪獣の中にも、このマックスみたいなわがままで乱暴ばかりしているキャロルがいる。 主人公の男の子も、とっても可愛い〜♪どちらかというと、マニアックな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/19 20:03
「センターステージ」(2000/米) ☆☆☆
名門のアメリカバレエカンパニーの団員となってセンターステージに立つことを目指して練習に汗を流す男女の青春群像劇。どの俳優さんも魅力的で、バレエも本格的ですばらしい。と思ったら、バレリーナが映画デビューということのようでした。ステージママのような母との葛藤、恋愛模様もあり、若いダンサーたちが、みな瑞々しくて、観ていて気持ちが良かった。特に黒人の女の子エヴァの手足の綺麗なこと、教師のクーパーのプロのプリンシパルも女性をもてあそぶ感じがピッタリの顔立ち、主演のジョディも可愛い。ということで本格... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/17 16:38
「おいしいコーヒーの真実」(2006/米・英)
【1日8時間、悪い豆を選別しつづける女性たち、1日の賃金0.5ドル】 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/01/16 17:21
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」(2009/日)☆☆☆
体調が良くなったので、気軽に楽しめる映画を、、、と 友人と一緒に観てきました〜♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/01/15 19:07
「ダークナイト」(2008・米) ☆☆☆  THE DARK KNIGHT
思い返せば、10数年前に、千葉の映画館の閉館最後の日に「バットマンリターンズ」観たっけ。。。 フォーエバーを除いて、シリーズの全ては劇場で観てますので、このゴッサムシティの暗さは好きだったのかも。 キャストも映画としても今作品が一番見ごたえがあったと思います。 でも、超〜暗すぎ〜(笑)。 ジョーカーがすぐ言う脅し文句、父親が自分の口にカミソリを、、、 それを聞くたびに、ぞっとしちゃって、人間の悪の部分の象徴なんだろうけど、悪すぎて(笑)。 ヒース・レジャーは怪演といえ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/13 16:44
「湖のほとりで」(2007年/伊) ☆☆☆ 4つに近い3つ
公開中観にいけなかったので、早速レンタルしました。 山に囲まれた、のどかな風景のなかにある美しい静かな湖。 小学生の女の子が、登校途中、知り合いらしい男の車に乗せられる。 「ママが心配するから、、、、」と言いながら。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/01/11 23:08
観たいと思っている映画 2010年1月〜
忘れるといけないので、 メモっておきます〜(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/01/05 22:56
「フロストXニクソン」(2008/米)
1970年代に起きたアメリカの政治スキャンダル。リチャード・ニクソン大統領の辞任に結びついた。 事件は、ニクソン政権の野党だった民主党本部があるウォーターゲート・ビル(ワシントンD.C.)に、不審者が盗聴器を仕掛けようと侵入したことから始まった。当初ニクソン大統領とホワイトハウスのスタッフは「侵入事件と政権とは無関係」との立場をとったが、ワシントン・ポストなどの取材から次第に政権の野党盗聴への関与が明らかになり、世論の反発によってアメリカ史上初めて現役大統領が任期中に辞任に追い込まれる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/27 17:43
「The Harimaya Bridge はりまや橋」(2009/米・日・韓)☆☆☆
公開当時見逃してまして、レンタル予約しておいたら 即来ました〜♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/12/23 00:14
「パブリックエネミーズ」(2009/米)
1930年代、大恐慌のとき、活躍した実在の銀行強盗ジョン・デリンジャーの短い壮絶な生涯を描いたドラマ。 とても面白かった「アンタッチャブル」のアル・カポネが」活躍した時代でしょうか?強盗を繰り返して、刑務所も入ったり、脱獄したり、、、、の繰り返し。そんな人生の最後は追い詰められて銃弾に倒れる以外ないだろうな、、、と思いつつも、FBIのパーヴィス捜査官たちとの対決、また、クローク係りのネイテブアメリカンの血をひくビリーとの恋、絶対仲間を裏切らない、ギャングのシンジケートとは一線をひく、そんな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/12/18 18:21
「サンシャイン・クリーニング」(2008・米)☆☆☆
ローズは、8歳の男の子オスカーがいる。未婚の母で、高校時代はチアリーダーの花形だったけど、今は子供を育てながら、ハウスクリーニングの仕事をしている。高校時代に結婚するだろうと思われていたカールと不倫中。 妹ノラは、自立意識がなく仕事も長続きしないで、精神的にも不安定。ニート?お父さんは、なんだかわからないけど(笑)、怪しげな仕事をして失敗の連続のいわいるダメ親父。でも、孫に対してはとてもいいおじいちゃんだと思う。徐々にわかるんだけど、母親は2人の子供が小さいときに自殺していて、映画女優... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 13

2009/12/13 00:06
「人生に乾杯!」(2007・洪牙利) 
初めて、、、かも、ハンガリー映画。 2本立てのうち、こちらが目当てで観にいきました。しかし時間が合わず、中盤から観ることになりましたので、正式感想とは言えません^^; 82歳と70歳の年金生活の夫婦が、経済苦から、強盗を繰り返して逃亡している。捕まりそうで捕まらない。昔の車らしいんだけどチャイカと言う黒の車で逃亡しつづける2人、まるでボニーとクライドみたい(笑)。同義的にも法律的にも悪いことなんだけど、応援したくなる強盗犯(笑)。国民的にも支持されはじめる。逃げながら、妻の誕生日を祝... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

2009/12/13 00:03
「赤ちゃん泥棒」(1987/米)
お気に入りのコーエン兄弟@ジョエルコーエン監督作品です。 20年以上も前の作品なんですね。 ニコラス・ケイジが、スリムで若くて、まだ毛維持のときです。 このころのケイジの出演作品「月の輝く夜」も好きだったな〜♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/12/11 16:38
イバラード時間(2007/日) アニメ
イバラードって何だろう?と思いつつ、観ました。 画家の井上直久さんの映像画集とてもいいますか。 ファンタジーで懐かしい私好みの色彩の絵が続きます。子供の頃育った家、天空のラピュタのような空中の島、路面電車、、、、井上氏が創造した架空の世界をイバラードと言うようです。 特に感動したのは、水面の動き、、、はじめのほうにでてくる雨の中の道や湖水の揺らめき、海の波、、、とてもステキです。静かに流れる空の雲、ゆれる木々、絵画をこのように見せられるとまた一段とイメージが膨らみますね。 さつき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/12/10 10:21
「さよなら。いつかわかること」(2007)☆☆☆
中東戦争へ派兵されていた妻グレイスの訃報が届く。 夫スタンレーはホームセンターで働いているが、視力検査をごまかして入隊したけど、それがばれて除隊になっていた。そのこブートキャンプで知り合って結婚して、2人の女の子ハイデイ(12歳)とドーン(8歳)がいる。ママが戦地へいっているので寂しい思いをしている2人、パパとの関係もあまりうまくいってない。 グレイスの死を子供たちに伝えられないでいるスタンレーは、突然、フロリダの「魔法の庭」@遊園地へ子共をつれてでかける。出征前に行ったことがあるらしい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/12/05 09:05
「バーン・アフター・リーディング」(2008/米)☆☆☆
好きなコーエン兄弟の監督作品です。 CIA犯罪コメディ〜でなおかつ豪華キャストです。 でも、アカラサマなおばかは、ブラピくらいだったかな? わりとわかりやすく楽しいCIAもので安心しました(笑)。 タイトルの”読んだあとは燃やせ”って、 事件終了後、ほとんど関係者は死んじゃいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/03 16:22
「Disney'sクリスマス・キャロル」(2009)
字幕版が観たかったのですが やはり3Dを売りにしてるんだから、それを観ないとね♪ ディケンズ作のお馴染みのストーリーです。 守銭奴のスクルージが過去、現在、未来の霊たちによって 昔の傷つく前の心を取り戻す。 3Dのめがねで見せなければらない映像は、、、、、、? 1度だけ、雪が目の前に降っている、、、と感じただけでした。 TDLの3Dとはちょっと違いました。 これは3D映画作品の初体験ということでよかったのですが ゲイリー・オールドマンやコリン・ファースの声、そして彼らの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/12/03 09:41
「魔法遣いに大切なこと」(2008) ☆☆☆ オマケ
魔法使いの子供は16歳になると公認魔法士になるために研修を受けなければならない。北海道美瑛のソラ、茅ヶ崎の豪太、、、、4人が魔法士を目指してやってくる。 意外と違和感もなく観られました。 公認魔法士なって一番最初に使う魔法は違反の魔法だった、、。 魔法使いだけに発病する不治の病で亡くなったソラのお父さんとのシーンは身につまされましたが、多分私だけが感じることだと思います。イルカを魔法士たちが助けるシーンも、CG映像にも工夫があったら、もっといい作品になっていたのではと思います。 ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/29 19:42
「許されざる者」 (1992年・米) ☆☆☆
クリント・イーストウッドが初めてアカデミー賞で監督・作品賞を受賞した作品。西部劇を変えたとか言われていましたが、このたび、初鑑賞。 いや〜怖くて怖くて、、、早送りの連続でした。 何が苦手かというと、拷問のような暴力シーンが、いやです。 ドンパチ、血がドヴァ〜とかは全然OKですが、(今回はそういうシーンはすくなく)拷問系はトラウマになりそうでしたが、でも一応最後まで観ました。 ウイルは子供2人と、ワイオミングに住んでいるが、農場も荒れており、家畜も上手く育たず、絶望的な生活を送って... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/29 18:21
「リリィ、はちみつ色の秘密」 (2008/米) ☆☆☆
リリイは4歳のとき、母を殺した、、、、。 死別した母親を探す旅にでる、黒人のお手伝いロザリン@ジェニファー・ハドソンと。 養蜂一家の黒人3姉妹の家でしばらく暮らすが、、、、。 誰からも愛された記憶がないリリイと、愛情に溢れた3姉妹メイ、ジューン、オーガストと関わり、荒れている父とも別れ母親の愛情を確かめる、心の旅。 時代が、公民権運動が盛んな頃で、やっと黒人参政権を獲得できた時代。映画館もカラードと入り口が分かれていたり、黒人に対して不当な暴力がまかりとおっている。 ダコタ・フ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/11/22 12:32
「ラフマニノフ ある愛の調べ」 (2007/露) ☆☆☆ オマケ
好きなジャンルの音楽伝記映画でしたのに、見終わったあと感動があまり伝わってきません。私も、とうとう感性が鈍くなったのかな、、、と、落ち込む(笑)。 ロシア革命のとき、祖国になじめず、アメリカへ亡命したセルゲイ・ラフマニノフ。裕福な家庭に生まれたけど、破産、両親の離婚、愛情の面でも幸せとはいえない少年期、青年期を送ってきた。天才ピアニストでもあり作曲家でもあったけど、亡命先のアメリカでは、演奏家と作曲家との葛藤、恋人や妻、子供の関係でも、苦悩し続け、精神も病んでしまう。彼を支える妻のナタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/11/21 10:25
「ラースと、その彼女」(2007/米) ☆☆☆☆
観る前は、なんで、こんな作品借りたんだろう?最後までついていけるかしら?と心配していました。なんて、不思議な作品なんでしょう。ファンタジーのようでもあるけど、哲学的でもあり、おかしくて(可笑しいのと、変なのと)感動的で、そしてせつなくて、、、、ラスト30分あたりから、なぜか涙が止まらなくなってしまいます(笑)。 対人関係が苦手なラースだけど、皆からは好かれている。ネットでラブ・ドール?セックスドール?を購入(?)する、、、、その彼女@ビアンカを紹介されたときのお兄さん夫婦の顔が可笑しか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/11/14 16:02
「ハルフウエイ」 (2008/日) ☆☆☆おまけ、、、
はっきり言って、別にはっきり言うこともないけど(笑)。 大沢たかおさんが出てなかったら、観なかった作品です。 高校生の恋を秋の北海道の美し風景を背景にした淡いラブストーリー。 北乃きいちゃんと岡田将生君、2人とも今が旬でしょうか、大学進学を早稲田にしているシュウ@岡田君がヒロ@きいちゃんに行かないでほしいと言われたり、それぞれ先生に相談したり、、、そんな映画です(笑)。 きいちゃんが相談する書道の先生が大沢たかおさん、このシーン数分だけだったけど、なかなか良かったです。 ”一生いっ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/11/11 08:18
「イエスマン “YES”は人生のパスワード」 (2008/米) ☆☆☆
先日見た映画では”ノー・マス”ってチワワ達が叫んでいましたけど、今回は、開発セミナーみたいな会で、人間が”イエ〜ス!!!”って何回も叫んでました。 人との付き合いもわるい、銀行の融資係りだけど、そこでもいつも決済は”ノー” 何か頼まれても、うそを並べて断る、、、、といった状態のバツイチのカール@ジム・キャリー。あるとき、セミナーに参加してから、全て”イエス”と返事する人間に変身してから人生が上向きになっていく。イエス人生で、恋人もできて、会社でも融資の決済件数が何十倍にもなって、怒られるか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/11/07 09:53
「沈まぬ太陽」☆☆☆
山崎豊子原作(未読です)のベストセラー作品の映画化。 原作は、もっと繊細に人物像が描かれているのでしょう。 内容もほとんど予備知識無しで、日航の企業戦士のお話?くらいの知識でした。ノンフィクションではないとエンドクレジットの最後に出ます。御巣鷹山墜落で遺族への担当に当たっている恩地@渡辺謙は1960年代組合の委員長として活躍していたが、その後左遷生活8年間、ハイチ、テヘラン、ナイロビと環境の悪い地域ばかり回される。その原因も自分の人間としての信念を貫いたが為の人事だった。この時点で私だっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/11/05 11:01
「ビバリーヒルズ・チワワ」☆☆☆
なんで予約リストに入れてたのか、、、、(笑) 元来、ワンちゃんに洋服着せたりすることに抵抗があるのです。 でもこのビバリーヒルズに住む白いチワワ、名前もクロエ、ビトンのバックに入れられてお出かけ、イタリアブランドのお洋服にお帽子、靴まで履かされて、首にはダイアモンドのネックレスというか首輪(笑)。ネイルサロンにディナーとセレブな生活。ビバリーヒルズに住むワンコ仲間もセレブ犬。映画が始まってから、しばらくは、つまらないな、、、、と思っていたら、メキシコで悪者に拉致されて闘犬場に連れて行かれ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/11/02 22:47
「リバー・フェニックス」
1993年10月31日の早朝,ロサンゼルスのクラブの前で1人の若い俳優がたおれて、、、、あれから何回目かの命日がやってくる。当時23歳、これからというときに、、、、生きていたら今、どんな俳優になっていただろうか。と思うといまだに悔やまれます。40歳を前に、かげりのあるステキな俳優になっていたのではないかと思います。 こちらに出演作品がありますが、どれも好きです。 http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/3633/river.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/10/30 11:21
「ファウンテン 永遠につづく愛」 (2006年/米)
やっと観終えました。SFファンタジーという好きなジャンルでした。 なのに、物足りなさが残りました。 医師トミーと妻イジーの永遠の愛、、、過去、現在、未来とめまぐるしく描かれている。妻の脳腫瘍を治すために、新薬の研究に没頭するトミー。”死は病気のひとつ、、、、老化と死を防げる、目的は不死の達成、、、、”愛するものとの死別の悲しみは伝わってくるが、創世記のエデンの園に始まり、「生命の木」を求めて、未来へのストーリーもなんだかわかりにくい。せっかくの主演の2人、ヒュー・ジャックマンとレイチ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/10/28 17:33
「つきせぬ想い」新不了情 ☆☆☆  (1993/香港)
ジャズミュージシャンのキットは商業ベースに乗れずに、作曲も中途半端で、自信をなくしている。常に前向きなミンは海賊版のレコーディングで歌ったり、小さなフロアで歌ってお金をもらっている。でも心から歌が好きでいつも快活。そんな2人の悲しいラブストーリー。 ミンは”どんなに不運が続いても 命がありかぎり 何でも解決できるわ”という。子供のころガンで死に直面して、辛い治療を乗り越えた体験を持つミンは、まだ若いけど楽天的でキットを励ます。担当医も”楽天的!これが完治の要因ね”というくらい。自分の音... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/14 08:39
「ホルテンさんのはじめての冒険」☆☆☆ おまけ (2007年/諾威)
ノルウエー作品、はじめてかも。 40年間鉄道の運転士をまじめに勤め上げたホルテンさん、67歳で定年を迎えます。最後の勤務ではじめての遅刻、それがきっかけで、今まで会わなかった人たちと出会う。雪のなか走る電車、ノルウエーはスカンジナビア半島のスエーデンのお隣、スキーやジャンプが盛ん。この作品も”亡き母とすべての女性ジャンパーに捧ぐ”と最後にでます。 雪景色は綺麗です、しかし、色調が暗くて、静かにお話も進むので、1,2度居眠りしてしまいました。ホルテンさんも口数少なく、施設のお母さんは、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/10/09 14:25
「GSワンダーランド」☆☆☆ (2008年/日)
1968年グループサウンズが全盛時代、日劇にあこがれる男の子3人と日劇の前に佇む女の子1人。GSで遅れをとっている演歌のレコード会社で、デヴューすることになる。最初はダイアモンズという名前でレコードを出すが、23枚しか売れないで、タイツをはいた「タイツメン」で、第2弾を出すと超人気者になる。 タイツメン・・・ちょうどオックスみたいに、マシュルームカットでフリフリの服で、、、(笑)。 タイツメンの楽曲は、この映画の主題歌にもなっている「海岸線のホテル」見終わったあとも耳に残っちゃって(笑)... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 9

2009/10/05 17:32
「朝の並木道」☆☆ (1936年/日)
古き良き時代、、、戦前の作品です。監督は成瀬巳喜男でしたので観てみました。 もちろん私が生まれるず〜〜〜〜〜〜っと前の東京が舞台です!。 クラシックすぎちゃって、画像も観にくいし、、、、あきれました、自分に(笑)。60分、もちろんモノクロ、出演者で知っているのは、清川虹子、三島雅夫くらいです。 主演女優の千葉早智子さん、時代劇がお似合いそうなふっくら系なお顔立ちです。田舎から東京の友達を頼って、仕事を探しに上京するけど、友達は、カフェで女給として働いていて、そこでお客さんの男性を好きになっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/10/03 21:09
「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」☆☆☆ (2008/米)
ケネディ暗殺事件があった翌年のニューヨークにあるカトリック学校が舞台。原作・舞台はピューリツア賞、トニー賞を受賞し、舞台でも大ヒットした作品らしい。愛徳修道女会のカトリック学校のシスター・ジィムスがモデルになっている。 カトリック教会の腐敗ぶりなどは映画で取り上げられることが多いので、冒頭の神父のお説教が始まり、そのフリン神父がフィリップ・シーモア・ホフマン(初めて観たのは”フローレス”で、キモかったけどインパクトあった)であるし、この神父が問題あるのか、、、と直感してしまう。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/10/02 16:47
「映画は映画だ」☆☆☆ (2008年/韓)
久しぶりの韓国映画です。 春頃だったでしょうか、友人からとっても面白いと言われてましたのでレンタル開始とともに鑑賞しました。 知り合うこともないであろうと思われる映画スターのスタとギャングスターのガンペ。6年も構想を練った作品の撮影中、共演者を次から次へと怪我を負わせてしまうスタ、アクションのリアルさにこだわるちょっと変な監督のせいかもしれないが、俳優志望のやくざのガンペを連れて来る。現実の暴力に生きているガンペと私生活はかなり暴力的だけど非現実の中の暴力を演じているスタ。ガンペは留置場... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/29 23:13
「ココ・アヴァン・シャネル」☆☆☆
孤児院で育ったココ・シャネルが自分のお店を持ちショーで喝采を浴びるときまでのお話です。晩年までは描かれていません。 母を幼いときに亡くし、父にも捨てられ、孤児院で育った、ガブリエル(ココ)と姉エイドリアン。 ココの前に、二人の男性が登場します。一人は裕福な将校エティエンヌ、愛人のような関係で彼のシャトーで同棲します。と同時にありのままのココを愛し、資金援助を申し出るイギリス人実業家ボーイ。前半はこの二人とのすっきりしない関係が描かれています。この時代のフリルや飾りの沢山ついた帽子... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/09/24 19:09
「グラン・トリノ」☆☆☆☆ [2008年/米]
...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/09/21 08:38
「BALLAD 名もなき恋のうた」☆☆☆
「クレヨンしんちゃん、あっぱれっ戦国大名」アニメの実写版。 ロミオとジュリエットのテーマ曲が流れて、小さな湖のほとりで祈っている廉姫がいる。 現代の春日部に住む真一は時々そんな夢を見ている。 真一が現代からタイムスリップして戦国時代へ、両親もあと追って車でタイムスリップ。 キャッチフレーズが戦国版タイタニックってうたってるので、ラストはどんな悲劇的な結末なのか期待が大きすぎた。とはいえ、アニメでは昔観て結果はわかっていたのだけど、アニメとはいえちょっと感動した記憶があった。 ほほ同... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/19 22:28
「幸せの1ページ」☆☆☆ おまけ 〈2008年/米〉
どんな幸せへの1ページなのかな、、、ちょっと期待しすぎたかな? 原作はベストセラー児童文学『秘密の島のニム』だそうです。冒険小説作家アレクサンドラ@ジョディ・フォスターは潔癖症で引きこもり。筆もなかなか進まず、ネット上でネタ探しをしているときに海洋生物学者ジャック@ジェラルド・バトラーの記事に目を留める。娘ニム@アビゲイル・ブレスリンと二人で南の無人島に住んでいた。ニムとメールのやりとりをするうちに、ニムから助けを求めるメールがくる、、、、、、、、、が。ストーリーだけを聞くと興味が湧くし面... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/15 09:50
「大いなる休暇」☆☆☆ (2003/加)
ネタバレです! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/14 11:19
「アイム・ノット・ゼア」☆☆☆
特に ボブ・ディランが好きというわけではありません。「風にふかれて」「時代は変わる」「天国への扉」くらいかしらよく知っているのは。 ボブ・ディランを6人が演じてたんですね。ケイト・ブランシェットが演じて話題になったというくらいで、予備知識がほとんどなしでした。ディランの音楽も声もどちらかというと好きなほうですから、楽しみにしてました。ちょっとストーリー的にはヤヤコシイ(笑)。子供は仕方ないけど、クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、リチャード・ギア、、などが、ディラン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/09/08 21:08
「俺たちフィギュアスケーター」☆☆☆ 2007(米)
公開時に観に行こうと思ってましたが、上映劇場が少なく1人で観るのは、なんだか淋しいような気がして、、、、そうこうしているうちにあっというまに終わってました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/09/06 18:36
「プロポーズ」☆☆☆ 2000年(米)
ケーブル観ていたら、ちょうど始まったところで、ラブコメでレニー・ゼルウィガーですし面白そうだったので鑑賞しました。 クリス・オドネル扮するジミーとレニー・セルウィガー扮す○○は3年越しの恋人同士、そろそろ結婚しなくてはと、お互いに思い始めてるけど、ジミーは心底結婚に踏み切れないでいる。なのに、プロポーズを2度するが相手に、その気持ちが伝わってしまって断られてしまい、別れるか、どうしようかと、、、、、。そんなときにジミーのおじいちゃんが莫大な遺産(1億ドル)を残してなくなる。このおじいち... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/05 11:17
「ベッドタイム・ストーリー」☆☆☆
モーテルを経営している父親と二人の息子と娘。 楽しく ファンタジーな子供時代を送っていたが、経営が苦手である父親のモーテルはノッティンガム氏に買収され、いまやノッティンガム氏はホテル王となった。息子スキーターは、そのホテルで電化製品のメンテナンス担当で働いている。姉の二人の娘と息子を預ったとき、ベッドで眠る前にお話を読んであげるのだが、用意してある絵本は、つまらなそうなものばかり。そこでスキーターは自分がヒーローの物語を作って話してあげる、二人の子供たちも、結末を考えたりしてる。不思議... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/04 11:57
「シャッフル」☆☆☆ 
幸せなカップルが家を買うシーンから始まる。 やがて二人の子供も生まれ、、、、、ある日、夫ジムが交通事故で死んだという知らせがある。死んだ翌日だに連絡があったが、その前にジムからの留守電メッセージを聞いているので信じられないでいる。そして一晩眠り起きるとジムと子供二人の生活に戻っている。前半はそれの繰り返しで、妻リンダに感情移入して、こちらの頭と神経もおかしくなりそうでした。特に、精神科での治療のシーン(といっても注射を打たれるだけなんですが)もあって、これが続くのだったらイヤだなと思い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/09/04 11:14
「ビルマの竪琴」☆☆☆☆1956年
子供のころ観た記憶がありましたが、今回ちゃんと鑑賞。 1945年7月 ビルマ(現在はミャンマー)、日本軍は激戦を戦っていたが、終戦を迎える。隊長が音楽学校出身なため、歌をうたい、竪琴をかなで、斥候の水嶋上等兵は竪琴で、後退か前進かを知らせていた。終戦を知らずに三角山で戦っている日本軍の小隊に説得へ行く役目を仰せつかった水嶋上等兵は、説得に失敗して、英軍に攻撃されて、、、、、水嶋も行方不明になる。 水嶋の小隊はムドンの捕虜収容所に送られる。水嶋のことを思いながら隊長や同胞たちは日本へ帰国す... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/31 21:10
「やさしい嘘」☆☆☆
グルジアのトビリシにおばあちゃん@エカ、その娘@マリーナ、そして孫娘@アダ、の3人で暮らしているが、エカおばあちゃんとマリーナは何かと折り合い悪い。女同士だと、よくあるささいな衝突である。おばあちゃんエラはパリに住む息子オタールが大好きで、手紙や電話を楽しみにしている。そんなとき、息子オタールの事故死の知らせがある。マリーナは、悲しむおばあちゃんがみたくない、それとも悲しませたくない、、、と思い、孫娘アダと嘘をつくことにする。手紙はフランス語が得意なアダがオタールのフリをして書いた。でも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/08/29 20:26
「ヤング@ハート」☆☆☆☆
平均年齢80歳のロックコーラスグループのドキュメンタリーだけどドラマのようです。 ボブ・シルマンという方の指導のもと、もう10年以上活動しているおじいちゃん、おばあちゃんたちのこのロックグループがコンサートに向けて行うリハサールや練習の模様を、、、そしてコンサートの大成功までのドキュメンタリーです。 5年間で化学療法を6回受けている人、過去に医師の反対を押し切ってヨーロッパツアーに参加してきた人、心臓発作で一度引退した人、酸素吸入しながら歌ってる人、介護施設から練習に通う人、、、、、 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/28 13:34
「女の中にいる他人」☆☆☆
クラシック作品ですね。人間の心理が細かく表現されていて、予想以上にひきこまれました。 サスペンス作品というと近年はもっとハラハラとさせられるものが多いですが、小林桂樹と新珠三千代、三橋達也と若林映子の友人夫婦の小林桂樹が若林映子を不倫のあげく殺してしまう。隠していることに耐えられずに、妻に打ち明けるが、妻は絶対に言ってはいけないと言う。ノイローゼ状態になり、、、ついに友人である殺してしまった女性の夫の三橋達也にも打ち明けてしまう、、、、が、さて結末は? 小林桂樹は、若林映子との二人での性... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 13

2009/08/26 17:00
「忘れえぬ想い」☆☆☆☆ 忘不了
大人のちょっとほろ苦いラブストーリー。 香港で、ミニバスの運転手をしている婚約者を交通事故で、突然なくしてしまうシウワイ、婚約者の子供ロロと二人で生活を始める。壊れたミニバスを修理して運転手として働きはじめるが、組合に入れなかったり、ルールも知らない、、、という状態で、なかなか上手くいかない。ロロの産みの母親も、婚約者の親も、ロロを引き取れる状態ではない。事故のとき最後の言葉を聞いた、同僚のファイが、シウワイに最後何か言っていた?と聞かれ、「強く生きてほしい、、、」と嘘を言う、本当は、「電... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/08/23 09:28
「インクレディブル・ハルク」☆☆☆☆
公開時に試写会に当選しましたが、いけなくて人に譲ったので観られませんでした(わざわざ行くこともなかったのか〜笑)。大昔アメリカドラマTVのシリーズで毎週楽しみ観てました。なぜか好きでした。人体へのガンマ線抵抗の研究中事故で多量のガンマ線を浴びてしまい、怒りによって心拍数がある数値まで上がると、2・7メートル以上の緑の大男に変身してしまう、シャツがびりびり破れて、、、、なぜかパンツはそのまま(笑)。ブルース・バナー博士の刹那さが好きでした。数年前制作されたハルクはちょっとガッカリでしたが、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/08/20 17:45
「いつか読書する日」☆☆☆☆
これも、1,2年前からツタヤ店頭で検索しても無く、やっとディスカスで借りました。 熟年のラブストーリー、その主人公が岸部さん、、、、(笑)とちょっと気が乗らなかったのですが、いやいやOKでした。って変な書き出しですね^^; 末期がんの妻容子(仁科亜希子)を自宅介護しながら市役所に勤める高梨槐多(岸部一徳)は青春時代に大場美奈子(田中裕子)と、ある事件(二人の父と母は不倫のあげく交通事故死してしまう)があって別れざるをえなかった。美奈子は50歳で独身、朝は牛乳配達、昼はスーパーで働いて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/08/19 11:46
「きみの友達」☆☆☆☆
青春学園ドラマというと、イメージが違うかもしれないけど、 これこそ、青春ドラマではないでしょうか? おしつけがましくなく、中高生の日常をいきいきと描いています。 出演している役者さんたちも、無名だけど、それがかえって自然な印象を与えてくれます。正確も全く違う、病弱な女の子と足の悪い女の子の深い繋がりと別れを中心に、サッカーや部活でのエピソードなど、どれも興味深く見ることができます。 モコモコ雲がいいな〜♪「大勢でいるよりも大切に思う人と長くいたい」と主人公の少女のセリフが印象的でした... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/08/18 19:47
「長江哀歌」☆☆☆
評判を聞いて、前から観たかった作品でした。 しかし、前にツタヤで検索してもらってもなかった。 このたび、ディスカスお試し期間で予約してましたら わりと早くに届きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/16 19:30
「そんな彼なら捨てちゃえば」☆☆☆
若いOLのお付き合いで観ました。 ステキな恋を探し続けているジジ@ジニファー・グッドウィン、メアリー@ドリュー・バリモア、7年間同棲しているけど相手が結婚という形式を臨まないので気持ちが安定しないベス@ジェニファー・アニストン、結婚しているが、夫が不倫しているジャニーニ@ジェニファー・コネリー、不倫相手のアンナ@スカーレット・ヨハンソン 、5人の女性たちの恋の行方は?女性たちは、一生懸命でチャーミング、それぞれの相手の男たちは、いい加減で、優柔不断(笑)。特に不倫しているジャニーニの夫... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/06 23:07
「つみきのいえ」☆☆☆
12分の短編アニメです。 水没しつつける街、おじいさんが1人で住んでいます。 家の上にどんどん積み上げて新しい家をつくっています。 ある日、パイプを落としてしまいます。それは、愛用していたおもいでのパイプ。潜水服を着てしてパイプを拾いにいきます。 亡くなったおばあさんとの思い出の部屋、そしてどんどん潜ります。子供たちと過ごした部屋、おばあさんと結婚した部屋、そしておばあさんと恋に落ちた部屋へ、、、、、。人生を遡っていきます、思い出でね。 ナレーションなしの映像だけものを最初に観まし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/05 08:19
「告発のとき」☆☆☆
出演者に惹かれ、題名から、ちょっと重いテーマかな、、、というくらいの気持ちで借りてきました。イラク戦争の悲惨さ?戦争もの、、か、とちょっと観始めて後悔しました。過去、ベトナム戦争後の帰還兵たちの苦悩を描いた作品が沢山作られましたが、今度はイラク戦争での同じ苦悩です。平和で世界に無関心などこかの国と違ってアメリカは、実際に多くの兵を送っている。戦場に送られた若者たち、その家族の悲劇は今も続いている。 元軍警察軍曹だった、愛国心に満ち溢れている父親が息子が無断離隊し行方不明という連絡があり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/21 22:56
「モーターサイクル・ダイアリーズ」☆☆☆
今年公開された「チェ、、、」の2本を観る前に是非観ておかないとと思っていましたが、チエ、、、2本も観てないしこれもやっとレンタルしてきました。 チエ・ゲバラの医学生時代、エルネストは年上の友人アルベルトと、ポンコツバイクで南米横断の旅にでかける。無銭旅行に近い、貧乏旅行である。父も母も心配しながらも、見送った。特に父は反対していたがこの冒険旅行にたいしてうらやましくも思っていた。男子にはだれしもこのような冒険心は持っているのだろうか?私は一度も思ったことはない(笑)。1952年のブエノスア... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/18 17:41
「天使と悪魔」☆☆☆
ダヴィンチコードと同様、原作は読んでいません。 今回の方が、ダビンチコードよりも、解りやすくて、エンターテーメント性が あって、面白くみられました。 17C、ガリレオの時代から続く、科学と宗教の対立、というよりも ヴァチカンと科学の対立と言ったほうがいいでしょう。 宗教にもいろいろありますから。 カトリック教会の支配を顕示するために、当時4人の科学者に焼印をおして 見せしめ公開処刑をしたことへの復讐が秘密結社となったイルミナティに よって計画され、4人の枢機卿が誘拐される。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/06/18 17:56
「ブラック・ダリア」☆☆☆
公開当時、猟奇殺人、有名な死体、、、とか、かかれてたので 怖いもの観たさ、、、って感じもあり、いまいち勇気がなかったのですが、 昨夜、ムービーチャンネルでやってましたので、 ちゃんと集中して観ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/06/10 09:50
「路上のソリスト」☆☆☆
感動を求めて、そして出演者に惹かれて鑑賞しました。 LAタイム紙の記者で、コラムを書いているステーブンは自転車で転び顔面を怪我する。 そんなときに、バイオリンの音色に心惹かれる。ベートーベンの像が建つ公園で2本しかない弦のバイオリンを弾く路上生活者のナサニエルだった。彼は少年時代にその音楽の才能を見出され、ジュリアード音楽院で学んでいたが、統合失調症になり、多分治療も拒みロサンゼルスに流れてきたのかと思われる。当時はチェロを弾いていた。 スティーブは彼の経歴を調べはじめ、コラムを書... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/06 11:36
「GOEMON」☆☆☆
大沢たかおさんが出演してなかったら観なかった作品です。 映像は、CG多様、、、というか、人物意外はすべてCG?といってもいいくらいです。 ストーリーはファンタジーと言えるくらい歴史はめちゃめちゃです(笑)。 これが、紀里谷ワールドと言っていいでしょうか。 出演者は豪華です。我らが大沢たかおさん、カッコイイ〜♪ 霧隠才蔵という忍び役です。この方は歴史上では実在しなかった??? 江口洋介さん@五右衛門ですが、私の中では、若いときから可もなく不可もなくという俳優さんでしたが、役もよかっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/08 19:39
「スラムドッグ$ミリオネア」☆☆☆☆
何ヶ月も前から観たかった作品です。 昨日、近くのTOHOシネマズのあるショッピングセンターがリニューアルオープンし、たまたまレディスデーだったし、祝日でしたし、かなりの混雑を予想していましたが7割くらいの入りでした。 冒頭から、2時間、ずーっとひきこまれっぱなしでした。 警察につかまった、少年ジャマールの拷問からみの取調べとクイズの問題に答えるジャマール、インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”で、今までの最高の賞金額を手に入れることができるかどうか、、、のところまできていた。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/04/30 09:31
「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」☆☆☆
あまり期待しないで観ました。 結婚したばかりの夫婦のもとに、きた”ディスカウントわんちゃん(笑)。 しつけてもしつけても、マイペースなマーリーの生涯を 可愛くて、可笑しくて、ちょっぴり淋しい、10年間を描いてます。 犬を飼う事は、家族が一人増えること、悲しみも喜びも一緒です。 かじる、逃げる、走り回る、、、、しつけられない、、、大変だわ(笑)。 一番可笑しかったのは、車の窓から体出しちゃって、前足だけで 歩いてるシーン、笑った。 ベストセラーらしいけど、原作はもっと心に響くも... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/16 13:46
「レッドクリフ Part II」☆☆☆
試写会で観ました。 三国志はあまり詳しくはないのですが、面白く観ました。 Part1は人物の個性の紹介に大分割いていたが、いよいよ赤壁の戦い本番です。 10万本の矢、火責め、疫病、、、、曹操軍は惨敗するわけですが、戦闘シーンは圧巻でした。 中国大陸の歴史、、、、、何百万、何千万人のひとの血が流れたのか、、、と思うと感慨深い。 このところ寝不足が続いていた為、始まって1時間くらいは、居眠りしてしまいちょっと残念でした。 【2009・3・31/中野サンプラザ】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/05 16:11
「チェンジリング」☆☆☆☆☆ 
思いっきりネタバレですので、ご注意ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/04 11:09
「僕らのミライへ逆回転」☆☆☆
とある小さな町のVHSしかない、レンタルビデオ店。ビルの再開発で取り壊しの命令が市から出る。 そこに働く真面目な青年マイクは店長が他の市にあるビデオ店に視察旅行へ行っている間に店にあるレンタルビデオの画像が全部見えないくなってしまう。”トラブルメイカーのジェリーは店に入れるな”と、言い残して出かけた店長だったけど、そのジェリーが前の日に発電所に忍び込みそのときに強力な電磁波を浴びてしまいその磁気が原因だった(感電死したかと思ったような凄い浴び方だった) 困った2人は、リメイクをマイクが監... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/09 18:18
「マンマミーア」☆☆☆
観てから2週間過ぎました。 ちょうど知り合いが亡くなられたり、して、そんな時に観たので 感想も書く気も起こらずにいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/24 18:35
「アフタースクール」☆☆☆☆
同じ監督の「運命じゃない人」は傑作でした! ですから、今作品はとても楽しみにしてました。 冒頭から、あれ?ちょっとおかしいな、、、、山本圭はどうみてもお父さんだし 堺雅人と大泉先生は、夫?あゆみちゃんって誰? 疑問に思わせ続けて、、、、、後半になって、つじつまが合い、納得、というより やられた、という感じで、大満足の作品でした。 でも、前作と比較すると、衝撃は少なかったです(笑)。 レンタル期限が迫ってたので、もう1度観たかったのですが、残念でした。 大泉先生、堺雅人、佐... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/05 20:29
「チェ・ゲバラ 人々のために」
今公開中の「チェ、、、」を観る前に、お勉強のつもりで鑑賞です。 マルクス主義のゲリラで戦った革命家。くらいの知識でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/29 11:40
「奇跡のシンフォニー」☆☆☆
音楽つながりの映画を偶然にも2本続きました。 親の反対で別れた恋人との間に子供が生まれるが、 彼女には死産だった嘘をつき、父親が里子に出してしまう。 生まれた少年エヴァンは養育院で育ち、まだ顔も知らない両親が会いに来てくれることを信じている。 やがて院を抜け出した少年は、音楽の天才的な才能を見出されて、ジュリアード音楽院で 学び、11歳にしてシンフォニーを作曲して演奏会に臨むが、、、、、。 母親はクラシックのチェロリスト、父親もバンドのミュージシャン、そのDNAを持ったエヴァンは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/28 17:28
「魔法にかけられて」☆☆☆
なんでもありで、ひっちゃかめっちゃかで、のーてんきな映画だけど おもしろかったです。 ディズニーのキャラクターや物語がでてきます。 なぜか、絵本のおとぎの国と、NYのマンホールが繋がっている(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/27 00:29
「ONCE ダブリンの街角で」☆☆☆☆
予備知識なく観ました。アイルランドが舞台の映画って、、、、2,3本くらいしかみたことありませんでした。 暗くて灰色、そして貧困のイメージでしたが、現在は全く違うようです。 ストリートミユージシャンGUYとチェコからの移民で街角で花を売っているGIRLは 音楽に惹かれて知り合い、音楽でお互いの過去や気持ちを理解しあう。 (2人の名前は書かれてないのです、GUYとGIRLになってました) フォークのようでもありロックのようでもあり、GUYの演奏も音楽も歌声もとってもいい。 と思ったら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/26 11:18
「ハッピイフライト」☆☆☆☆
矢口監督作品の「ウオーターボーイズ」は未見、「スイングガール」は先日TVで垣間見ました。賞を総なめしたほどの評判でしたが、個人的には合いませんでした。 でも、この作品は、誰が主演というわけではなく、空港や整備、乗務員、管制官たちがそれぞれコメディタッチに描かれてます。でもリアルな緊張感もあったりしてとっても面白かったです。 私が子供のとき、父親が管制官だったので、話には時々聞いていましたが、現在のシステムとは随分変わってしまったんでしょうね。CAの綾瀬はるか、操縦士の田辺誠一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/20 09:19
「マルタのやさしい刺繍」☆☆☆☆
初めてのスイス映画。80歳の青春映画とでもいいましょうか。 何かを始めることは、年齢や環境は関係ないんだと改めて思わせてくれる とっても、楽しい作品です。 スイスの閉鎖的な保守的な村(今でもこんなところあるのかな?)で 80を過ぎたマルタは長年連れ添った夫に先立たれて9ヶ月、毎日お墓参りにいっては悲しんでいる生活。同じ年代の友達の一人は、夫の病院の送り迎えが大変だから施設に入ってくれと息子に言われ、、、、それぞれの家庭での悩みを持っている。 マルタおばあちゃんは、若いとき洋裁をやっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/13 11:36
レッドクリフ part1 ☆☆☆☆
三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を1部、2部で描く歴史スペクタクル巨編のパート1です。 私は「三国志」は未読ですが、曹操、劉備、孫権、諸葛亮、、、の名前は聞いたことあります。というくらいしかの知識がありません。原作での人物像はどんな描き方されているのわかりませんが、今回この作品では孫権の下の司令官の周瑜役(トニー・レオン)、劉備軍の軍師諸葛孔明(金城武)、それに劉備が民を思う良き指導者、たちは善、曹操は悪、ずる賢しこく、周瑜の妻・小喬を奪うことが目的に戦っているかのような描き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/06 10:00
「ICHI」☆☆☆☆
座頭市といえば、勝新太郎です。好き嫌いは置いといて〜、人気作品でした。 原作は同じ子母沢寛ですが、女座頭市を綾瀬はるかが演じました。 みどころは、悪人をバッタバッタと切りまくる気持ちよさと、はなれ瞽女のせつなさかな、、、と、観る前は思ってました。 勝新の座頭市はせつなさよりユーモアがあったな〜〜。私の父(現在86歳)は大ファンでした。 仕込み杖から刀を抜いて、居合い切り(?)のような殺陣、ふわっと身軽な動きの綾瀬はるかちゃん、なかなかでしたよ。 少年時代のトラウマで刀を抜けなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/03 11:36
「ラブファイト」☆☆☆
東京国際映画祭で鑑賞しました。 始まる前に、林、北乃、大沢、そして監督成島さんの挨拶がありました。 大沢たかお初プロデュース作品だそうです。 プロデュースとは、、、、制作者のこと? 内容はもちろん、金銭面も出資することとはちょっと違うのかな? ま、どちらしても、大沢さんは今回、とても張り切って、高校生のラブファイターたちと様々な企画を拳闘してイベントを盛り上げています。 2人の主演の高校生(林遣都君と北乃きいちゃん)が初々しく、さわやかで、林君のおどおどした気の弱... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/31 16:18
訃報が続きます。。。
ポール・ニューマン、大好きでした。 顔、特にあの青い眼が好きでした。 「暴力脱獄」「左ききの拳銃」のあの主人公たちのせつなさ、 ただそこに立っているだけで私の心に感じました。 私生活での社会への貢献度も、穏健だけど、政治的にも改革的な思想を持っていたのではと思っています。 私のスターがまた1人消えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/09 11:37
「君のためなら千回でも」☆☆☆☆
1970年代のアフガニスタンの2人の少年の絆を通して、戦争の悲惨さ、残酷さを描きつつも観終えた後に希望を感じる、美しい感動作です。 ソ連が侵攻し、タリバン政権になる前後、裕福な家庭の少年@アミールと召使の息子@ハッサンは深い友情で結ばれていた。原題(The kite runner)にもなっていて、アフガンの子供たちの楽しみであるイベント”凧あげ合戦”のシーン、その頃の冬の雪、美しい。タリバン政権になってからは、中止になり、木々は伐採され、殺伐とした風景が映し出される。凧あげ合戦で優勝した2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/14 11:11
「パンダフルライフ」☆☆☆
ドキュメンタリー作品。 800万年まえから、氷河期も乗り越えてきたパンダ達。四川省の成都にあるパンダ研究施設と和歌山の動物園の2匹のパンダの1年を追っています。 可愛い、愛らしい、に尽きます。四川省へ行きたくなりました。 1600頭になってしまったパンダさん、いまや子孫を残すことが一番の使命なんですね。 のんびりと眠っている姿、たけのこを食べてる姿、ころころ転がる8頭の子パンダ、 可愛くて、ずーっとみていても飽きません。 あんなに大きな体なのに、年に1回、それも1,2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/04 15:09
「サイドウエイ」☆☆☆☆
カリフォルニアのワインロードを行く2人の男性。一人は中学の英語教師をしながら作家志望で、ワイン通のマイルス、一人はTV俳優でプレイボーイのジャック。ジャックの結婚式の前に2人で、ワインとゴルフを楽しもうと一週間のドライブに出かける。カリフォルニアワインはかなり美味しいと聞きますし、飲んだこともありますがなにしろ下戸なんで、、、そんな私でも、テイスティングしたり葡萄の品種を選んだり、とてもデリシャスなシーンだと思います。ワイン好きにはたまりませんでしょう〜きっと。マイルスは、離婚した彼女を忘れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/10 18:30
「築地魚河岸三代目」☆☆☆
初日、観てきました。 一度試写で観て、今回は2度目です。終了後舞台挨拶もありました。 築地で働く人たちの群像劇とでもいいましょうか。 コミックが原作だそうです。原作ファンにしてみると、いろいろと問題もあろうかと思いますが気楽に年代を超えて楽しめる作品になってると思います。 ただ、今回の物語は、プロローグ的な内容でしたのでちょっと物足りなさも感じました。 2作目に期待いたします、監督!!! 主演のメンバーをはじめとして、伊原さん、大杉さん、柄本さん、が脇をかため、笑わせてくれた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/09 16:12
「幻影師 アイゼンハイム」☆☆☆☆
19世紀末のウイーンが舞台。父親を家具職人にもつ少年と貴族の少女が恋に落ちる。当然ながら、引き裂かれるように別れさせられ、少年は家を出て行く。幼い頃から奇術に興味があった少年は10数年後、奇術師?魔術師?手品師?として人気をはくし、皇太子のフィアンセとなった少女と出会う。 蝋燭の炎がともるステージで、摩訶不思議なマジックや死者の姿を現させたり、、、驚きのステージで熱狂的な人気を得るようになる。宗教的、思想的な観点から、皇太子や警察の監視も強まってくる。 2人の永遠ともいえる愛がハッピィエ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/08 14:30
「運命じゃない人」☆☆☆☆
2005年に公開、話題になった作品だったようですが 私の記憶から消えてました。 面白いからって、弟がDVDを貸してくれました。 タイムスパイラルムービーとうたってる様に、ひとつの出来事が時間軸を遡って あ、そうだったんんだ〜と、感心することの連続で、とっても面白かった! 日本一人のいい男で疑うことを知らない「宮田」、その親友の私立探偵の「神田」 お金大好きな女詐欺師「あゆみ」、婚約破棄で自暴自棄の落ち込み女「真紀」、 そして、組織の経営難で悩むやくざの組長「浅井」の5人が、絡み... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/10 09:13
「こわれゆく世界の中で」☆☆☆
2人の女性の間で揺れ動くジュード・ロウが、なんだか情けなく感じる 愛の物語、、、、でも、余韻が心に残る作品でした。 建築家ウィルと同棲中のリヴは、最近距離感を感じている。 リヴには精神不安定な娘ビーがいるが、特にぎくしゃくしているわけではない。 そんなとき、ウイルのオフィスが窃盗団グループに狙われ、機材から全て盗難にあってしまう。 見張りをしているうちに、窃盗団に使われている、ボスニア難民の男の子の母親に惹かれていくウイルでしたが、、、、。 それぞれの女性は子供のためなら... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/16 18:08
「主人公は僕だった」☆☆☆
ファンタジーコメディだけど、生死がテーマなので、結構見ごたえありました。 こんなことあるのかしら?なんて、思ってはいけません(笑)。 国税局につとめるハロルドは、数字に強く、毎日規則正しい生活を送っているがある朝、突然、物語が聞こえてくる。自分にしか聞こえないのだが、それがある女性小説家の声だと解る。彼女の小説は必ず悲劇のラストで主人公の死で終わる。 いつ訪れるかは解らないけど、必ず1度は迎える死、当然の結末だと思いますが、回避したいと思うのは人の常。後半、女流小説家と主人公との関わり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/12 10:18
「天国と地獄」☆☆☆☆☆
原作は、エド・マクベイン「キングの身代金」。 黒沢作品では、ベスト3に入るかもしれません。 子供のころ観たと思いますが、全く内容は把握してませんでした。 製靴会社の重役の息子と間違われて運転手の息子が誘拐されてしまう。 莫大な身代金の支払いにおける、三船敏郎演じる重役の葛藤、他の重役たちとの経営方針での対立、、、140分という長さにも関わらず、飽きさせず、人物像、セリフ、映像、全てにひきこまれました。パーフェクトじゃないでしょうか。 俳優はセリフの上手さではない、存在そのものが演技... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/03 18:04
「タロットカード殺人事件」☆☆☆
ロンドンを舞台にした犯罪ミステリー・コメディ。 ストーリーは他愛のないものでしたが、 ウッディおじちゃん、でてきただけで笑っちゃう私としては、 クスクスと2時間楽しみました〜♪ ヒュー・ジャックマンもいい男ぶりを発揮して、S・ヨハンソンもキュートで、 時間調整で観たのですが、思ったより良かったです。 前作の「マッチポイント」にひき続き、ロンドンのお話でしたが、ニューヨークには 戻らないのかな〜? 変なコメントで失礼、片目は打ちにくい^^; 【2008.3.26/... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/03 17:45
「明日への遺言」 ☆☆☆☆
長かった「東京裁判」でも、戦勝国が敗戦国を裁くという 理不尽な裁判で、A級戦犯が何人も絞首刑になった、裁判の 模様がドキュメンタリーで描かれてました。 今回は、無差別攻撃が国際法において戦犯にあたるという判断で、 日本への爆撃を行ったB29から、落下傘で降りた米国人を刀で処刑した、 岡田資中将以下部下達に対して戦勝国のアメリカによって裁かれる法廷劇。 久々に、最初から、最後まで、心に響きました。 自分の正義、信念を最後まで、訴え、貫き戦った、岡田中将の姿に 感動しました。こう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/03 10:07
「サン・ジャックへの道」☆☆☆
殴り合いもしかねない仲の悪い3人の兄姉弟が、母親の遺言に従い、遺産相続の条件である、キリスト教の聖地であるスペインのサンジャック(フランス読み)へフランスから1500Kの巡礼の旅に参加する。そのツアーは、3人のほかにもガイドを含めて9人のご一行である。 2ヶ月あまりかかって歩いて目的地まで、宿も共にするということは、想像しただけで辛そうだ。さまざまなエピソードがあるが、失読症のアラブ系の男の子がお母さんのために字を読めるようになりたいと、3兄弟の一人で高校教師をしているクララに道中字の読み... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/04 22:46
「リバティーン」☆☆☆ 
17世紀に実在した英国の放蕩詩人、ロチェスター伯爵に扮したジョニー・デップ。 彼にとってはやりがいのある役どころだったと思います。かなり魅せられました。 ご本人もそんなようなこと語ってましたね、確か。楽しんで演じていたと思います。 セックスと酒と、エログロな舞台、人生最後は梅毒になり鼻もくずれ妻に看取られ、、、、、。 そして、つぶやく「神が人に信仰を求めるのなら、何故素直に信じるように創らなかったのですか?」と、、、、。 放蕩、、、といっても付き合っていた女性は3人、彼女たちと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/03 23:44
「バッテリー」☆☆☆☆
かすかに、どこかで、聞いたことのある映画のタイトルでした。 何げなくレンタル店で手がのびました。 無名の少年たちが主人公を演じてる(一人だけCMで見覚えのある坊主の男の子がいましたが)少年野球の天才少年とキャッチャー、そして家族の物語。 現代だと思いますが、なぜか一昔前の素朴な町に感じられる、岡山の町に 引っ越してきた少年野球で天才ピッチャーと騒がれた少年、弟は病弱の為 母親の愛情は弟に向けられている、幼い頃からの孤独感と弟への祈りから 野球に打ち込んできた。 キャッチャー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/26 09:48
「エリザベス:ゴールデンエイジ」 ☆☆☆
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 14:35
「誘う女」☆☆☆
アフレックお目当てで観てみました。 インタヴュー形式の展開は面白かった。 こんな性質の悪い女もいるのか、、、、、実話に基づいているらしい。 フォアキン(とても好演)達の悪がき3人組みがせつない^^; ニコール・キッドマンとっても役にピッタリでした。 お目当てのアフレックまだ、開花してなかった、、、残念! 【DVD/2008・2・16】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 14:31
「フランシスコの2人の息子」 ☆☆☆☆
実話に基づく、ブラジルのミュージシャンのサクセスストーリーです。 貧乏な小作人だった父と優しくたくましい母、そして7人の子どもたち。 農地の地代も払えなくなり町へでるが、もっと貧しい生活。 でもお父さんは息子にハーモニカを与えて、ふけるようになると、 家の道具を売ってまでも、アコーディオンとギターを買い与える。 すべて独学で学ぶ子供たち、、、、。 貧しいけど暖かい家族、実際の生活はもっと悲惨だったかもしれないけど 子どもを思う父と母、親を思う子ども、、、そしてカントリー調の楽... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 14:10
「夜も昼も」☆☆☆
聞きなれた曲が流れ、とても気持ちよく観られる作品です。 もちろん「コール・ポーター」の伝記映画ですが、1,2年前になりますか、、、 「五線譜のラブレター」に比べると、あっさりしすぎの感もあります。 1946年作品ですから、まだ「キスミー・ケイト」などの話題もありませんし 「ソーインラブ」もでてきません。仕方ないかな? ゲイだったことにも触れてませんし、妻となるリンダもそれを承知で結婚したはずですよね。 両足が事故であんなに手術をしていたなんて、27回も。 クラシックな映画も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/09 19:09
「ジェシー・ジェームズの暗殺」☆☆☆☆
アメリカ西部開拓時代、、、1881年、強盗、殺人をくりかえしていた、ジェームス兄弟。その弟、ジェシー・ジェームズは、ヒーロであった。子供のころから、物語や切抜きなどを集め心酔していたロバート・フォードは、そばにいたい、一緒に行動したいとの思いを募らせ、やがて仲間にはいり、J・ジェームズ一味の最後の仕事になった列車強盗に加わることができた。 やがて、ロバートがジェームズを殺さなくてはならない状況になり、その後のロバートの暗殺者としての人生が、詳しく描かれている。 観終わって、ロバー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/31 11:27
「紳士協定」 ☆☆☆☆
60年以上も前に制作された作品。 ユダヤ人に対する差別、この人間の心、これは不変だ。 人種差別や宗教の違いによる差別をしてはいけない、と頭で理解していても、 実際に目の前で起こったとき黙認していれば、差別していることと同じことだ。 と主人公は言っている。 悪にたいしても同じこと、行動に移さなければ、何も変わっていかない。 ただ、この中で、自分がユダヤ教徒だと偽ることによって起こるべきして起きる 差別、、、、このやり方はちょっと嫌な感じを受けた。 一人とても美しい女優さんが出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 16:31
「フラガール」 ☆☆☆☆☆
今頃ですが、、、、観ようと思いつつ延び延びになってました。 常磐ハワイアンセンターができた頃のお話。 出演者もそれぞれ新鮮で、トヨエツ久しぶりによかったわ〜♪ 笑って、泣いて、ノスタルジックだけど感動しました♪ 【2008・1.12/DVDレンタル】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 16:29
「トンマッコルへようこそ」
戦争映画で韓国作品なので、また描き方がエグイのかなと 思ってましたが。ファンタジックな、それでいて反戦を訴えていて、 観てよかったと思いました。 1950年の朝鮮戦争、同じ民族でありながら、連合軍として戦わなければ ならなかった悲惨な朝鮮半島の歴史、主演の二人をはじめとする5人の兵士たち、悲しいけど、心あたたまる、けど怒りを訴えてくる作品でした。 〔2008.1.11/DVD〕 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 16:20
「ナショナルトレジャー」 ☆☆☆
今公開中の作品が話題になっていますが、この作品が第一作目だったそうです。 公開当時の記憶はありませんでした。 かなり楽しめました。「インディジョーンズ」にも匹敵するかもしれません。 が、やはり、「インディ、、、」のあのスリルと楽しさには及ばないと思いました。 それと、主人公の博士のケイジがいまいちいただけません。 顔は置いといて(笑)、立ち居振る舞い、走り方、どれも魅力に乏しく感じました。 でも、今公開中の作品も観たいと思います。 〔2008・1.9/DVDレンタル〕 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 16:16
「松ケ根乱射事件」☆☆☆
平穏なのどかな雪景色がきれいなとある田舎町。 初めから、これはまったりとした人間像を描く作品ではないと気づく。 田舎の閉塞感、人間の暗い部分、なんともいえない重苦しい日常、、、、。 元から断たなきゃダメ、、と主人公は思う。 そして予想外な乱射事件、でも全く解決はしてない! でも、そんなの関係ねえ〜〜〜? 結構引き込まれて観ました。 〔2008/1/8 DVDレンタル ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 16:13
「僕はラジオ」☆☆☆☆
1970年代のアメリカ南部での実際にあった、フットボールチームの心あたたまるお話です。 知的障害の男の子を、この監督は、なんでこんなにまでして面倒を見るのか? 半ば過ぎた頃わかります。 人間にとって何が一番大切なのか、人のために尽くすことの大切さ、 ラストのエド・ハリスが町の人たちに話をします。静かな感動があります。 善意な町の人たちばかりですが、イジメや差別も描かれています。 ラストクレジットに実際のモデルとなった”ラジオ”が今でもフットボールチームと一緒に走ってでてくるシーン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 16:08
「世界最速のインディアン」☆☆☆☆
インディアンがわけあってフルスピ−ドで走るお話かと思ってましたら、1920年代製のバイクの名前でした。主人公は、バート・マンローという実在の人物で、流線型バイクの世界記録を持っている人です。 ニュージーランドの小さな家で暮らすマンローは、この古いバイクに改良に改良を重ね、夢は、アメリカの塩平原でのバイクのレースで走ること。年齢は60代で経済的にもとても無理な環境であったが、彼の一念が周囲を動かし、いよいよ船でインディアンと共にアメリカへ旅立つ。カリフォルニアに到着してから、全く右も左もわか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/14 15:07
「ミッドナイトイーグル」☆☆☆
思っていたより、楽しめました。まず大沢ファンということもあるかもしれません。 俳優たちに問題はございません。ただ雑誌編集長役はちょっと軽すぎる感じがありました。首相役もちょっと貫禄なかったかなーーーー? 自衛隊の核が搭載されたステルスがアルプスに不時着し爆弾が仕掛けられていた。偶然、戦場カメラマンだった大沢@西崎が目撃するところから始まる。後輩の新聞記者、今は亡き妻の妹、そしてその妹が育ている西崎の息子、との涙を誘うシーンもあります。某国工作員とのアルプスでの自衛隊員との戦い。でも全体的にあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/12 09:40
「グッド・シェパード」☆☆☆☆
デ・ニーロ監督の2作目の今作品、評判はあまりよろしくなかったのですが、 そして3時間近くあるし、、、と思って躊躇していました。 前作の「ブロンクス物語」は青春ドラマ風でしたが、 骨太なドキュメンタリー風なとても良い作品に出来上がってました。 160分余りの時間を感じさせない、サスペンスタッチで、最初から最後まで 引き込まれ、面白かったです。 1960年頃に起こった「ビックス湾事件」という、CIAにとっての大失策に まさかと思う人物が原因していたり、イエール大学にあった秘密結... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/13 17:23
「ミス・ポター」 ☆☆☆
ピーターラビットの絵本やはがきには、様々な動物が出てきます。 それも、漫画チックでなく、繊細に描かれています。 ポターが子供のころからの、自然や生き物の接し方や妄想好きなところ 普通の子どもとは違ってましたね。 三十歳過ぎて、初めて結婚しようと思った人との辛い別れや、階級社会のイギリスで 家族との葛藤なども描かれていますが、あくまでもさらりとした感じで 美しいイギリスの自然、ピーターたちの世界、が楽しく幸せに描かれています。 エミリーワトソンって、がたい(漢字がでてこない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/15 11:39
「カポーティ」☆☆☆
「遠い声、遠い部屋」「テイファニーで朝食を」「冷血」で知られるトールマン・カポーティが、「冷血」を書き上げるまでの伝記のような作品。 1959年11月14日にカンサス州で起きた一家4人の惨殺事件に興味を持ち、早速現地へ取材へ行く。悲惨な遺体を見たとき、”ほっとする、現実を忘れられるから、、、”という意味のセリフがあった。犯人と接触していくうちに、愛情のようなものを感じる。カポーティも不幸な子ども時代を過ごし、作家となった現在も人格的にも繊細すぎるものを感じた。作家は、執筆意欲から、犯人を利... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/30 18:22
「不滅の熱球」☆☆☆
昭和12年から巨人軍で、輝かしい活躍をした沢村栄治の物語。 満州事変で、一回目の召集があり、戦場で手に負傷をし、挫折感を味わうが 芦屋の令嬢である恋人と結婚し、選手としても復活を遂げる。 妊娠がわかったときに、2回目の召集令状が来る。子どもの顔も見ずに フィリピンで戦死してしまう。 現在「沢村賞」があるほどに、投手として戦前に大活躍した選手で、子どものころ 沢村栄治物語というTVドラマをみた記憶があります。 そのときは、選手としてのドラマが中心だった気がしましたが、 やはり、戦争... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/12 17:00
「今宵、フィツジェラルド劇場で」 ☆☆☆☆
今年の春ごろの公開当初、観にいけなくて心残りでしたが、昨日まで飯田橋ギンレホールで上映してました。最終日の4時10分でしたが、8割の入り。 今日を最後に壊されるフィッツジェラルド劇場でのラジオ公開ライブショー「プレイリー・ホーム・コンパニオン」に出演するC&Wの歌手やマネージャーたちの群像劇。 今回が最終回であることを司会のギャリソン・キーラーも観客に知らせようとしない。始まる前の楽屋での喧騒、おしゃべりが飛び交うが、多分全部翻訳はされてないだろうと思う。だって、セリフが重なり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 16:42
Life〜 天国で君に逢えたら (おまけの)☆☆☆☆  
2005年に肝細胞癌でなくなられた、プロウインドサーファー飯島夏樹さんと家族の物語。実話に基づいています。 冒頭の、散骨のシーンから、なぜか涙、、、、(笑)。 そのあと前半の、ウインドサーフィン、結婚式、子どもたちとの幸せな生活。 ウインドサーフィンの競技のシーン、海もウインドも、、、とてもステキでした。 実在の人物のお話なので、夏樹さんを演じた大沢さんも、自然な演技で夏樹さんを忠実に演じていて、とても好感でした。 癌との戦い、1年間で何度も手術をし、入退院を繰り返し、、、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/30 19:16
「プレステージ」☆☆☆☆
観るまで、ゲームがらみの映画なのかな〜?って思ってました。 映画の中ではプレステージ「偉業」と約されてます。 マジックは、「確認」「展開」 「偉業」の3つから成り立っている。 19世紀はマジックの全盛期だったそうです。二人のマジシャン、アンジャーとボーデンの対立を中心に、殺人事件をからめて、タネ証しを追っていく。サスペンスタッチで、最後まで引き込まれます。最初の監督からのメッセージ『結末は絶対に話さなように、、、、』のお断りがありましたので、エンドロール終わっても、疑いました(笑)。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/28 10:40
「トゥー・ウィークス・ノーティス」 ☆☆☆
2007年 5月30日@DVD サンドラ・ブロックがスキでないので、はずしてましたが、 やっと観ました。 正義感に燃える女弁護士と御曹司という、ピッタリなキャスティングで ま、面白かったわ〜☆ ヒューのラブコメは最高〜♪サンドラ・ブロックは、「愛と呼ばれるもの」「スピード」 「クラッシュ」くらいしか観てませんが、その中では一番良かった。 しかし、もう少し、美人に撮れなかったのかな〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/24 18:02
「間宮兄弟」☆☆☆ 「ゆれる」☆☆☆☆
偶然ですが、兄弟がテーマの作品が続きました。 「間宮兄弟」絶対につまらないだろうと、思っていましたけど、 評判ほどではありませんでした。 クスクスっと笑えて、結構楽しめました。 こんなに仲のいい兄弟いるのかしら?のほほんムービーでした。 先日この舞台になっている、京成立石の商店街を歩いたので、観たくなり レンタルしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/16 18:36

トップへ | みんなの「映画」ブログ

午後の長いまどろみ 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる